初のVAPEリキッド自作ならグースジュース(ガチョウ汁)が簡単で美味しい

VAPE_電子タバコ

ベイプリキッド自作に興味はある。

だけど、自分で香料(フレーバー)を調合して、ちゃんと吸えるベイプリキッドを自作するのは、試行錯誤の膨大な時間と、湯水のように香料を買える資金が必要

そして大量に出るまずくて吸えないリキッドの廃棄処理にうんざり…

「俺は無駄なことせずネットに公開されているレシピを参考にするぜ!」

って言っても、様々なメーカーの香料を海外から購入するのが面倒だったり、ベイプリキッドのレシピに書かれている香料がいつも品切れで買えないのがいつものこと。

とか、VAPEリキッド自作のハードルはまあまあ高いです。

節約したい人必見!VAPE自作リキッド安く作るとコストはいくら?
いかに安いVAPEリキッドを自作するか、そしてまあまあ吸えるVAPEリキッドを自作するか、について、私の経験と感覚に基づいてご説明します。安いだけで、まずいVAPEリキッドは吸い続けることが出来ないので、まあまあ吸えるVAPEリキッドを自作する、というのがミソです。

そこで私が初の自作VAPEリキッド用フレーバーに選んだのは、最近話題のQuacks Juice FactoryのGOOSE JUICE(グースジュース)(別名ガチョウ汁)、味はとっても美味しいバニカス風味です。

Quacks Juice Factory GOOSE JUICE(グースジュース)

Quacks Juice Factoryのグースジュース(バニラカスタード)

これは市販リキッドのグースジュースに使ってる、いろいろ配合済みのリキッドの素で、これまでの食品添加剤の香料を流用して、試行錯誤しながら自分好みに組み合わせて作るのとは違う、簡単お手軽スタイルです。

なので便利!♪

このフレーバーとグリセリンを買うだけで市販の美味しいベイプリキッドの味が再現でき、しかもコストは約200ml作れて3500円ほど(ファンタジーグリセリン代含む)、という、とっても素晴らしい商品です。

200mlも入ってて美味しいバニカス風味のVAPEリキッドが3500円ならめっちゃお得でしょう!

このベイプリキッド自作用フレーバー、DIYフレーバーを最初に日本で購入できるようにしてくれたのは、今はなき、VAPE CHKのキャプテンでした。

それから私はこのグーズジュースだけを吸いまくっていたんですが、VAPE CHKがなくなり、同時にグースジュース(ガチョウ汁)も買えなくなり、途方に暮れたんです。

それから月日は流れ、なんとなくアマゾンで検索したら、グースジュースあるやん!

やった!またガチョウ汁が吸える!

VAPE CHKでも売り切れると全然入荷しないのが当たり前だったので、2本も買いましたよ。

ガチョウ汁はどんなバニカス味なのか?

私は国内外いろんなバニカス味のVAPEリキッドを吸いました。

自分でバニカス味の香料を買ってリキッドを自作もしました。

はっきり言って、どれもこれもバニラカスタード味の押し付け過ぎで、濃厚なスイーツ系を意識しすぎで、さらには後味が粉っぽいのがほとんどでした。

そんな中、グースジュースのバニラカスタード味には、奥深くにいろんなフレーバーが隠れていて、いくら吸ってもあきない。

そして作ってから時間が経過するほど、うまさが出てくる。

海外のヘビーなベイパーたちも絶賛しているのが、吸った瞬間に分かるバニラカスタード

私は今でもグースジュース以上においしいと思ったバニカスのリキッドを知りません。

このメーカーQuacks Juice Factoryは、自社のVAPEリキッドにすごい自信があるし、何よりユーザーを愛してるんでしょう。

じゃないと、あえて市販リキッドの素、DIYフレーバーなんて売らないですよ。

グースジュース(ガチョウ汁)の作り方

で、さっそくDIYフレーバーのグースジュース(ガチョウ汁)でベイプリキッドを作ってみました。

グースジュースとグリセリン&PG

リキッドの作り方は簡単!

グリセリン24ml、グースジュース6ml、それと好みでニコ少々

これをユニコーンボトルに入れて振って混ぜるだけ。

以上!

使うアトマイザーによっては、グリセリン割合が高すぎて供給不足になるかもしれませんので、そんな時はPGを少し足して、リキッドを柔らかめにしても良いでしょう。

作ったリキッドの推奨スティーブ期間(寝かしておく時間)が7〜14日とされており、メーカーが狙った味を知りたければ、作ってすぐにリキッドを吸うことが出来ません。

もちろん作ってすぐに吸ってダメなわけではありませんが、リキッド原液を匂うと、香料を溶かしこんでるアルコール臭が漂います。

このアルコール臭を飛ばすのに時間がかかるっぽい。

けど、これはどのフレーバーメーカーでも同じらしい…

安物のリキッドは本当にエグイほどアルコール臭がして、買って1か月以上放置してないと吸えないのはよくある話

私はリキッド作ったら待っていられない性格なので、グースジュースも作ってすぐにスティーブなしで吸いました。

そしたら、「おぉぅ!??美味いかどうかは置いといて、全然ケミカル臭なんてしないやん」でした。

アルコールっぽい感じはするけどワコンダの洋酒っぽいのと同じような感覚です。

30mlのユニコーンボトルを何本も用意して、一気に作っておけば、吸っているうちに寝かしたグースジュースの味も楽しめます。

しばらく寝かせて、やる気の出たグースジュースももちろん美味しくて、私はグースジュースがとてもお気に入りのDIYフレーバーになっています。

1Ω超えのコイルよりは0.5~0.7Ωくらいのセッティングで吸うほうが合っていると私は思います。

Quacks Juice Factory Duck Berry(ダックベリー)

Quacks Juice Factory Duck Berry(ダックベリー)

こちらは、梨、イチゴ、ピーチの自作ベイプリキッド用フレーバーです。同じQuacks Juice Factoryのグースジュース(バニラカスタード)が美味しかったので、続いて買ってみました。

フルーツ系は単調な味という先入観があったので、購入を迷いましたが、国産VAPEリキッドメーカーには無いこだわりがあると信じてみたのです。

リキッドの作り方はグースジュースと同じ、グリセリン24ml、フレーバー6ml、それと好みでニコ少々

今回も作ってすぐ、スティーブなしでnectarにカンタル26G、2ミリ径、0.7Ωで吸ってみました。

うーん、美味い!さすがQuacks Juice FactoryのDIYフレーバーです。

ただのフルーツ系フレーバーではありません。

Capella(カペラ)ハニーディユーメロン、ワイルドチェリー

自作VAPEリキッドでしか、VAPEを続けられないし、自作ベイプリキッドで十分なのが、よーく分かったので、調子に乗ってカペラフレーバーを入手しました。

ワイルドチェリーとハニーデュー

ワイルドチェリーリキッドを大量に作ってる先輩に配合量を教えてもらったのが、VG20ml、フレーバー4ml、そしてスーパースイート適量(私は1滴)

予想では、ニンジャワークスのマンゴークリームみたいな、まんまなだけ、の味、でも!それが自作なら良し!

だが、いやー、さすが大量に作るだけのことはある。全然美味い。ワイルドチェリーもハニーデューも、どっちも気に入った(^^)

それとカペラフレーバー、エタノール抽出じゃなくて、PG抽出?混ぜてすぐ吸っても臭くない。

スティーブいらない気がするぞ?

んー、単一のフルーツ系でも満足出来るとは。本当、知らないと損するばかりな世界なのですねー。

節約したい人必見!VAPE自作リキッド安く作るとコストはいくら?
いかに安いVAPEリキッドを自作するか、そしてまあまあ吸えるVAPEリキッドを自作するか、について、私の経験と感覚に基づいてご説明します。安いだけで、まずいVAPEリキッドは吸い続けることが出来ないので、まあまあ吸えるVAPEリキッドを自作する、というのがミソです。