まさかVAPEリキッドに炭を入れる日が来るとは

これ、ホワイトオークという木の表面だけを焼いたもので、中まで完全に炭化してるわけではない。

実はウイスキーを熟成させる樽にはホワイトオークが使われてて、その樽の中は表面を焼いて焦がしてる。ので、ホワイトオークを焼いて作った炭をリキッドに入れ熟成させる作戦なのだ。

ほんまか?大丈夫か、俺?

とりあえずグースジュースというVEPAリキッドに漬け込んで放置プレイ

オークスティクによるVAPEリキッド熟成の様子

VAPE CHKから購入した熟成用オークスティクを1週間VAPEリキッドの中に漬けて、リキッドが熟成される様子を、同じタイミングで作った、オークスティックを入れなかったリキッドと比較です。

当初の様子は

炭の効果で確実にVAPEリキッドの熟成が進んでるようです。まだ1週間ですが、美味しそうな色に変化してきたので、我慢できずに吸ってみました。

が、しかし、想像したほどの味の変化はなく、オークスティックを入れなかったリキッドと、たいした違いは感じませんでした。

やはり、1週間では短いようです。

(続)オークステックによるVAPEリキッド熟成の様子

DIYフレーバー、グースジュースのバニカスで作ったVAPEリキッドを、表面を焼いたオークステックで熟成させる試み。

前回のは、30mlにステック1本を漬けて1週間で試飲、はっきり言って、どっちでもエエやん、な仕上がりでした。

よって今回は、グースジュースのバニカス30mlに対してステックを2本投入!すると、たった1週間ですが、かなり熟成が進み、色もウイスキーに近づきました。

前回のオークスティックの炭1本バージョンだとこんな感じでした。

これでも炭が入っていないVAPEリキッドと比べると熟成されてるのは明らかでしたが、炭2本投入したVAPEリキッドと比べると浅いですねー。見るからに違います。

今回のは色からしてウィスキーぽくなってて、吸ってみたら実に美味い!味も香りも全然違います。甘さとかじゃなくて、上手く伝えられませんが、ノーマルとは別物、誤解されそうですが、洋酒の風味すら感じられますし、もちろん天然のバニラ風味が増しています。

VAPEリキッドに炭を入れて1週間放置するだけで、こんなにVAPEリキッドの味や風味が良くなるなら、次からは必須の工程になりました。表面を炭化させたオークステックの実力や恐るべしです!

VAPE_電子タバコ

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント