次世代の加熱式たばこグローgloはアイコスを超えたか


ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社から販売されてる、次世代の加熱式たばこglo(グロー)とNEOstiks for gloを、わざわざ大阪まで行って入手しましたので、今までやりたい放題やって客を困らせ続けてきたiQOS(アイコス)と、今話題のglo(グロー)の紹介を兼ねて、いろいろと比べていきましょう。

gloはタバコヒーターだけのシンプルな構成です


iQOS(アイコス)のように、チャージャーとホルダーという構成ではなく、タバコヒーターと呼ばれる本体だけです。これだけでもiQOSと比べて壊れる確率は半分、使うことによるストレスも半分な気がします。

glo(グロー)は次に吸うまでの待ち時間がない

glo(グロー)本体であるタバコヒーターに直接NEOstiks for glo(ネオスティック)という、iQOS(アイコス)でいうところのヒートスティックを差し込んで吸うので、iQOS(アイコス)のように、一度吸うごとにチャージャーからホルダーへの充電待ち時間が不要で、次のNEOstiks for glo(ネオスティック)をすぐに吸うことが出来ます。これはVAPEと同じように扱えるということで大変素晴らしいことです。

glo(グロー)は清掃が楽

glo(グロー)はタバコヒーターの穴にNEOstiks for glo(ネオスティック)を差し込み、穴の周囲がNEOstiks for glo(ネオスティック)を加熱するので、iQOS(アイコス)のように、ヒートスティックにホルダーの過熱ブレードを差し込んだりしません。iQOS(アイコス)はこの抜き差しでゴミが出てホルダーの中に蓄積固着しますのでホルダーの中や過熱ブレードの掃除が大変ですがglo(グロー)は吸うたびにゴミが溜まるということがなく、20回吸うごとに穴の中を専用ブラシで、水筒を洗う用に掃除するだけです。

glo(グロー)は取扱いが簡単

glo(グロー)を吸うための動作

glo(グロー)は、タバコヒーターの穴にNEOstiks for glo(ネオスティック)を差し込み、電源ボタンを押すだけで吸えますし、吸い終わった後はNEOstiks for glo(ネオスティック)を抜いて捨てるだけなので、取り扱いはとても簡単です。

iQOS(アイコス)を吸うための動作

iQOS(アイコス)は、ますチャージャーの蓋を開き(この時点で蓋が壊れる)ホルダーを取り出し(この時点でLEDランプが赤点灯して吸えないトラブル多発)ヒートスティックを職人技でホルダーに差し込み(下手するとヒートスティックが折れる、あるいは絶対に差し込めないヒートステックが1箱に2本くらいは混ぜてある)ホルダーの電源ボタンを押して吸い、吸い終わったあとは、ホルダーのカバーを引き上げてヒートスティックを取り出して捨てて、ホルダーをチャージャーに戻してチャージャーの蓋を閉めて、ちゃんとホルダーの充電が開始されたこと、そして次のタイミングで確実に吸えるように、ホルダーの充電が正常に完了していることを確認しておくという大変面倒な作業が必要です。

glo(グロー)はランニングコストが安い

glo(グロー)で吸うNEOstiks for glo(ネオスティック)は1箱20本入りで420円です。iQOS(アイコス)のヒートスティックは1箱20本入りで460円ですが、1箱20本のうち、正しい取り扱い方では絶対にホルダーに差し込めない不良品を2本ほど混ぜています。glo(グロー)はNEOstiks for glo(ネオスティック)を本体の穴に入れるだけなので1箱20本全てを吸うことが出来ますし、iQOS(アイコス)に比べてランニングコストが低いことは明白です。

glo(グロー)は小さくて軽い

glo(グロー)はiQOS(アイコス)に比べてかなり小さくて軽いです。が、本体であるタバコヒーターを満充電すればNEOstiks for glo(ネオスティック)を軽く20本以上吸うことが可能です。

glo(グロー)は余熱時間が40秒

glo(グロー)の余熱時間は約40秒で、iQOS(アイコス)は約20秒です。iQOS(アイコス)の2倍も余熱に時間が必要で、iQOS(アイコス)を吸っていた人がglo(グロー)を吸うと、この余熱時間がかなり長く感じます。iQOS(アイコス)はヒートスティックを中から熱するタイプで、glo(グロー)はネオスティックを外側から熱するタイプなので、どうしても余熱が完了して起動するまでに時間がかかるのでしょう。glo(グロー)に完全移行してしまえば、そういうもの、と慣れるでしょうが、それまでは、つい、いつもの癖で、まだ温まっていないネオスティックを吸ってしまいます。

glo(グロー)は最長加熱時間3.5分間

glo(グロー)の過熱最長時間は3.5分間で、吸う回数の制限はありません。iQOS(アイコス)は過熱最長時間は6分間、吸う回数は14回とカタログでは起債されていますが、実際は時間も回数もその通りとは限りません。iQOS(アイコス)は一応ですが過熱最長時間は6分間、吸う回数は14回なので、こうして作業しながら吸っても大丈夫ですが、glo(グロー)はさっさと吸わないと、数回で吸えなくなっていることがあるので気を付けましょう。ただしこれも慣れの問題に過ぎませんが。

「機械的には」glo(グロー)の方が使いやすいしVAPEとの親和性も高い

以上、glo(グロー)を箱から出して、NEOstiks for glo(ネオスティック)を20本ほど吸ってみた時点で分かっている、iQOS(アイコス)との機械的な比較です。現時点では、glo(グロー)の余熱時間が40秒、過熱最長時間が3.5分間という部分に、取り扱いに慣れないために感じる不満はありますが、それ以外ではiQOS(アイコス)よりもglo(グロー)の方が断然取り扱いやすいですし、形状や取り扱い方法がvapeとの親和性を高めていると私は感じました。glo(グロー)は、ドリッパーにVAPEリキッドを補充して吸っているのと同じ感覚です。

機械的にはglo(グロー)はiQOS(アイコス)よりも取り扱いに優れる部分も多いということが分かりました。が、肝心なのは、glo(グロー)のネオスティックの味や、吸った時の感じが、iQOS(アイコス)のヒートスティックと比べてどうなのか、ということです。glo(グロー)がいくら機械的にすぐれているとは言え、吸った時に物足りないようだと意味がありません。続けてネオスティックとヒートスティック比較を行いますのでお楽しみに。

glo(グロー)スターター・キット ローソン 限定販売!スカイブルー 本体
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン
¥ 6,499(2018/12/03 23:00時点)
iQOSアイコスVS gloグローどちらを選ぶ?電子タバコ対決!
iQOS(アイコス)の独壇場にようやく登場したglo(グロー)、現在は仙台・大阪(7月中には東京の一部でも販売開始予定)でしか販売されていませんが、それでもすでに注目度は高く、私もわざわざ大阪まで出向いて購入し、機器の使いやすさを検...
アイコス互換機の決定版!?EFOS イーフォスE1を使ってみた
アイコス互換機EFOS イーフォスE1はアイコスのホルダーよりも高温でヒートスティックを加熱するので、生臭い芋臭さが減り、香ばしさが増し、吸った時の喉への刺激が強くなるので吸いごたえが悪いと感じる人は少ないはずです。
VAPE_電子タバコ

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント