iQOSアイコスVS gloグローどちらを選ぶ?電子タバコ対決!

iQOS(アイコス)の独壇場にようやく登場したglo(グロー)、現在は仙台・大阪(7月中には東京の一部でも販売開始予定)でしか販売されていませんが、それでもすでに注目度は高く、私もわざわざ大阪まで出向いて購入し、機器の使いやすさを検証しました。

次世代の加熱式たばこグローgloはアイコスを超えたか
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社から販売されてる、次世代の加熱式たばこglo(グロー)とNEOstiks for gloを、わざわざ大阪まで行って入手しましたので、今までやりたい放題やって客を困らせ続けてきたiQOS...

機器の検証をおこなった段階では、glo(グロー)のほうが使いやすく感じましたが、今回は、iQOS(アイコス)でヒートスティック、glo(グロー)でネオスティックを吸った比較を行います。

glo(グロー)のネオスティックは細長い

私がglo(グロー)本体であるタバコヒーターのキットと一緒に購入したのは、ネオスティックのブライトタバコとインテンスリーフレッシュです。

ご覧のとおり、ネオスティックはかなり長細く、iQOS(アイコス)のヒートスティックと比べても、その差は歴然です。iQOS(アイコス)のヒートスティックは太く短く内容物がぎっちり根本まで詰まっていますが、glo(グロー)のネオスティックは先端から7割くらいの部分までしか内容物がなく、途中から空洞になっています。

glo(グロー)のネオスティックは吸えない不良品が混ざっていない

iQOS(アイコス)のヒートスティックはホルダーのブレードに突き刺して内部から過熱して発生した蒸気を吸う構造で、1箱買うとほぼ2本はブレードに絶対に刺さらない不良品が混ぜてあり、我々は約18本のヒートステックを460円も出して買っています。しかしglo(グロー)のネオスティックはglo(グロー)本体であるタバコヒーターに差し込んで、外側から過熱して発生した蒸気を吸う構造のため、1箱20本は確実に吸えるのです。しかも20本入り420円と、iQOS(アイコス)のヒートスティック約18本入りよりも40円も安いです。

glo(グロー)のネオスティックの味は

ブライトタバコ味

glo(グロー)のネオスティックはケントという銘柄のとおり、ブライトタバコは紙を燃やして吸うたばこのケントと味が似てなくもないですが、なんとなくポップコーンというか、昔懐かしい何かの味がしますが、iQOS(アイコス)のヒートスティックのレギュラー系にクセがあるようにglo(グロー)のネオスティックのブライトタバコ味にもクセがあります。私的には、美味しいとか、そういう肯定的な味ではなく、それしかないなら我慢して吸う、という程度のものです。

インテンスリーフレッシュ味

インテンスリーフレッシュは、強いメンソールの味で、さほどクセもなく吸うことが出来ます。メンソールたばこが吸える人なら、インテンスリーフレッシュを試飲しても、そんなに嫌な感じはしないでしょう。

フレッシュミックス味

フレッシュミックスは私が試飲した感じだとブライトタバコとインテンスリーフレッシュを混ぜたような味で、弱いメンソールたばこ、という中途半端な味でした。これならブライトタバコかインテンスリーフレッシュのどちらかを選ぶという人が多いのではないかと思います。

glo(グロー)のネオスティックの吸いごたえ

glo(グロー)のネオスティックは3種類ともですが、5回ほど吸うと一気に味が薄くなり、以降は蒸気しか出ていないような物足りない感覚になります。iQOS(アイコス)のヒートスティックは比較的最後まで味は残っていますので、この点はglo(グロー)の致命的な欠点ですし、このために、私はglo(グロー)のネオスティックを吸う本数が増えていまい、iQOS(アイコス)のヒートスティックなら1日1箱あれば足りましたが、glo(グロー)のネオスティックだと1日に2箱近く吸ってしまいました。これでは1箱420円という価格設定でもランニングコストは激増してしまい、大変困ります。

glo(グロー)を使いiQOS(アイコス)の緻密な制御を知る

このような状況からみて、glo(グロー)はさほど大した温度管理は行っていないでしょう。逆にiQOS(アイコス)のホルダーは、吸えば温度を上げ、吸っていない時は温度を下げて、ヒートスティックが最後まで同じ味わいになるよう工夫していると思われます。だからこそヒートスティックにブレードを差し込んで過熱する構造にしたのでしょう。

結果7:3で残念ながらiQOS(アイコス)

glo(グロー)本体であるタバコヒーターは連続で使用することが出来て手入れも簡単、見るからに故障も少なそうで、VAPEとの親和性も高く、iQOS(アイコス)のチャージャーやホルダーに比べて使いやすさは勝っています。しかし、肝心の吸った感じはiQOS(アイコス)の方が断然完成度が高く、glo(グロー)は全く良い点がありません。

私は皆さんご存知のとおりiQOS(アイコス)に憎しみすら感じていますが、それでもこの結果になったことはとても残念です。5回吸うと味がなくなるglo(グロー)、この記事を書いている時にはすでに私の手元になく、友人に売り飛ばしていることを付け加えておきます。

アイコス互換機の決定版!?EFOS イーフォスE1を使ってみた
アイコス互換機EFOS イーフォスE1はアイコスのホルダーよりも高温でヒートスティックを加熱するので、生臭い芋臭さが減り、香ばしさが増し、吸った時の喉への刺激が強くなるので吸いごたえが悪いと感じる人は少ないはずです。
VAPE_電子タバコ

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント