大容量モバイルバッテリーcheero PowerPlus3とRAVPower10000maを比較

この記事では、前半はcheero PowerPlus3 13400mAhの評価を、後半はRAVPowerモバイルバッテリー10000mAhとの比較をお届けします。

スマホやアイコス、VAPEなど充電するものが多くなってくると、急な外出の時に、どれもが満充電されているとは限らず、モバイルバッテリーは必需品です。

ところが今まで使っていたスマホ用のモバイルバッテリーが壊れてしまったので、新たに購入しました。

壊れてしまったモバイルバッテリーは数年前に購入したもので、当時は4000maの容量でも大容量とうたわれていましたが、最近は10000ma以上のモバイルバッテリーがいろんなメーカーから発売されており、どれを選べばよいか迷いました。

いろいろなモバイルバッテリーを調べた結果、amazonで評価数が多くベストセラー1位で平均評価の高いcheero PowerPlus3 13400mAhというモバイルバッテリーを選びました。

*2018年11月現在は最新急速充電規格のPower Delivery 3.0対応の新型が発売されています。

モバイルバッテリーは信頼性が一番重要でしょう

朝起きて慌てて身支度を済ませて家を出ようとしたときに、スマホやVAPEのMOD、アイコスのバッテリーが少ないことに気づいた。

そんな時に頼りになるはずのモバイルバッテリーもエラーで使えす焦りまくる、なんてことがあると泣くに泣けません。

なくてはならないバックアップ電源として、信頼出来るモバイルバッテリーを使いたい、そんな思いで見つけたのがcheero PowerPlus3でした。

[本体サイズ/重量] 92 × 80 × 23 mm/245 gで、想像するよりも小さくて軽い大容量モバイルバッテリーです。

私の場合はモバイルバッテリーはしょっちゅう使うものではなく、仕事で一日中外出する事が分かっていてスマホが充電出来ない事が明らかな時や、長時間乗り物に乗るのでスマホのバッテリー残量が気になる時など、たまに使うだけしかなく、日ごろは放置していることが多いです。

これまで使っていたモバイルバッテリーもそんな使い方で、数十回しか充放電していないのに壊れてしまったのは、内臓電池の品質に問題があったのだと考えます。

そんなに高価なものではないので、金銭的にショックとかではなく、バックアップとして用意していたのに、必要な時にモバイルバッテリー使うことが出来なかったことにがっかりしました。

よって今回は、実際に購入した人の高評価が多いcheero PowerPlus3をチョイスしたのです。

余裕の13400ma

13400maもあれば、モバイルバッテリーを前回使ったまま放置して充電し忘れていても、突然必要になったときにはiphone6くらいなら満充電できる容量が残っているので心強いです。

モバイルバッテリー本体を満充電しておけば、電源のない1泊のキャンプもしのげるでしょう。

2.4Aと1Aが出力できるポートを一つずつ計2ポートを備え、IC制御により安全に同時出力ができることも魅力です。スマホなら2台いっぺんにつなぐことが出来ますし、一方にスマホ、一方にアイコスのチャージャーやVAPEのMODを同時接続することも可能です。

VAPEのMODのバッテリーが心配で18650のVTC5を予備に持って出かけるような場合は、同じくスマホのバッテリーも心配なことが多いでしょうし、そんな時には1台でMODもスマホも同時に充電できるモバイルバッテリーがあると便利だと思います。

*2018年11月現在は最新急速充電規格のPower Delivery 3.0対応の新型に変って、ポートは2.4Aの一つになっています。

意外とコンパクトで持ち運びにも困らない

実際にcheero PowerPlus3を手にするまでは、13400maもあれば、それなりに大きく、持ち運ぶのは大変かも、と思っていましたが、届いて見れば大きさも重さも不便を感じるほどではありませんでした。

13400maもあるのに手のひらに収まってしまうコンパクトさが魅力のモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーといいながらモバイル運用するには無理がある、なんて笑い話にはなりません。

モバイルバッテリーに限らず、突然必要になるバックアップには、信頼出来て使い勝手が良いものを選びたいですね。cheero PowerPlus3 13400mAh、スマホ用にもVAPE用にも自信を持っておすすめ出来るモバイルバッテリーです。

2018年6月追記

すでに1年近く使い続けていますが、全く性能劣化を感じません。

このモバイルバッテリーは本当に長く安心して使えるものだと実感しています。

2018年11月追記

2018年11月現在は最新急速充電規格のPower Delivery 3.0対応の新型が発売されています。

充電能力は大幅に強化されましたが、充電ポートは最大2.4Aの一つになっています。

実際に2つ同時充電するシーンは限られており、充電能力強化されたことによるメリットが多くなったと言えるでしょう。

RAVPowerモバイルバッテリー 10000mAhとの比較

cheero PowerPlus3 13400mAhを購入してから1年後に、愛娘がモバイルバッテリーが欲しくてメルカリで探していることを知り、「おいおい、メルカリに出品されている安いモバイルバッテリなんてやめときなさい」と教えて、娘のお小遣いで買えそうで、信頼出来て評価の高いRAVPowerモバイルバッテリー 10000mAhをAmazonで注文してやりました。

10000maの容量で30cmと60cmの充電用ケーブルやポーチまで付属している

RAVPowerの製品はこれまでも使っていて、私は安心して信頼して使えるメーカーだと思っていて、10000maで2ポート、合計出力3.4Aで、性能はcheero PowerPlus3が13400maと多い以外は同等で、なのに値段は30cmと60cmの充電用ケーブルまで付属しているのに半額近い1500円ほどで、最近は良いものが益々手ごろな値段で買えるようになったと感心しました。

が、しかし、ひとつだけ、さすが老舗、いまもなお現行モデルとして販売され続けているcheero PowerPlus3の優れた部分を思い知りました。

2018年11月追記

2018年11月現在は、新型が登場しており、Quick Charge 3.0に対応した充電能力になった代わりに充電ポートは最大2.4Aの一つだけになりました。

2つ同時に充電するシーンは限られており、それよりも急速充電できるようになったメリットのほうが大きいといえます。

なんと!cheero PowerPlus3の方が小さくて軽かった!

大きさを比べた画像をご覧下さい。

左がcheero PowerPlus3、右がRAVPowerモバイルバッテリーです。

cheero PowerPlus3のほうが3400maも容量が多いのに小さかった!

高さと幅はcheero PowerPlus3のほうが小さくても、さすがに厚みはRAVPowerのほうがかなり薄いだろ?と、まだ思い込んでいましたが…

左cheero PowerPlus3右RAVPower、cheero PowerPlus3がわずかに厚い程度の差しかなかった。

ごらんのとおり、厚みに決定的な差もなく、そして重さもcheero PowerPlus3がわずかに軽い。

つまりcheero PowerPlus3のほうが3400maも容量が多いのに小さくて軽かったという衝撃の事実。

良いものが安くなったのではなく、RAVPower10000maは、大きさを犠牲にして安く販売されていたのか?という不信感が頭をよぎります。

しかし保証期間はRAVPowerのほうが長かった

モバイルバッテリーのもっとも重要な要素の一つである大きさはcheero PowerPlus3に軍配が上がりました。

が、保証期間はcheero PowerPlus3が12ヶ月、RAVPowerは18ヶ月+公式サイトでユーザー登録をするとさらに12ヶ月延長で合計30ヶ月間も保証してくれます。

これにより、どちらを選ぶべきか、とても難しい問題となりました。

RAVPowerは品質に余裕を持たせて長く使えるようにするために、あえてバッテリーサイズを大きめにしたのかもしれません。

バッテリーは同じ容量で同じだけ出力するならサイズが大きいほうが長持ちします。

さらに言うならRAVPower10000maはcheero PowerPlus3に比べて3400maも容量が少ないのに、同じ最大出力3.4A2.4Aを発揮しているのも、ラジコンカーを趣味にしてバッテリーの特性を知っている私からすると凄いことです。

RAVPower10000maはcheero PowerPlus3に比べるとデカい。

だけど保証期間は18ヶ月も長い。

cheero PowerPlus3を使い始めて12ヶ月が経過し、保証期間は切れましたが、今でも新品同様の性能を維持しています。

このまま後18ヶ月間無事に使えたなら、RAVPower10000maの保証期間と同じだけ使えて、小さくて軽いというモバイルバッテリーに必要な性能のためにRAVPower10000maよりも高い代金を支払ったと割り切ることが出来ます。

後18ヶ月壊れなければ、です。

13400maの大容量で小さくて軽いし実績があって信頼性も高いけど2600円で保証期間12ヶ月のcheero PowerPlus3か、10000maで大きいけど30ヶ月間も保証してくれるし充電コード2本も付属して1500円で買えるRAVPowerか、あなたはどちらを選びますか?

ICT周辺機器

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント