格安かけ放題プランはY!mobile(ワイモバイル)一択

唯一格安SIM会社でかけ放題プランを提供していた楽天モバイルのサービス品質劣悪状態が続き、事実上格安SIM会社でのかけ放題プランはなくなりました。

格安SIM楽天モバイルの終焉
楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズ株式会社が格安通話サービス「楽天モバイル」の提供を開始したのが2014年10月29日。 格安SIMブームに乗り、他の格安SIM会社を圧倒する勢いで顧客を獲得し続けながらも、...
かけ放題サービスを終了させる楽天モバイルの醜態
楽天モバイルは「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」の導入をすぐに後悔したのでしょう。2017年の夏ごろから実施されているキャンペーンは、かけ放題プラン希望者には一切のメリットがないものばかりにしました。新規かけ放題プランユーザーを増やさないためのキャンペーンを繰り広げ、需要はあったがかけ放題プランを選ばせないようにして、そして今回「需要がないかけ放題プランを終了する」としたのです。

世の中には5分や10分だけなら何度でもかけ放題というサービスでは困る人がいるのは事実ですが、残念ながらネットではそんな人たちの声は目立ちません。

LINE通話ならタダでしょ?、という声に、LINE通話が出来ない連絡先へのかけ放題の需要はかき消されています。

3大キャリアは今でもぼったくり状態

docomoやau、ソフトバンクといった3大キャリアでは、もちろん現在も通話定額プランとして、国内なら誰とでも何時間でも電話がかけ放題になるプランはあります。

そして最近は各キャリアともに見た目にはインパクトのある格安SIM対抗プランを用意しはじめていますが、よく見れば、使ったパケット量が1GBならという非現実的な設定だったり、他のサービスにも加入が必要、2年目以降は高くなる、プランが適用されるスマホがゴミのようでみっともないか、あるいは10万円近い高額機種など、トラップ満載で、結局はまともに使いたいなら、端末の分割支払い費用込みで8000円という、これまでのぼったくり利用料が必要なことに変わりはありません。

シェアパック、家族割り、分け合える。長期契約、抱き合わせ商法、などなど3大キャリアのやっていることは、ユーザーには非常に分かりにくく、詐欺まがいギリギリの表現を使って、ユーザーを惑わせて、とりあえずショップに来させて、とりあえず安いかもと思わせて、とりあえずその場での支払いは不要で、勢いで契約させてしまおうという狙いは、昔も今も同じです。

大手キャリアのサイトには料金シミュレーターなるものが用意されていますが、それを使っても、「一体いくら必要なのか全然分からない」のは私だけではないはずです。

いろいろな比較サイトでも、こんな家族構成で、こんな使い方なら、1年目だけはこんな費用になる、という記事が取り上げられていますが、どれを見ても結局はよく分からないと感じる現実が、3大キャリアの欲深さとこざかしさを物語っています。

大家族なら、しっかり比較検討すれば確実に安くなるプランもあるとは思います。しかしMMD研究所の2017年携帯電話の利用料金に関する調査で現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は、かけ放題プランとのセットが基本である大手3キャリアユーザーは平均7,876円という結果から分かる通り、どうであれ平均的な構成の世帯では高額な利用料を搾取されているのです。

単純に1契約で、実用的なパケット量+かけ放題、これでいくら、と明瞭に示すことが出来ず、総務省の指導から逃れるために見かけだけのお得に思わせるプランを用意、大手キャリアの利用料が安くなる日は絶対に来ないのです。

大手キャリア以外の完全かけ放題はY!mobile(ワイモバイル)だけ

楽天モバイルが劣悪なサービス品質をどうにも改善する気がない現在、完全かけ放題を大手キャリア以外で提供しているのはY!mobile(ワイモバイル)だけです。

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク系列なので、大手キャリアと同じように2年縛りがあったり、他の格安SIM会社と比べれば料金も高く、大手キャリアと格安SIM会社の中間に位置する存在ですが、docomoやau、ソフトバンクの大手キャリアのパケット量3GB前後+完全かけ放題プランに比べると安いのは間違いありません。

Y!mobile(ワイモバイル)なら3GBのパケット量で完全かけ放題で約5300円(加入から1年間は約4300円)です。加入時に既に端末を持っていれば完全かけ放題プランとパケット3GBで毎月5300円だけです。

Y!mobile(ワイモバイル)スマホも格安で購入出来る

大手キャリアから乗り換える時にスマホも新しくしたいなら、初期費用に端末費用を考える必要がありますが、iphonexじゃなきゃ嫌だ、なぜかgalaxyじゃないと無理、とかわけのわからないこだわりがなければ、十分な性能で不具合の発生も少なく安価なHUAWEI(ファーウェイ)やASUS(エイスース)のSIMフリースマホや、国産メーカーでもシャープなどのスマホが、タイムセールで1万円以下、時に1000円以下で購入出来るので、タイミングを見計らえば、使いやすいスマホが分割払いなしで購入出来て、月々の支払いは利用料のみという明朗さを得る事が出来ます。

大手キャリがiphoneとgalaxyばかり取り扱うがために、他に良いスマホが存在することも多くの消費者は知ることが出来なかったのです。

お金はないけどiphoneXが欲しいなら大手キャリアの餌食になればよし

たかが使い捨てのスマホ、どれもたいした違いのないスマホ、しょせんスマホ、なのに10万円以上もするiphoneが欲しいと思う気持ちは私には理解出来ませんが、お金が余って仕方ないから高価な買い物をしたいのでSIMフリーのiphoneXを買ったり、大手キャリアで一括購入する人もいるとは思います。

そんな人たちの人生にはこの記事にある「格安」というワードは存在せず、こんな記事を読むこともないのですが、困るのは、お金がないのに何故かiphoneXが欲しいという人たちでしょう。

お金に余裕がない人たちは大手キャリアの分割プランでしかスマホを持つことが出来ませんが、ローンを組んでまでスマホを買って、そのスマホで自分は一体何が出来るのか、よく考えてみましょう。

64GBのメモリーが魅力ですか?そんなのクラウドサービスが発達した現在はどうでもいいし、液晶画面のキレイさなんてどれも同じだし、処理スピードだって最近のスマホはどれもヌルヌル動くし、iphoneXだからガンガンに動画編集出来るなんてわけないし、スマホゲームはどれも動画が大げさなだけでゲーム内容自体はゲーム専用機にまったく及ばないし、もうそろそろiphoneじゃなきゃ使えないという都市伝説は忘れた方がいいと思います。

どうせ2~3年もしたら捨てるんです。手ごろな価格で使い勝手の良いスマホはいくらでもあります。大手キャリアの宣伝に騙され続けて、不相応なスマホを持つ無意味さに気づきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)ならyahooサービスが使える

Y!mobile(ワイモバイル)ユーザーは月額500円ほどするyahooプレミアムの会費が通信量に含まれているので、Y!mobile(ワイモバイル)ユーザーはyahooプレミアムを実質無料で利用できます。

yahooプレミアムに加入しているとyahooショッピングで得られるTポイントが5倍になるなどお得なサービスが無料で使えるのはありがたいです。

yahooプレミアムで得られるTポイントは期間限定でyahooショッピング内でしか使えないという制約はありますが、日常品などネットショッピングで購入する機会も多くなった現在、十分な使い道があるはずです。

他にもマクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどのお得なクーポンがもらえたり、意外と使えるサービスが無料でついているのがY!mobile(ワイモバイル)の利点ですね。

Y!mobile(ワイモバイル)の通話品質とカバーエリア

docomo回線じゃない格安SIM会社だと、通話品質や利用エリアに不安を覚える人もいると思いますし、私も本当に大丈夫なのか、docomo回線よりもエリアが狭かったり通話品質が劣るのではないか、とかなり心配しました。

しかし実際にY!mobile(ワイモバイル)を使ってみるとそんな心配は全く無用です。

人口の少ない地域でも、生活圏内であればエリアは全く問題ありません。十分な利用エリアを持っています。

他の格安SIM会社に比べて利用料が少し高いけど品質においては十分に費用に反映されています。

人が多い都心部で12時~13時の間は通話が切れまくることもなく、データ通信スピードも悪くはありません。

総評

大手キャリアよりも安いけど、品質で劣ることは何もない、完全かけ放題プランが必要ならY!mobile(ワイモバイル)一択、そう言い切っても間違いではありません。

かけ放題サービスを終了させる楽天モバイルの醜態
楽天モバイルは「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」の導入をすぐに後悔したのでしょう。2017年の夏ごろから実施されているキャンペーンは、かけ放題プラン希望者には一切のメリットがないものばかりにしました。新規かけ放題プランユーザーを増やさないためのキャンペーンを繰り広げ、需要はあったがかけ放題プランを選ばせないようにして、そして今回「需要がないかけ放題プランを終了する」としたのです。
ICT関連

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント