歓喜!LINEメッセージの送信取消し機能が追加される

 


LINE株式会社は2017年11月16日、コミュニケーションアプリ「LINE」で、送信してしまったメッセージを取消す事が出来る機能を2017年12月以降に用意すると発表しました。

今までのLINEでは、一度相手に送信してしまったメッセージは、自身のLINEトークルームから消すことは出来ても、相手側のトークルームには残ったままでした。

このように一度相手に送ったメッセージは二度と消せない仕組みだったが、2017年12月以降は、送信後24時間以内にのメッセージなら、送信相手側のトークルームからも消すことが可能になる。

ただし「既読」がついたメッセージも取消し対象になるかは不明で、詳細は12月の実装時に発表される予定だが、願わくば既読であろうと消し去れることをLINEに願う。

実装後に確認すると既読でも送信取消が可能でした。
未読だったら大丈夫?LINE送信取消機能で誤爆が防げるのは間違い
LINEの送信取消機能でLINE誤爆事故が防げると安心していませんか?誤送信したLINEメッセージは相手のトーク画面から消すことは出来ても、スマホの通知には残っているかもしれません。未読のまま送信取消が出来ても、絶対に見られなかったという確証はありません。

自身の誤送信を取消けすことが出来るのは当たり前の機能

LINE株式会社の広報担当の話によると、これまでから送信メッセージの取り消し機能を望む声は多かったというが、それなのに、なぜ今まで誤送信取り消し機能の要望を無視し続けてきたのか逆に不思議である。

間違って送ったメッセージを取消し、送り直すのは当たり前に起こり得る操作のはずなのに、ユーザーは自分が誤って送ったメッセージを自分で取消すことが出来ない。

そんな理不尽な仕様に無理やり同意させられてLINEを使ってきた。

メッセージを取消す機能の実装は歓喜に値するが、実は今までのLINEの理不尽な仕様が傲慢で間違いだったに過ぎない。

どうしても「なかったことにしたい」時は誰にでもある

  • 送るスタンプを選んでいるうちに相手に不適切なスタンプを誤って送ってしまった。
  • 送信相手を間違えて不適切なメッセージを送ってしまった。
  • 意味を取り間違える恐れがある誤字脱字のメッセージを送ってしまった。

そんな時、誰だって送信メッセージを取消したい。

特に送信相手を間違えて不適切なメッセージを送ってしまったという致命的なミスは絶対に回避したい。

しかしLINEはメッセージを取消すことを許さないので無用な誤爆トラブルが多発してきた。

一回のミスで大きな損失を抱えることになったユーザーも少なくないだろう。

まさに私が言うICT公害の一例だ。

ようやくではあるが、今後は間違って送ってしまったメッセージはもちろん、送った後に「削除したい」と思い直した場合も、自分で自由にメッセージを取り消して「なかったこと」に出来る。

LINE誤送信で浮気や不倫バレも減る

今までに浮気相手や不倫相手と間違えて本命や家族にLINEメッセージを送ってしまい、修羅場を経験した人も多かったはず。

「あっ!」っと間違いに気づいても後の祭り。

首を洗って待つしかなく生きた心地もしない。

既読がつく前に取り消したいのに出来ない。

だからラインは使いたくない人も、これからは安心してラインが使えるようになります。

ようやくLINEが普通のコミュニケーションツールとなる

2017年12月ようやくLINEが普通のコミュニケーションツールとなる。

これまでLINEは誤送信を絶対に許さず、誤送信をしたユーザーがどんな苦しい思いをしようとも助けず、嫌ならLINEを使わなければいい、文句を言うなら使うな、誤送信は自己責任というツールだった。

辛く長い道のりではあったが、ようやくLINEの理不尽な呪縛から解放される。

いつもなら年末年始は無意味に慌しく疲れるだけで嫌で嫌でたまらない時期であるが、今年だけは12月が楽しみである。

ICT関連

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント