仮想通貨FXなら今からでも儲けるチャンスがある

昨年2017年の春頃、まだビットコインが10万円ほどだった時には「なんじゃそりゃ?」と気にもしていなかった人も2018年になり、コインチェックがやらかしたニュースが世間を騒がせ、自分は大暴落の惨劇に巻き込まれず平和な日々を送れるにしても「ニートでも学生でも誰でも簡単に儲けられていたのか」「あの時に自分もビットコインを買っていたら」と、なんとなく心がザワザワしている人も多いと思います。

今から仮想通貨を買っても儲からないと諦めるのは早い

たしかに大暴落したといってもビットコインは現在も100万円ほどの価格です。10万円の頃なら100万円で10枚ビットコインが買えて、それが今でも10倍の価格になっている。しかし今じゃ100万円で1枚しかビットコインは買えない、何年か後に700万円になることがあっても、7倍にしかならない、自分は出遅れてしまった、と感じるかもしれません。

しかし!諦めないでください。今だからこそ、仮想通貨で儲けるチャンスはあるのです。

買って値上がりを待つのではなくギャンブルで儲ける

今からビットコインや他の仮想通貨を買って持ったまま、値上がりをじっくり待ち続け、資産が2倍になれば良いと思うなら、それは可能かもしれません。しかしあなたには仮想通貨が今以上の価値を持つという確たる知識や絶対に論破されない根拠がありますか?

私は仮想通貨なんて、なんの可能性もないし、将来に金(gold)やドルに代わるはずがなく、いつか仮想通貨を持っていないと困る世界になるなんて全く思いません。日本に住んでいて、なんでわざわざ手数料払って仮想通貨を買ってヤマダ電機で仮想通貨で支払う必要があるのか理解出来ませんし、日本にいるなら日本円で生活できるし、アメリカに旅行に行ってもクレジットカード1枚あれば何も困ることはない、これは10年先でも同じだと明確に分かっています。

なので仮想通貨の可能性なんて何もなく、可能性があるのは仮想通貨技術であると思っているので、ビットコインなどの仮想通貨を買って値上がりするまで何年でも持っておくという考えなんてなく、持ったままだとどんな悲劇が起こるか分からないし、じゃどうやって今から仮想通貨で儲けるのかというと、仮想通貨FXで儲けるのです。

仮想通貨FXは投資ではなくゲームであり24時間楽しめるギャンブルです。

仮想通貨FXは、現在のビットコインの価格を使って、上がるか下がるかを賭けるギャンブルです。今よりも上がると思えば上がる方に賭ける、下がると思えば下がる方に賭ける。予想が外れたら負け、当たれば勝ち、外れても当たっても、いくらの損害、利益で確定するかもまたギャンブル、そのギャンブルを何度も繰り返して儲けていくのが仮想通貨FXです。

一般にビットコインの現物を売買すると手数料が5万円ほど必要になります。仮想通貨売買所のビットコインの価格提示は、例えば買いが95万円、売りが90万円となっていて、この差額5万円が手数料です。1回だけ買って、何年か後に売る、なら5万円なんて安いと思うかもしれませんが、とてもじゃないけど毎日何度もビットコインを売買して儲けようとすると、1回の取引に5万円もの手数料なんて払えません。

そこで仮想通貨FXを使って仮想通貨ギャンブルを楽しむのです。仮想通貨FX取引なら、1回の売買手数料は500円~5000円ほどです。売買チャンスがあれば毎日何回も取引をすることになるので、1回の手数料は安く設定されていますし、仮に買ったビットコインを売らないままで翌日になると、持ったままの手数料が別途必要になります。

つまり仮想通貨FXは、その日のうちに取引を完結させ、持ったままにせず、暴騰や暴落の波に乗って短時間で稼ぐことを目的とした、仮想通貨の将来なんて全くの関係もない、明日ビットコインがどうなろうと知ったことじゃない、ギャンブルシステムなのです。

なぜ今、仮想通貨FXなのか

FX取引は一日の中で価格変動が大きい時に儲けやすくなります。

値動きが少ないと、売買しようにも上がるか下がるかどっちに動くか分かりにくく、買っても手数料分以上に値が上がらないと儲けられず、結果、値が上がる気配があり買ってもすぐに下がって、慌てて売って損を確定、ということを繰り返して、すぐに軍資金が底をつきゲームオーバーになります。

が、今は皆さんご存知のとおり、200万円以上の価格から80万円まで暴落、その反動で一時的に値上がりするという値動きの大きい相場です。こういう時は1日の中でも5万円以上価格が上下することも多く、上がり始めたら買う、下がり始めたら売るという判断がしやすく、素人でも予想が当たりやすく、今こそ仮想通貨FXで儲けるチャンスなのです。

2月5日から6日にかけ1日で90万円から75万円まで下がりっぱなし。こんな日は多くのギャンブラーが簡単に儲けられる。

仮想通貨FX取引はレバレッジがかけられるし0.01ビットコインの売買も可能

ビットコインの現物取引は用意した資金分しかビットコインを買えませんが、FX取引は取引会社にもよりますが、用意した軍資金の5倍から25倍のレバレッジをかけて(5倍から25倍の)ビットコインを取引することが出来ます。つまり10万円の軍資金を用意すれば50万円から250万円分のビットコインの売買が可能であり、勝つのも負けるのも5倍から25倍、ハイリスクハイリターンのギャンブラーはレバレッジをかけて勝負すればよいし、仮想通貨FX取引に慣れないうちや1円パチンコのように大勝負はしたくないなら、勝っても負けても100分の1の儲けや損にとどまる0.01ビットコイン(約1万円分)だけ売買することも可能です。

2018年になって、レバレッジを5倍までに制限する取引所が多くなっています

外国為替証拠金取引(FX)の経験もない方は、まずは0.01ビットコイン単位でFX取引の感覚を掴むことをおすすめします。

おすすめの仮想通貨FX取引会社

仮想通貨のFX取引がしやすい会社は多くありません。私がおすすめするのは外国為替証拠金取引(FX)を扱ってきた実績のあるGMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

です。

GMOコインはレバレッジは5倍までとなりますが、取引画面が使いやすく、スマホアプリでも取引が可能、いつでも空いた時間に取引が出来ますし、チャンスを逃しません。

GMOコインは無料で口座開設するだけで必ずビットコインがもらえるキャンペーン中です。どうであれGMOコインで口座開設しないと損です。



取引画面が使いやすいのは、一瞬の勝負になるFX取引では重要なことです。

GMOコインのPC取引画面 

ご覧のように買値と売値が明確に表示されており、その差が手数料です。仮想通貨取引所のなかにはこのように値段が明示されず、成り行きといって、注文を出した時の値段で約定されるシステムで売買するしかないところもあります。成り行き注文は、現在の価格が95万円だと思って注文しても、実際には100万円で決済されるなど、FX取引のようにわずかな値幅で勝負するには不利です。

私もGMOコインで仮想通貨FXをやっていますし、現在ビットコインのFX取引をしている多くのギャンブラーがGMOコインを使っています。これまで外国為替証拠金取引(FX)を扱ってきた実績があるためにシステムが洗練されているのは誰もが感じるところです。

チャートの見やすさや取引情報の多さでビットフライヤーもおすすめ

ビットコインの価格が上昇するのか下落するのかを予想するために欠かせないのがチャートです。競馬でいうなら競馬新聞のようなもの。このチャートや取引の参考となる情報が豊富なのはビットフライヤーという仮想通貨売買所です。

ビットフライヤーのFX取引画面

こちらも多くのギャンブラーが情報収集用に使っています。ただし取引自体は先ほどのGMOコインの方が使いやすいので、取引はGMOコイン、チャートや情報収集にはビットフライヤーを併用しているのが普通です。

とりあえず仮想通貨取引口座を持っていないと儲けるチャンスを逃します

GMOコイン、ビットフライヤー、どちらも会員登録、口座開設は簡単なので、今はまだビットコイン取引ってどうなの?と思っていても、今後も暴騰暴落はしばらく続き、儲けやすい相場であることに違いはありませんので、今だ!と思ったときにすぐに取引できるよう、口座だけは開設しておかれることを強くおすすめします。

残念ながら数万円だった頃のビットコインは買えませんでしたが、今からでも私たちはビットコインで儲けるチャンスが残っています。年末に出川哲郎のCMに乗せられ今回の大暴落で阿鼻叫喚して狼狽しているビットコイン犠牲者を横目に、何も持たず、何も起こらなかった我々は、今こそビットコインギャンブルで一発狙おうではありませんか。

勝つも負けるも運次第、いくらチャートの見方を勉強しようが、そんなことしても絶対勝てるなんて甘い勝負ではありませんが、昨年11月に軍資金15万円で仮想通貨FXを始め、12月には1000万円儲けた実例など多くのビットコインFX取引ネタがwebで見つかりますが、けっして大げさな話ではありません。

勝てるチャンスの多い時に運試し、何もしなかった事を後悔するより、やって後悔するほうが良いと思うなら、このチャンスをお見逃しなく。

ビットコインは通貨でも投資でもなくギャンブルの道具
毎日毎日24時間ビットコインギャンブルは開催されています。競馬のように12レースで終わることも、パチンコのように22時30分で閉店することもありません。いつでもどこにいてもオンラインカジノのようにビットコイン博打を楽しめます。しかも合法的にです。価格変動の大きい今だからこそビットコインで儲けましょう。
ライフハック
この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント