ストリーム25EP改とターメリック改の悲しい結末

ストリーム25をEP仕様に改造

ヒロボーのストリーム25にLiPoバッテリーのコブラ3Sの2並列、アンプはイエティー70A、ブラシレスモーターはメガのインナーローターモーターを搭載した電動仕様です。大型電動ダクテッドファン機で有名な、神戸の今井さんとご縁があり、大変大きな影響を受けた私が、身の程を知らずに製作しました。電動なので騒音がほとんどないのをいいことに、近所の原野でテスト飛行を重ね、いよいよ笠岡飛行場に遠征しました。

電動でも推力は十分あり、エンジンと遜色なく、大きなループも楽々こなせて、とても調子よく飛んでくれてましたが、ストールターンの下りで予想外の激しい横風に流され、未熟な私はパニックになり、そのまま真っ逆さまに、機首から地面に激突しました。モーター、アンプはもちろん、今回が初放電の、高価すぎるLiPoパッテリー、コブラもグシャグシャです。

墜落大破で高価なリポバッテリーもグシャグシャに


近所の野原で手投げで離陸させ、草の上にバサバサと着陸させて遊んでても全く壊れなかったのに、何故、わざわざ岡山の笠岡飛行場に来て墜落させるのかと、自分の未熟さを嘆き悲しみました。

ごらんのとおりコブラも破裂しています。パックの中に充填してあるはずの、甘いゲルの香りがプンプンしておりました。一発で2万円のLiPoパッテリーがパーですが、モーターやアンプ、機体も含めると、総額でいくらほど失ったのかは考えたくもありません。

電動ラジコン飛行機はランニングコストは少ないが

電動機はランニングコスト0円、初期投資はエンジン機よりも高額だけど100フライトもさせれば電動機のほうが、かなり安くつく。ということに私は異論はございませんが、100フライトです。同じ機体を100回も無事に飛ばせる人が日本に何人いるでしょうか?いまだかつて1機も100フライトなんてさせたことがない私には、電動機はかなり高額で贅沢すぎる代物でございます。

当日は笠岡飛行場にラジコンメーカーのヒロボーのスタッフが、パラプレーンのデモに来てましたが、グシャグシャになったヒロボーのストリーム25の姿はさすがに申し訳なかったです。

本当にラジコン飛行機やめようかと思わずにはいられない一日でした。他にもう1機全損にしましたから。

ターメリック ブラシレス改も大破全損


もう一機全損にしたのは、RCエアワールドで大々的に取り上げられていたターメリックのブラシレス化にしっかりはまり、またまた大金を投じて改造した機体です。

ブラシレスモーターはコントロニクのダンサープロ、アンプはイエティー40A、リボバッテリーはサンダーパワー2100の3Sです。そりゃもうものすごい勢いで上昇していき、最高のフィーリングでしたが、着陸が伸びに伸びて何度も何度もやり直しているうちに、またまた激しい横風に流され笠岡の駐車場入り口付近にいた仲間の頭上をかすめ墜落大破しました。

ストリーム25改の全損後だったので、さすがに気力も失せ、皆さんお楽しみの全損写真はありません。仲間もさぞかし驚いた事でしょう。私も思いっきり驚きました。一体一日でいくら捨てるのかと激しい自己嫌悪に襲われた事は言うまでもなく、岡山からの帰路は沈んだ気持ちのまま、大変長い道のりに感じました。

空物

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント