MST XXX-D RM


久しぶりにリアモーターでもやるか、と買ったこのシャシ、箱から出してオイルレスのまま走ると、誰に乗ってもらっても「つまらんのー。一日で飽きるのー。シルバー専用シャシやのー。つまらんお前にぴったりやのー。」と、驚くほど普通に走りました。

良く掛かるアスファルトのYRCでもかなり手応えあったのですが、調子に乗ってコンクリのサンダーでカキ率変えたりダンパー触ったり、とやり出すと、どんどんグダグダになってきました。

仕方ないので、短時間ですが嫁の怒りをモロに受けながら3日連続でセットの迷宮をさまよい、結果、本日はついにカウンター当ててるのに真っ直ぐ走るようになりましたT_T

内切っても曲がらんアンダーはドリパケで体験しましたが、カウンター当てて握ると曲がらんのは気持ち悪いです。

で、友人には「話にならんのー」とか、「前のダンパー、クソだからでしょ」とか、「そのシャーシがどうこうじゃなく、そもそも31乗ってないおっさんに用ないし」とか、とにかくみんなにいじられすぎて、パンツに恥ずかしいシミが出来てしまいました。

ほんまにフロントのダンパーがなかなか決まらずモワモワしているのです。

アスファルトなら重めのオイル入れたら走れるのですが、コンクリだと微妙なとこが詰められず、掛かりすぎて抜けまくりか、掛からず前が逃げる、のどちらかになってしまい、「フロントタイヤ横に滑ってないぜ!」な乗り方が出来ず、ただ速いだけのつまらんクルマになっております。

とにかく!フロントが軽いせいだ!だからバネのセレクトがむずいのじゃー!などと思っていて、

硬いのだとしっかり反発するけど掛かりすぎ、柔らかいと掛かりが薄いまま、反発も弱く車高が曖昧で押すと沈んだまま、で、どちらでも持ち上げると浮いたまま、

と、もう、フロントが軽いせいなのか、ダンパーが腐ってるのか、分からんモワモワ感に包まれてて、おじさんまいったなぁー、なのです。

で、なんどもダンパーやり直し、いろいろ試し、それでも納得出来ないままクルマを眺めてると、おじさんは気づいたのです!

このボールリンク!

いままで乗ってた31はサスピンとCハブで、すべてガタガタに組んでたのですが、このボールリンクはキッチリとガタもない。

もしや!?キッチリじゃなくて渋い?

と、思って、あの禁断のクスリを!

塗ったら…

やはり!メチャメチャ動きがよくなりました(≧∇≦)柔らかいバネのままで車高が上がり、持ち上げても沈みますし、押した感じがとても滑らかに激変しました。

ガタガタのサスビンとガタガタのCハブカラーとほとんど同じフィーリングです。

フロントが軽いせい、ダンパーが腐ってるせいではなかったのです。

これで「前ががっつりと掛かったフリ」して走れるようになるのか、ちょっと楽しみになってきました。

今夜コンクリで実験です( ^ω^ )

ドリフト

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント