ケイファン MINI V3 使用感というか使い方のコツ

いつものこじんまりした居酒屋VAPEオフ会(今ではそこの女店員2名もVAPE!)ってか、ツレに、どこにいる?って聞いたら、いつもそこに集結してやがるから、私が新規導入したベイプグッズの紹介や、頼まれてたVAPEリキッドなんかを配達にいってるだけですが。

VAPEはその煙の多さと甘臭い匂いのせいで、かなりマイナーで受け入られ難い趣味ですが、なぜか私の知り合い達は、VAPEに激しく興味を示し、吸ってみて、私からレクチャーを受け、何をどこで買うべきか、まで導いてやると、いとも簡単に、こっちが焦るほどに、その場でスマホで数万円のVAPEアイテムを躊躇なく購入します。

「実は日本の景気は良くなってるんじゃね?!」とも思いますが、女性にもウケが良いビクセンズキスやkoikoi霧流れをnectar nanoやkayfunケイファン mini V3で吸えば、何に金を使っていいかわからなくなってる連中には、すっごい刺激なんでしょうね。

kayfunケイファン mini v3の際立つ良さ

で、前置きが長くなりましたが、ケイファン mini v3、使えば使うほどに良さが際立ってきます。

ケイファン mini v3は、一般的なRTA、クリアロとは違う構造なので、はじめは使い方が全然わからないし、手先が不器用な人は壊してしまうかもしれません。

なので、私なりに上手にkayfunケイファン mini v3を使うコツを書いてみます。

kayfunケイファン mini v3を使うコツその1

VW運用の場合、コイルは2ミリ径で0.7から1Ω前後、エアホールから1.5ミリほど上に取り付ける。なので、デッキが狭いので、28Gのほうが使いやすいかも。

ただし2ミリ径のコイルだと味重視になりますがコイルの耐久性は落ちます。3ミリ径のコイルだと味は薄くなりますがコイルの耐久性は増えます。

そしてステンレスワイヤーを使うと味は良くなりますがコイルの耐久性は落ちます。カンタルワイヤーだと味は落ちますがコイルの耐久性は増えます。

kayfunケイファン mini v3を使うコツその2

コットンは、コイルにはギチギチに通しますが、デッキの中に詰める量は少なめで大丈夫です。ジュースホールを塞ぐように、とは考えなくてよく、チャンバー底にフワフワと這わしてあれはオッケーです。

ケイファン V5とケイファン mini V3の失敗しないコットンワークをご紹介
ケイファンは優れたRTAメーカーで、特にMini V3は至高の逸品です。が、特殊なジュースチャンネルで、コットンワークは悩みどころだったりします。特にkayfun V5は難しいです。そこで私が試行錯誤の末ようやく見つけたコットンワークをご紹介します。

kayfunケイファン mini v3を使うコツその3

ジュースホールコントロールは締め切りから2.5回転で全開になるようですが、koikoi霧流れなどのMAXVGリキッドでも2回転で十分な供給ができる。

kayfunケイファン mini v3を使うコツその4

洗浄後に組み立てるときは、本当にグリセリンなどを潤滑油代わりにOリングやネジ部分に塗らないと、精度が出すぎてて、かじりそうになります。

特にコイルベースにチムニーを取り付ける時はOリングとネジ部にしっかりとグリセリンやリキッドを塗って締込みます。

この部分はジュースホールコントロールも兼ねていて、全部締め込むとジュースホール全閉で、開けたり閉めたり常に可動させる部分ですが、塗らずに閉めていくとゴリゴリして、ジュースホールを開閉するのも嫌な手応えになります。

金属同士がかじる手応えが分からない人、Oリングがヤバそうな感触が分からない人は、絶対にグリセリン、なければ、せめてリキッドを塗って組み立てましょう。

kayfunケイファン mini v3を使うコツその5

吸うときに、パチパチとひどくはぜる、吸い終わってファイアーボタンを離したあとにシューっ、と音がして、そのうちイガる場合の対処法は次のとおりです。

  • コイルに通しているコットンが少なすぎて、コイルにコットンが当たってない部分がある。
  • デッキのチャンバー中に詰めるコットンが多すぎて供給が遅い。
  • コイルの真ん中から赤熱し、ファイアーボタンを離しても、真ん中に熱が残ってる。

といった事が考えられます。

コイルはどうしても巻きが多くなり、熱の入り方に差が出やすいので、私はコイル中心あたりの巻きのクリアランスを広めにしています。

パチパチはぜるのが少なく、ファイアーボタンを離した時にシューっ、と音がしなければセッティグが出来ていて、その状態で運用すると、リキッドがなくなりかけると、ファイアーボタンを離した時に音が出て教えてくれるので温度管理も必要ありません。

と、こんな感じでだんだんとケイファン mini v3の使い方が分かってきて、さらに信頼感が増してくる、そんなケイファンでした。

VAPE用高級アトマイザーSvoeMesto「ケイファン Mini V3」
vapeリキッドが漏れないくせに、ドリッパー並みのリキッド供給能力があり、迷惑でしかない煙が少なくリキッド本来の味を引き出すRTAはないのか、と探してるうちに、気がついたらKAYFUN MINI V3を注文していたのですが期待以上の性能でした。
ケイファン V5とケイファン mini V3の失敗しないコットンワークをご紹介
ケイファンは優れたRTAメーカーで、特にMini V3は至高の逸品です。が、特殊なジュースチャンネルで、コットンワークは悩みどころだったりします。特にkayfun V5は難しいです。そこで私が試行錯誤の末ようやく見つけたコットンワークをご紹介します。
VAPE_電子タバコ

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント