節約したい人必見!VAPE自作リキッド安く作るとコストはいくら?

紙タバコやアイコスからVAPEに移行しようと思った理由は人それぞれあると思いますが、中には私のように「金が無い!でも完全にニコチン中毒!なので体のことなんてどうでもいい、少しでも安くニコチン補給したい!」「1ヶ月に15,000円以上もニコチン補給のために使えない」「もうこれ以上たばこが値上がりすると無理!」といった、単に経済的理由でVAPEに興味を持った人もいるはずです。

そんな私のような人は、アトマイザーやMODなんて安価で安定して長く使えるならそれで良くてハイエンドやレア物への物欲は皆無、とにかくリアルタバコよりもランニングコストを抑えてニコチンを補給することだけをVAPEに求めている。

しかし!市販リキッドを使っていたら、アイコスと比べてもそんなに安くなるわけではなく、下手するとアイコスや紙タバコと同じくらいコストがかかってしまうのが現状です。

そこで今回はいかに安く、まあまあ吸えるVAPEリキッドを自作するか、について考えてみたいと思います。

この記事は、VAPEリキッドを自作する方法を探している人、失敗しない自作リキッドの作り方を調べている人、お金を節約してVAPEを楽しむ方法を知りたい人に向けて書かれています。
スポンサーリンク
広告大

市販リキッドを吸った場合のVAPEのランニングコスト

市販されているリキッドは数多くあります。もちろん価格もまちまちで、まさにピンキリといえる状況ですが、ここでは平均的であろう30mlで2,000円のノンニコリキッドにニコチンベースを添加して吸った場合で考えてみましょう。

リキッド消費率も人それぞれですが、アイコスなどを一日1箱吸う程度のニコチン中毒者が、そこそこのアトマイザーで我慢せずに吸った場合、ニコチン添加した30mlのリキッドは1週間も持つことはないはずで、3日から5日間ほどで消費しているのではないでしょうか。

ミスリードしないように遠慮して仮に5日間も持ったとして、単純に計算して1ヶ月12,000円のリキッド代が必要で、それに加えてニコチンベース代、コイルやコットンなどの消耗品代、送料も必要なので、この時点でアイコスを1ヶ月に30箱吸うのと比べて、ほぼ同じランニングコストになっていますので、お金を節約してニコチン補給するためにVAPEに移行するのは間違いだと言えます。

つまりお金を節約してニコチン補給したいならVAPEリキッドを安価に自作する以外に方法はないのです。

いかに安くVAPEリキッドを自作するか

ではこれから、いかに安く、そしてまあまあ吸えるリキッドを自作するか、について、私の経験と感覚に基づいてご説明します。安いというだけで、まずいリキッドは吸い続けることが出来ませんので、まあまあ吸えるリキッドを自作する、安いから我慢出来るリキッドを自作する、というのがミソです。まずは自作リキッドに必要な材料をご紹介します。

リキッドのベースとなるグリセリン

安くリキッドを自作するなら外せないのがケンエーのグリセリンです。ファンタジーグリセリンはお金持ちになってから使いましょう。

ケンエーのグリセリンで作ったVAPEリキッドを吸っても、のどに刺激があるとか、咳き込むとか、何か変だということは起こらず、吸った感じだけでいえば、安くていつでも手に入るケンエーのグリセリンで十分だと思いました。

ケンエーのグリセリンは500mlで約1,000円でAmazonやドラッグストアで購入できます。送料は無料と考えて支障ありません。

リキッドの味を決める香料

リキッドを自作しようとする初心者にはフルーツ系の香料(フレーバー)がおすすめです。バニラ系の味を求めると多数の香料が必要なうえ簡単には答えが出せずリキッド沼にはまってしまいます。フルーツ系なら単一の香料を用意するだけで済むので安価に抑えることが出来ますし、複数フレーバーの調合割合を考える必要もなく、初心者でも簡単にリキッドを自作出来ます。

フルーツ系の中でも私が長く使っているのがcapella(カペラ)という香料メーカーのWild Cherry(ワイルドチェリー)とHoneydew Melon(ハニーデューメロン)です。この二つならどちらを選んでも失敗しないと思いますが、まずはじめに買うなら特に万人受けしやすいWild Cherry(ワイルドチェリー)から攻めてみましょう。

capella Wild Cherry 13ml 600円

これだけだと香りはあっても甘みがないので、同じくcapella(カペラ)のSuper Sweet (スーパースイート)13ml 1,080円も一緒に購入します。

この2つで送料200円(ゆうパケット)※VAPE CHKで購入した場合

計1880円です。

ニコチン中毒者に必須のニコチン含有リキッド

自作リキッドに添加するニコチン含有リキッドは国内では販売されていません。国内で買うことも他人から譲ってもらうことも、ショップのサービスで添加してもらうことも出来ません。

個人輸入で自分で自分が1ヶ月に使う量(ニコチン含有リキッド120mlまでとされていますが最終的には税関の判断)を用意する必要があります。ベースリキッドはグリセリンとPGの両方がありますが、使いやすさでPGベースを選ぶ人が多いですし私もPGベースを選んでいます。

有名なニコチン含有リキッドはVAPE CHKが輸入代行しているRastaVaporsのリキッドですが、60mlのPGベースリキッドに52mgのニコチンが含有されていて、送料を含めると7,500円ほどかかるので、イニシャル、ランニング共に安くリキッドを作りたいなら選択肢から外れます。

RastaVaporsのニコチン含有リキッド60mlのPGベースに52mg

代わりになるのがHILIQというメーカーのニコチン含有リキッドです。

PGベース120ml 50mg/mlのニコチン含有リキッドがUS$10.49、執筆時点のドル円112円で換算すると約1175円、送料が日本専門便US$11.6、同じく換算すると約1300円で計約2500円です。

フルーツ系リキッドのレシピ

レシピの前にダイソーで50ccの計量カップと、0.5cc刻みの目盛りがある注射器を購入しておきます。

近所のダイソーに小型軽量カップや注射器が売ってないならAmazonで安い計量カップやインジェクターを購入しましょう。

用意した軽量カップにケンエーのグリセリンを20cc、香料のワイルドチェリーを2.5ccから3cc、スーパースイートを4滴〜、そして注射器で計量したニコチン含有リキッドを0.5から0.7ccほど添加します。

これをシリンジや、今まで買ってて空になったリキッドボトルに入れて、よく振って混ぜて完成です。

特にスティーブする必要はありません。寝かせなくてもケミカルな味はしません。

ケンエーのグリセリンは精製水が混ぜてあるので粘度が低く、作ったリキッドはOCCを使ったアトマイザーでも吸うことが出来ます。

コストを計算してみましょう

  • ケンエーグリセリンは500ccが約1,000円なので、20ccで約40円
  • 香料はワイルドチェリーが13mlで送料込み800円なので2.5ccで約160円
  • スーパースイートは数滴しか使わないので、とりあえず多めに見積もって20円
  • ニコチンが120mlで2,500円なので1cc添加するとして約20円です。
つまり約25ccのフルーツ系リキッドの値段は240円!これを3日で消費するとしたら1ヶ月のリキッド代は2,400円、好きなだけ吸って1.5日で消費しても1ヶ月4,800円となります。

節約のためのVAPEならリキッドは自作するしかない

いかがでしょう。市販のリキッドがいかに高価か、リキッドを自作すればアイコスに比べて格安でニコチン補給出来る、ということがお分かりいただけたと思います。

実際には、自分の好みが固まれば香料は徳用サイズもあるのでさらにコストは下がります。

初めて自作する際には材料の他計量カップなどを用意する必要があり、面倒な気もするでしょうが、一度やってみれば通販で毎回リキッドを注文して受け取るより楽だと思うので、是非自作リキッドに挑戦して下さい。

ニコチン含有リキッド取扱い特記事項

ニコチン含有リキッドのニコチン濃度について

HILIQのニコチン含有リキッドをPGベース120ml 50mg/mlとしたのは、いつか高価なRastaVaporsのニコチン含有リキッドを購入する際、RastaVaporsのニコチン含有量が52mg/mlなので、何CC添加すれば良いのか戸惑わずに済むからです。

ニコチン含有リキッドの添加量について

このニコチン含有リキッドを0.5〜0.7cc添加するとしたのは、以前リアルタバコのニコチン5〜8mg、あるいはアイコスを吸っていた私が、チェーンスモークしても頭痛など起こさずに吸えて、ニコチン不足を感じない量です。webを見回して、たぶん多くの人に合う添加量だと考えていますが、人によっては0.3ccや1ccのほうが良いという場合もあると思うので適宜調整してください。

ニコチンは危険な毒物です

ニコチンは危険な毒物です。そんなもの吸い込んでる場合じゃないと思いますが、中毒者なので仕方ありません。

大事なことなので何回も言いますがニコチンは危険な毒物です。

ニコチン含有リキッドを他人が誤って口に入れないよう厳重に保管して下さい。万が一保存容器から液漏れすることも想定して、2重3重の液漏れ対策もしておきます。ニコチンは皮膚からも吸収されるので、ニコチン含有リキッドが皮膚に付着したら、すぐに十分に洗い流しましょう。

ニコチン含有リキッドの保存について

ニコチン含有リキッドは熱、光、湿度、空気に弱く、光や空気に曝されていると早く酸化して変色してしまうので、容器をしっかりと密閉して冷暗所に保存しましょう。冷蔵庫は保管の条件をクリアする場所ですが、くれぐれも他人が誤って口に入れないよう十分に注意しましょう。

ニコチン中毒者の私やあなたのせいで、誰かが被害者になることだけは絶対に避けなければなりません!

HILIQのニコチン含有リキッドについて

HILIQは中国に拠点があるメーカーです。アメリカに拠点があるRastaVaporsに比べ思いっきり安くニコチン含有リキッドを販売しています。私はVAPEをはじめた当初は怖くてRastaVaporsのニコチンを使っていました。

しかし、HILIQが登場してから数年が経過し、それでもHILIQのニコチンベース液についてネガティブな情報がwebに溢れるということもなく、使っている人もだんだん増えてきたので、私もHILIQに乗り換えました。

実際に使ってみて、特にRastaVaporsと違いは感じません。RastaVaporsとは作り方が違うと思いますが、元来毒物であるニコチンを摂取していることに変わりはなく、何が安全で危険か、という議論をするくらいならノンニコのリキッドで我慢するしかないだろうと考え、今はHILIQのニコチンベース液を使っています。※HILIQの各種VAPEリキッドは私は口に合わず吸えません。

私もHILIQのニコチンを使い始めて日が浅く、長期間使ってどうなるのか体感していないので半信半疑です。現状確実なニコチンの方が良い、どうしても中国産に抵抗がある人は、入手が面倒で高くつきますがRastaVaporsを選びましょう。

最後になりますが、20歳未満は紙タバコやアイコスを吸えないのと同じくニコチンを摂取しないでください。もちろん個人輸入で購入することもやめましょう。

さらに節約したい人は使うアトマイザーやコイルを選びましょう。使うOCCの抵抗値1.5Ω前後のアトマイザーならリキッド消費量を抑えることが可能です。おすすめはこちらのページで紹介しているAspireアスパイア K1 1.5ml BVC ガラスカトマイザーです。
安価でVAPE初心者にオススメのセット Aspireアスパイア K1 1.5ml BVC ガラスカトマイザー Aspir...
スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアしてもらえると嬉しいです♪

フォローお願いします!