赤外線

このコーナーでは身近なモノを赤外線で撮影して、その面白さを皆様にお伝えしたいと思います。掲載画像は、私が改造したビデオカメラで撮影したものですが、普通のビデオカメラに赤外線フィルターを取り付けるだけでも、ある程度は同じような撮影が出来る場合もあります。

スポンサーリンク
赤外線

衣服の素材による赤外線透視の違いを実験してみた

衣服が透視できる、下着が透けて見えるといわれる赤外線撮影ですが、本当に衣服が透視できて下着が透けて見えるのでしょうか。衣服にはポリエステルや綿、レーヨン、アセテートなど様々な素材が使われていますし、裏地がついていたり構造もいろいろです。肉眼...
2018.07.14
赤外線

なぜ白いブラウスは透けて見えるのか

肉眼やカラー撮影で見ると、白いブラウスは下着が透けてみえますが、黒いブラウスは下着が透けて見えることはありませんね。これはなぜでしょう?
2018.07.14
赤外線

なぜ空は青く夕焼け空は薄赤いのか

なぜ昼間の空は青く夕焼け空は薄赤いのかという疑問は、一見赤外線透視撮影には直接関係あるとは思えないのですが、可視光線と赤外線、それぞれの波長の特性を理解するためには参考になると思いますので、興味のある人は一度目を通しておいてください。 太...
2018.02.08
赤外線

なぜ鉛筆の芯は黒く、イチゴは赤く、ガラスは透明なのか

みなさんもなんとなくは想像できるはずですが、赤外線映像はモノクロです。(グリーンに見える映像は電気的に色つけて補正しているからで、その処理をキャンセルするとモノクロ映像になります) ビデオカメラでは赤外線があれば明るく、無けれ...
2018.02.08
赤外線

日向と日陰で赤外線透視効果に違いはあるのか

直射日光に被写体が照らされている場合と、被写体が日陰になっている場合での赤外線透視効果の違いを比較してみました。感覚的には直射日光に照らされた方が、布地が良く透ける気がしますが、同日の同時刻に場所を変えて比較撮影してみましたので結果をご覧下...
2018.02.08
赤外線

赤外線透視効果は天候によって変化します

屋外昼間の赤外線撮影で、快晴と曇りでは透け方に違いがあるのでしょうか。夏の暑い日差しに照らされた被写体は多くの赤外線にも照らされているはずですから、曇った日に比べればよく透けていると思ってしまいますが、実際にどのような違いがあるのか検証して...
2018.02.08
赤外線

赤外線透視効果は光源によって変わります

屋内イベント会場など太陽光線のない場所では、使用されている照明器具によって赤外線透視撮影効果がかなり違ってきます。 ここでは白熱球と蛍光灯を使用して、それぞれの透視効果の違いを検証してみました。また太陽光線下での赤外線透視映像と、どれ...
2018.07.14
赤外線

赤外線撮影で本当に布地が透けるのか

競泳水着や衣服が透けて見えると話題になった赤外線フィルターを使った赤外線撮影ですが、本当に布地が透けて見えるのか実験してみましょう。 布地の赤外線透視実験 綿100%のハンカチを利用して赤外線透視撮影をおこなってみましょ...
2018.07.14
赤外線

照明器具による赤外線発生量の違い

私たちを明るく照らす太陽光線には赤外線が含まれています。 つまり太陽から赤外線が発生しているということですね。 それでは人工的な明るさの元になる照明器具から赤外線は発生しているのでしょうか。 白熱球、蛍光灯、水銀灯を撮影し...
2018.08.08
赤外線

自動車のプライバシーガラスの断熱効果や車内の覗き見対策に効果があるのか

最近の車にはプライバシーガラスという、スモークフィルムを貼ったような色のガラスが標準で装備されてきました。 たしかに肉眼や通常のカラー撮影では車内の様子は分かりにくいですが、赤外線撮影からもプライバシーは守られているのでしょうか。 ...
2018.08.08
スポンサーリンク