自動車のプライバシーガラスの断熱効果や車内の覗き見対策に効果があるのか

最近の車にはプライバシーガラスという、スモークフィルムを貼ったような色のガラスが標準で装備されてきました。

たしかに肉眼や通常のカラー撮影では車内の様子は分かりにくいですが、赤外線撮影からもプライバシーは守られているのでしょうか。

真っ黒なスモークフィルムを3枚重ねて貼っても車内のプライバシーは守れない

プライバシーガラスを赤外線で撮影してみた

スモークフィルムと同様に黒い色がつけられて、肉眼やカラー撮影では車内の様子はほとんど分かりません。

車内温度上昇を防ぐために赤外線も吸収していると噂されるプライバシーガラスですが、実際にはどうでしょうか?

 

ビデオカメラのCCDに取り付けてある、赤外線をカットするフィルターを外して撮影してみました。

真っ黒なスモークフィルムを重ね貼りした車の車内を同様に撮影したときよりも周りの風景の映り込みが多いように見えます。

車内の様子も可視光線撮影映像とあまり変わらず、見えにくいです。

 

さらに赤外線だけしか通さない赤外線フィルターをカメラに取り付けて赤外線撮影をしてみました。

この状態でも車内の様子は可視光線撮影映像と変わらず見にくいですね。

周りの景色の映り込みも多いままです。

車内が暗く見えるのは赤外線が吸収されているためで、景色が映り込みは赤外線を反射しているためです。

このようにプライバシーガラスは赤外線の暗視撮影や透撮からもプライバシーを守ると共に、赤外線による車内温度上昇を防ぐ働きが、本当にあることが証明されました。

プライバシーガラスが使われている車なら、車内で何をやっていても、車外から丸見えにはなりません。

車内でいろいろな事をしたいなら、車内を赤外線盗撮されることを防止してくれて断熱効果もあるプライバシーガラスを使った車に乗りましょう。

赤外線

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント