衣服の素材による赤外線透視の違いを実験してみた

衣服が透視できる、下着が透けて見えるといわれる赤外線撮影ですが、本当に衣服が透視できて下着が透けて見えるのでしょうか。

衣服にはポリエステルや綿、レーヨン、アセテートなど様々な素材が使われていますし、裏地がついていたり構造もいろいろです。

肉眼で透けて見えない衣服が、赤外線で透けてしまうのか、噂の真相を探るべく、衣服の素材別赤外線透視実験を行いました。

ポリエステル系の衣服の透視実験

実験では下着に見立てた軍手を使い、赤外線で下着が透けて見えるのか、検証してみました。

黒色花柄スカート

黒色花柄ミニスカート

水色花柄スカート

このように、ポリエステル系素材の衣服は、赤外線撮影により、透けて下着が見えることが分かります。

いずれの衣服も肉眼では下着が透けて見えないように裏地がついているのですが、表地裏地とも赤外線撮影で透けてしまいます。

特に黒いポリエステル系衣服は、肉眼では透けて見えないため、素材自体を薄くして、夏場の暑さの中でも着心地を良くしていることが多いので、赤外線が透過しやすく、下着が見えやすくなっているようです。

シルク・綿系の衣服の透視実験

綿素材キャミワンピース

シルク素材白黒キュロットスカート

綿素材ピンクデニムパンツ

シルクや綿の素材で作られた衣服も、肉眼やカラー撮影では透けて見えなくても、赤外線撮影では透けて、下着が見えることが分かりました。

ただしデニムパンツのように、生地が厚い衣服は赤外線が衣服を透過しきれずに下着が透けて見えない場合もあります。

レーヨン系の衣服の透視実験

青柄ロングスカート

青色花柄キュロットスカート

レーヨン系の衣服は、肉眼やカラー撮影では全く透けない素材のため、下着が透けて見える心配がないため裏地が取付けられていない衣服が多いです。

しかしレーヨンも赤外線を吸収する素材ではないので、赤外線撮影の場合、生地の厚さによっては、裏地の取付けてあるポリエステル素材の衣服よりも良く透けて、下着が見えることもあります。

ウール・トリアセテート系の衣服の透視実験

ウール素材チェック柄スカート

トリアセテート素材濃紺スカート

冬物衣料に使われることが多い、ウールやトリアセテート素材は、赤外線撮影でも透けて見えることはありません。

赤外線撮影画像が黒っぽく見えているのは、赤外線を吸収しているからで、衣類の表面で赤外線が吸収されてしまうと衣類の中まで赤外線は届くことなく、結果的に仲が透けて見えないのです。

赤外線で透視撮影されてもウールやトリアセテート素材の衣服は下着が透けて見えないので安心です。

実験結果まとめ

全ての衣服に目を通していただいた事を前提にまとめてみますと、どんな衣服も肉眼やカラー撮影で、中の下着が透けない表地を使用していたり、表地は薄くて透けてしまうが裏地を取り付けて、下着が透けないようにしてあります。

また肌触りを良くする為に表地だけでも透けないが裏地を取り付けている場合もあります。

肉眼で下着が透けない他にも夏に適した通気性の良い衣服、冬に適した保温性の良い衣服等、様々なパターンがあり使っている素材もまた様々ですので、どんな衣服も赤外線撮影で透けて、下着が見えるわけでは無い事がお分かりいただけたと思います。

赤外線撮影で透けやすい衣服

あえて透けやすい衣服をあげるなら表地だけでは肉眼でも透けてしまうが裏地を取り付けてそれを防いでいる衣服といえます。

赤外線で薄い裏地さえ透視出来れば、当然表地は根本的に良く透けているのですから、かなりクリアに下着が透けて見えてしまいます。

薄い表地だけで肉眼では透けない生地を使用した衣服も同じでしたね。

赤外線撮影でも透けにくい衣服

反対に透けない衣服は、冬場の寒い時期に保温性を重視する為に繊維間の隙間を出来るだけ無くす目的で毛(ウール)やアクリル、アセテートを使用した衣服でした。

またこれらの繊維は濃紺色で染色した場合に赤外線を吸収して黒っぽくなり、その衣服の下にある下着まで赤外線が届かずに生地を薄くしても透けない事がお分かりいただけたでしょうか。(夏物学生服はこのパターンです)

これらのことから分かるように赤外線透視に適した季節は夏であり、それは夏に赤外線が多いのではなく、「透けやすい衣服が多いため」です。

逆に冬に着用する衣服には透けないものが多いために赤外線透視が難しいのであって、季節による赤外線の量と衣服の透けやすさは関係の無い事がご理解いただけたと思います。

一部の衣服は赤外線撮影で透けて見えることがある、ということが今回の透視実験で判明しました。

実験あとがき

私の好みも大いに影響していますが、いろいろなパターンの衣服を集めて実験してみました。

知人に「衣服の透視実験をするから貸してほしい」とも言えないので、仕方なくネットオークションで買い集めたのですが、素材や生地の 織り方等、実験内容をイメージしながら必要な衣服を手に入れるのはなかなか大変でした。

しかし実際の衣類を無視してハンカチ1枚だけで検証実験していては赤外線透視撮影は語れないと思い、苦労して(恥ずかしい思いをして)入手した衣服の透視実験ですのでみなさん是非参考にしてくださいね!

赤外線
この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント