厚さ3ミリの黒いプラ板を赤外線撮影してみた

この記事は約2分で読めます。

スモークフィルムのような薄い材質では簡単に赤外線が透過するのが お分かりになったと思います。

赤外線はスモークフィルムを透過するので車内が覗ける
真っ黒なスモークフィルムを3枚重ねて車のガラスに貼っても、ビデオカメラのCCDの赤外線カットフィルターを取り外して撮影されると車内は丸見えです。赤外線をカットするフィルムを張らないと車内で何をしているのかバレてしまうのでプライバシーは守られません。

では今度は3mm程の厚みがある黒いプラ板で実験してみましょう。

スポンサーリンク

黒いプラ板が赤外線撮影では透明なガラス状態に

かなり濃い色のついたサングラスのように、肉眼ではわずかに向こう側を見ることができるプラ板を用意しました。

カラー撮影ではただの黒いプラスチックの板のようです。

 

厚みのある材質ですし光の加減もありますが反対側(奥側)は肉眼では全く見えていません。

単純な事のようですが、このプラ板は可視光線を反射するので鏡のような作用をして、なおかつ可視光線を吸収するので黒く見え、わずかに可視光線を透過させるので反対側の景色が少し見えるという、複雑な性質を持っていることにご注目ください。

 

カメラのCCDに取り付けてある赤外線をカットするフィルターを外して撮影してみました。

プラ板の奥にある草が見えるようになりましたね。

プラ板が黒く見えているのは当然可視光線の情報です。その情報にプラスされるようにプラ板を透過して奥の草に反射し再びプラ板を透過してきた赤外線情報が記録されています。

 

さらに赤外線しか通さない赤外線フィルターをカメラに取り付けて撮影した映像です。

3mmの厚さでも赤外線が楽々と透過しているのがお分かりいただけると思います。

可視光線下ではガラスは透明です。この画像と同じですね。

ガラスには可視光線を吸収する物質が含まれていないために人間の目には透明に映ります。(反射作用で映り込む事は有ります)

このことから分かるようにテストしたプラ板には可視光線を吸収する物質は含まれているが、赤外線を吸収する物質は含まれていないということになります。

スポンサーリンク
赤外線
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

マイナーな記事を書いた人
sada

元整備士で機械に強く、現在はICT業界に身を置きスマホやPC関連アイテムにも精通しています。マイナーで掘り下げられていないモノや話題、一般ユーザーが気付きにくい商品の良し悪しや、ICT業界の裏側を取り上げて、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

マイナーナビをフォロー
マイナーナビをフォロー
マイナーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました