「壊れにくい・薄い・軽い」めっちゃ売れてる人気のiPhone用スマホケースはPITAKAピタカ

スマホケースって、いろいろあって、買う時にはすごく迷うんだけど、いくら迷って吟味して、大いに期待して買っても、「これだ!」というスマホケースに出会わない。

「ケースを取り付けていると何となく安心だから」「他に良いスマホケースがあるのか分からない」

というだけでスマホケースを使っている人がほとんどでしょう。

携帯ショップや家電量販店に並ぶスマホケースのパッケージだけ見てても、何が良いのかさっぱり分からない。

でも使いやすくて、スマホを落としても壊れにくいケースがほしい。

そんな、ちょっとした悩みを持つあなたに、今、めっちゃ売れていて買った人が大絶賛している人気のiPhone用スマホケースをご紹介します。

頑丈なスマホケースは使いにくいのが常識でした

スマホケースはスマホを落とした時に衝撃から守ってもらうために取り付けるもの。

落下の衝撃からスマホを守ることがスマホケースの第一の使命です。

スマホケースを取り付けているのにスマホを落としたら簡単に壊れてしまった、なんて笑い話にもなりません。

なので!

スマホケースはスマホを衝撃から守る為に頑丈な構造が求められます。

これまで売られていた頑丈なスマホケースは、強固な構造のために、分厚くて重くて持ちにくい、のが当たり前でした。

だから、持ちにくくて落としてしまったり、ポケットから取り出すときに引っ掛けて落としてしまったりすることがよくありました。

だから、分厚くて強固で持ちにくく取り出しにくいスマホケースは売れていませんでした。

そんな常識を覆したのが、軍事利用もされる素材を使った、軽くて薄いのに頑丈なPITAKAピタカのスマホケースです。

軍事用防弾チョッキ素材アラミド繊維を使った超薄・超軽・超頑丈スマホケースが登場

数えきれないほどのスマホケースが売られていて、アマゾンなどの通販サイトでもスマホケースが溢れかえっていて、ほとんどのスマホは購入者評価がパラパラと数件見受けられる程度です。

そんな中でAmazonカスタマーレビューが200を超え、そのほとんどが真正の購入者で、しかも多くの購入者が星5つ評価をしている、とんでもなく大人気の売れまくっているスマホケースがPITAKAピタカのスマホケースです。

  • ケース素材の薄さ:わずか0.65mmで、紙ぐらいの薄さに仕上げられています。
  • ケース重量:わずか14gで、ケースの重さを感じらないほど超軽量です。
  • ケース素材:アラミドファイバー

RITAKAピタカは極薄、最軽量で耐衝撃性に優れるスマホ用ケースですが、デザインが優れているのでどんな場面でも雰囲気を壊すことがないのも人気のひとつ。

アラミドファイバーという特殊な素材を使っているので、他のスマホケースに比べてお値段は少々高めですが、安くて手ごろなものを買って、満足できなくて買い替えることを繰り返し、気づけば数千円から1万円以上無駄にするなら、初めからピタカのスマホケースにするのが賢い選択だと思います。

 

iPhone XSやiPhone XR用のスマホケースもすでにPITAKAにラインナップされています。

 

アラミド繊維アラミドファイバーとは

アラミド繊維は、1960年代に登場したスーパー繊維で、3大合成繊維の一つナイロンと同じポリアミド(アミド結合によってできたポリマー)で、高機能繊維の一種です。

1974年に米連邦通商委員会がナイロンと区別してアラミドという一般名を与え、1977年に国際標準機構(ISO)が人造繊維の分類名称としました。

アラミド繊維は多くの優れた特徴をもち、タイヤの補強材、光ケーブルの補強材、プリント基板、防弾チョッキなどと共に、航空機やF1カーなどにも幅広く用いられています。

軽量・高強度
鋼材と比べると、重量は約5分の1、引っ張り強度は約7倍です。

高耐久性
錆びることなく、薬品や水、熱に強い素材です。

衝撃吸収性
衝撃吸収性に優れ、建造物の補強などに用いられています。

非磁性・非導電
磁化せず電気を通さないので、磁界や電流の影響を受ける構造物にも使われています。

電波透過性
電波を通すので電波の反射による悪影響を受けません。

RITAKAピタカのスマホケースに使われているアラミド繊維、アラミドファイバーの軽量さや頑丈さは、地球上で他に比べる物は無いとされています。

・購入2ヶ月で3回ほど地面に落としました。角に少し傷が入りましたがiPhoneX本体は無事でした。堅牢性も十分かと思います。

・機種変更をする度に購入しています。サポートなどの対応も良いので安心して購入しています品質も使用感も抜群です。落下させても傷一つ付きません。

PITAKA購入者の評価より

繊維だからサラサラなのになぜか滑りにくいスマホケース

RITAKAピタカのスマホケースは真空成型によって加工されたアラミドファイバーに特殊な3層コーティングを施して、サラサラした気持ち良い手触りなのに、うっかり滑り落としたりすることが少ない、今までにない感触のスマホケースです。

・手触り、薄さ、フィット感が最高のケースです。触っていたくなると言うフレーズには納得で、他の方のレビューで見た、「バナナの皮」という表現に頷きました。手に密着するのにサラサラです。

・触り心地なんですが、サラッとしてるのに滑るわけでもなく不思議な感触。是非一度触ってみてほしい感触です。

PITAKA購入者の評価より

アラミド繊維による裸同然のあり得ないほどの薄さと軽さを実現

これまでの頑丈なスマホケースは分厚いものばかりで、使いにくいのが当たり前でしたが、RITAKAピタカのケース素材の薄さはわずか0.65mmで、紙ぐらいの薄さに仕上げられています。

だからスマホにケースを取り付けても、スマホの裸同然の厚みのままです。

だから薄いので、ケースの重量は14gしかなく、ケースをスマホに取り付けても裸同然の軽さを実現しています。

どんなに頑丈なケースでもスマホにセットすると分厚くて重いなら使えません。

PITAKAのアラミドファイバーのスマホケースは、剛性の高さとスリムさを両立し、装着してもスマホ本体が大きくならず、重くならず、しっかり守ってくれくれるでしょう。

電波感度が落ちないスマホケース

アラミドファイバーに似たカーボンファイバー製のスマホケースは取り付けると電波感度が下がってしまう心配がありました。

しかしアラミドファイバーで作られたPITAKAピタカのスマホケースなら電波透過性に優れ、電波感度が下がってアンテナマークが減ることは一切ありません。

ワイヤレス充電や電子マネーにも対応

PITAKAピタカのスマホケースなら、ワイヤレス充電にも対応しています。

ただし、どんな粗悪なワイヤレス充電器でも充電できる事は保障されていないので、PITAKAのワイヤレス充電器など信頼できるワイヤレス充電器を使うことをおすすめします。

もちろんWiFiやナビのGPSや電子マネーなどの使用も問題ありません。

PITAKAピタカのスマホケースのカラーは黒だけじゃない

カーボンファイバーのスマホケースは基本は黒だけしかカラーの種類がありませんが、PITAKAピタカはアラミド繊維を使っているので、黒色以外にもカラーが用意されています。

自分のイメージに合ったスマホケースを選ぶことが出来るでしょう。

スマホを落としても本当に壊れないスマホケースなのか

PITAKAピタカのスマホケースがさまざまな点で他のスマホケースよりも優れている事はお分かりいただけたと思います。

安い、よくわからない、スマホケースを何個か試すくらいなら、PITAKAピタカのスマホケースをはじめから購入するのが賢い選択だというのも、何となく分かってもらえたと思います。

しかし、肝心なのは、最初にも言ったように、スマホケースを買う最大の目的は、スマホを衝撃から守ってもらう事です。

 

PITAKAピタカのスマホケースは本当にスマホを衝撃から守ってくれるのか?

 

その答えは、私一人の感想ではなく、Amazonでの購入者の多くが機種変更をしてもPITAKAピタカのスマホケースのリピーターであり、だから購入者レビューが200を超えるというとんでもない状況になっていて、つまりそれは、PITAKAピタカのスマホケースが他のスマホケースよりも優れているという明確な証です。

携帯ショップや家電量販でもスマホケースは売られていますが、実際に自分のスマホに取り付けて、手触りや質感、使いごこちを試すことは出来ません。

結局は、よくわからないまま買って、スマホに取り付けて初めて使い勝手の良し悪しが分かるし、初めてスマホを地面に落とした時にしか、スマホケースがスマホを守ってくれるのかは分かりません。

 

ならば、購入者のほとんどが満足している事が分かっているスマホケースを選ぶ事が間違いではないことを、iPhone用スマホケース選びに迷っているあなたにお伝えしたいと思います。

 

どんな落とし方でも絶対にスマホが壊れないなんて無茶な事を、私もメーカーも保障なんてしませんが、他のスマホケースに比べアラミド繊維で出来たスマホケースは頑丈だという事をご理解いただけると幸いです。

車載スマホホルダーに簡単に取り付ける事が出来る

ここで紹介しているPITAKAのMagcaseシリーズは、PITAKAの車載用スマホホルダーに簡単に取り付ける事が出来るよう、あらかじめメタルプレートが内臓されています。

PITAKAの車載用スマホホルダーもスマホケース同様に優れたアイテムで、PITAKAの車載用スマホホルダーが使いたいからPITAKAのスマホケースを使っている人も少なくありません。

スマホのナビを使っているドライバーは、スマホホルダーの記事もあわせてお読みいただくと幸いです。

車載スマホホルダーはエアコン吹き出し口に取り付けるタイプが使いやすい
エアコン吹き出し口に取り付けてマグネット式でスマホが脱着出来る車載用スマホホルダーをご紹介します。冷房用エアコン吹き出し口は通常運転席の左右にあります。そして吹き出し口の高さもスマホを取り付けるのにちょうど良い高さにあることが多いです。なので、ドライバーに近い場所で操作がしやすく、運転中にもっともスマホ画面を見やすい位置にスマホを取り付けることが出来ます。

PITAKAというメーカーについて

多くの人が聞きなれないPITAKAというメーカーですが、本社は今世界中でもっとも熱いシンセンにある中国メーカーです。

中国メーカーですが、購入者の多くがPITAKAの顧客対応に満足しています。

これは他のデジタルガジェットと同じく、メイドインジャパンよりも品質が高く、顧客対応も日本企業よりもはるかに優れている一例です。

AmazonでPITAKAのスマホケースを販売しているのも、PITAKAのオンラインショップで、ショップ評価も驚異的に高いです。

最近流行りの、日本人が中国のタオパオでクソ安い80円くらいのスマホケースを買って輸入して、1000円で売り飛ばしているような、程度の低い商品ではありません。だからステマレビューもありません。

PITAKAはハイエンド素材とテクノロジを活かして、人々の日常的な携帯品質を向上することに力を入れているブランドです。

この時代の人々は醜い、重い、そして分厚いものを持ち運ぶべきではない、物自身の優しさを感じるべきだと信じております。

弊社は物の重さと厚さを減らすことで、快適な肌触りをもたらすと同時に、もっと心地よい携帯体験を提供できます。

この全ては究極の材料選択と革新的な技術がないと達成することができません。

お客様に素敵な携帯体験やサビースを努力重ねて頑張ってまいります、PITAKAブランドをご支持のほどよろしくお願い申し上げます。

PitakaDirectのストアフロントより

昔の古き良き日本の職人が持っていた、物作りへの強いこだわりを感じる事ができるPITAKA

これからも良いものを作ってくれるPITAKAの製品は注目され続けるでしょう。

ライフハック
この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント