Amazon Link Builderでアマゾン商品リンクを作ってみた

amazonアソシエイトのツールをチェックしていたら、いつの間にかamazon公式のwordpressプラグインAmazon Link Builderというアマゾン商品リンク作成ツールがあったので早速使ってみた。

amazon純正の商品リンク作成ツールなので、使いやすさとかデザインとか、かなり期待してテストしたのですが、その結果はいかに。

Amazon Link Builderは現在はベータ版として提供されているので、今後も仕様が変更される場合があることをあらかじめご了承願います。

wordpressプラグインAmazon Link Builderをインストール

wordpressのいつものプラグイン新規追加画面でAmazon Link Builderを検索、インストールして有効化します。

wordpressのプラグイン追加画面でAmazon Link Builderを追加

Amazon Link Builderの初期設定の方法

有効化したらSettingsから初期設定をします。

Amazon Link Builderのセッティングメニューは現在は日本語表記ではありません。

初期設定の内容は国(jp)の選択の他にアクセスキーID、シークレットキー、トラッキングIDというamazonのAPIを利用するのに必要な項目だけです。

Default Template(基本のレイアウト)はとりあえずそのままでOK

Downloads Folderは変更する必要はなし。

Accsess Key IDはいつものアクセスキーID、Secret Access Keyもいつものシークレットキーを入力します。

国の選択とトラッキングIDの入力はAdd a Marketplaceをクリックすると画面が展開するので、その画面で選択と入力をします。

Add a Marketplaceをクリックして展開した画面で国(jp)を選択して、その横のフォームにトラッキングIDを入力します。

これで初期設定は完了です。

最後に一番下のCheck here to indicate that…のチェックボックスにチェックを入れて、Save  changesをクリックして設定保存するとアマゾン商品リンク作成の準備完了です。

Check here to indicate that…のチェックボックスにチェックを入れないとSave  changesをクリックする事が出来ません。

Amazon Link Builderの使い方

正しく初期設定が完了すると新規投稿画面にAmazon Link Builderのキーワード入力欄と商品検索のボタンが追加されています。

Amazon Link Builderのキーワード入力欄に掲載したい商品の名称などを入力して、Searchボタンをクリックしましょう。

するとキーワードに関連した商品が表示されるので、商品リンクを作成したい商品を選択してAdd Shortcodeをクリックすると、先ほどの投稿画面にamazon商品リンクのショートコードが追加されます。

以上で商品リンクの作成は完了です。

商品リンクのデザインを確認してみましょう。

Amazon Link Builderで作った商品リンクのデザインを確認

Amazon Link Builderで作った商品リンクの基本のデザインです。

まずはPC版ブラウザでの表示デザインです。

Amazon Link Builderで作った商品リンクのPC版ブラウザでの表示デザイン

Products from Amazon.co.jpという見出しも一緒に挿入されてしまいます。

この見出しは消すことが出来るので、その方法は後でご紹介します。

次にスマホ版ブラウザでの表示デザインです。

 

PC版ブラウザの表示と大きく変わりませんが、商品タイトルの表示文字数が少なくなっています。

スマホ、PCともに価格が赤字でしっかり表示されること、Prime表示されるところが、他のサードパーティが提供するamazon商品リンクとの違いといえます。

やはり、APIを利用した商品リンクは、価格表示が必須の流れになるのかもしれません。

Amazon Link Builderの見出しを消す方法

Products from Amazon.co.jpという見出しを商品リンクに強制的に追加されてしまうと使いにくくて困ります。

Products from Amazon.co.jpという見出しは商品リンクのショートコード作成時に消す事が出来るので、その方法をご説明します。

商品選択画面でAd TemplateからProductAdを選択してからショートコードを作成します。

Ad TemplateメニューからProductAdを選択して作成した商品リンクの表示デザインを確認すると、見出しが挿入されていないことが分かります。

Products from Amazon.co.jpという見出しが消えた商品リンク

これでシンプルな商品リンクが作れる事が分かりましたが、忘れてはいけないのがAMPページに対応しているかです。

最近は私のサイトでもAMPページとして閲覧されることが多く、いかにAMPページでしっかりアピール出来るかがamazon商品リンクの課題であり、amazonが公式に用意した商品リンクなのでAMPページでも見やすく表示してくれるはず、と期待したのですが…

Amazon Link BuilderはAMPページ非対応だった!

残念ながらAmazon Link Builderは現在のバージョンではAMPページには対応していません。

スマホ版のブラウザでAMPページで表示した場合は次のような商品リンクになってしまいます。

このようにAMPページではテキストリンクだけで、残念ながら効果的な商品リンクであるとは言えません。

Amazon Link Builderの総評

ご紹介したようにAmazon Link Builderは現状では不完全な商品リンクです。

Amazon Link Builderが特に使いにくいところ

商品タイトルを任意に変更出来ず、さらにはスマホ版ブラウザでは商品タイトルの表示文字数が少なすぎて、どんな商品なのか見ても分からない場合がある。

これは他のサードパーティが提供しているamazon商品リンクと比べると致命的です。

そしてAMPページに対応していなくて、AMPページだとテキストリンクだけしか表示されない。

AMPページに完全対応しているamazon商品は無料のwordpressテーマcocoonに実装されているamazon商品リンク以外には、私は知らないので、アマゾンが公式に提供するAmazon Link BuilderならAMPページに完全対応してくれているかと期待しましたが、そう簡単にはAMPページには対応出来ないようですね。

価格が赤字でしっかり表示されること、Prime表示されるところなどは好印象なので、ベータ版から正式版になる時には、そのあたり改良されることを願うばかりです。

Cocoonがついにamazon商品リンクに価格表示出来るようになった!
ついに!無料なのに凄すぎるwordpressテーマのCocoonが、バージョン1.1.6で価格表示も出来てAMPページにも完全対応しているamazon商品リンクが作れる機能を用意してくれました!ただし価格情報の間隔を短く設定すると、場合によってはamazonのAPI利用制限に引っかかり、商品リンクが機能しなくなるので注意が必要です。
CocoonのAmazon商品リンク機能とWPアソシエイトポストR2を比べてみた
CocoonのAmazon商品リンクとWPアソシエイトポストR2のアマゾン商品リンクを比較しました。商品リンク自体のサイズや価格表示の有無、AMPページへの対応の有無、リンクボタンの飛び先などいろいろ違いもあるので、自分のページに合うAmazon商品リンクを選ぶ際の参考にしてください。
WPアソシエイトポストR2で美しいAmazon商品リンクが無料で作れる
スマホ表示でもすごく見やすい。神レベルのAmazon商品リンクをWPアソシエイトポストR2で誰でも一瞬で作れる方法を解説する。すごい事なので何回も言うが、完全に無料で、提供元へのリンク表示も不要だ。そしてWPアソシエイトポストR2は勝手に情報を更新して商品リンクを表示してくれる。本当に無料なのか?と疑ってしまうほど凄いツールです。
ICT関連
この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント