WPアソシエイトポストR2で美しいAmazon商品リンクが無料で作れる

このサイトではAmazonの商品リンクを設置して、訪問いただく方々に、私が本当に良い、安い、早く届くと思った物をご紹介しています。

Amazonでは、レビューを金で買って、評価をねつ造する販売店もウジャウジャいますが、私はステマレビュー判定員(自称)なので、皆様に変な物をおススメすることはなく、私のおすすめするAmazonの商品はきっと皆様のお役に立つと考えています。

そう思って商品を紹介するのですが、実は、見てもらいやすい商品紹介のリンクを作ることが何よりも面倒で困っていました。

Amazonの商品を素晴らしく紹介しやすいツールが登場した!

これまでは、皆様にAmazonの商品をご紹介する時には、Amazon標準のパッとしない小さくて見にくい商品リンク

Amazonの商品ページへのテキストリンクを自分で作っていました。

ええ、もちろん、イマイチぱっとしないのは分かっていました。

探せばもっとしっかりアピールするやり方もあるでしょう。

でも、自分が本当に良いと思って紹介するものは、どうであれ、リンクさえしてれば、見に行ってもらえるはずで、無理に見に行ってもらうための小技を使う必要を感じていませんでした。

だいたいからして、昔から記事を書いているおっさんは、見た目よりも内容だろ!という、今の時代には全く通用しない信念を大事にしている。

真剣にブログで小遣い稼ぎしている人たちのサイトを見ると、

カエレバから提供されている見栄えの良い商品リンクを利用していたりするが、私はそんなサービスに登録して、サービス提供元へのリンクをいちいち挿入されるのが嫌で、見た目のためだけに利用したいとは思えませんでした。

なにより、いくらどんなにAmazonの商品を紹介したところで、紹介手数料は2%とかです。

たったの2%!?たとえば2,000円のイヤホンを5,000字書いて紹介して、買ってもらっても40円もらえるだけ。(その40円すら手に入れるのは困難という現実)

そんな小銭のためにそこまでやる気にならないし、どっちかっていうと、「おお、本当に良いものを紹介してくれてサンキュー!」「海外製の商品も良いものがあるね!」「日本メーカーって馬鹿な役員たちのせいで最近クズだね!」という声のほうがよほど値打ちあるという考えです。

なので、Amazonで小遣い稼ぎするために、見た目の良いページを作りたいのはやまやまだけど、見た目を良くすることに時間かけれないし、そんな時間あるなら記事を書くのが先、ということで、私はAmazonの標準の商品リンクかテキストリンクをぱっぱと設置していたのです。

Amazonアソシエイト最強ツールWPアソシエイトポストR2が出た!

そんな面倒くさがりのおっさんでも簡単に見栄えの良いAmazon商品リンクが作成出来るツールが登場しました。

その名も「WPアソシエイトポストR2

このWPアソシエイトR2を使って作れるAmazon商品リンクがこちら

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B071LPFL4S” title=”Greatever カンタンに暑中症対策 超冷感タオル 極冷iceタオル ボトル携帯 持ち運び大便利 UVカット…” search=”Greatever タオル”]

まあどうでしょう!?このクオリティの商品リンクが本当に簡単に、なんなら10秒以内に設置出来るんです。

 

しかも完全に無料で使える!

 

なのにサービス元へのウザいリンクも無し!

 

マジか!!!おっさんかなり驚いている!

 

PCで読んでくれている人のために、スマホ表示のスクショがこちら↓

WPアソシエイトポストR2が勝手に作ってくれたスマホ表示用の商品リンク例

スマホ表示でもすごく見やすい。めっちゃ洗練されているデザイン。

こんな神レベルのAmazon商品リンクがWPアソシエイトポストR2で誰でも一瞬で作れる。

 

すごい事なので何回も言うが、完全に無料で、提供元へのリンク表示も不要だ。

 

実は元々はWPアソシエイトポストR2は俺のような貧乏人には買えない有料のツールだった。

そりゃそうでしょう。こんなの初めから無料で作ってくれるほど世の中は甘くない。

でもいろいろあって、いっぱい考えてくれて、男前にカッコよく潔く、何も我々に強要せずに、無料でリンクも挿入せず、有料版の機能制限版でもなく、今後も改良を続けてバージョンアップしてくれるのに無料化してくれた。

wordpressの素晴らしく使いやすい優れたテーマcocoonを無料で提供してくれた、わいひら氏と同じくらい、WPアソシエイトポストR2を完全無料化してくれた提供元の平野 順也氏や前平 敏志氏をはじめとする関係者各位は歴史に名を残す。

あなたのブログの収益を加速する | WPアソシエイトポスト
WordPressブログに、Amazonアソシエイト(アフィリエイト)と楽天アフィリエイトをかんたんに導入する、あなたのブログの収益を加速するツール【WPアソシエイトポスト】

WPアソシエイトポストR2がAmazon商品リンクを作成するのに、世界中で一番優れているのは、もう誰が見ても明らか。

実は同じタイミングで他の有料ツールも無料化されたので試しに使ってみたが、WPアソシエイトポストR2の凄さは他を圧倒していた。

自分で自信を持って一番優れていると言っているので、他の無料化されたAmazon商品リンク作成ツールをSEO目的で紹介する気は全くない。

 

なんというか、他の無料化されたAmazon商品リンク作成ツールは、有料販売をやめさせられた経緯をグチグチ書いて、読んでいて気持ちよくなかった。

せっかくツール売って儲かってたのに嫌々だけど無料で使わせるしかないという怨念がにじみ出ていた。

 

WPアソシエイトポストR2だって、そりゃこれからも儲けたかっただろう。

その儲けを原資にもっと良いサービスを開発しようとしていたはず。(任意の支援金は絶賛受付中です。)

望まずに無料化させられ、儲けをむしり取られた苦悩は簡単に理解できるが、WPアソシエイトポストR2の関係者の前向きな選択は称賛に値するでしょう。

だからWPアソシエイトポストR2は、ページ製作者にとっても、ページを読んでくれる人にも、一番使いやすいAmazon商品リンク作成ツールになったのです。

WPアソシエイトポストR2の使い方を解説

ではここからはWPアソシエイトポストR2の使い方をご説明していきます。(提供元ページを見れば分かりそうなことは省略します。)

wordpressの標準プラグインとしてインストール可能

WPアソシエイトポストR2はどこかのwebサイトにアクセスしてリンクを作るなんて、面倒なことは必要なし。

wordpressを使ってページを作成している人は、wordpressのプラグイン新規追加で「WPアソシエイトポストR2」と検索してインストール、そして有効化します。

Amazonと楽天のIDを用意して入力

WPアソシエイトポストR2をインストールして有効化して、必要な内容を入力します。

WPアソシエイトポストR2にAmazonと楽天のIDなどを入力する画面

  1. 「Amazonアソシエイトリンクを有効にする」にチェックを入れる。
  2. AmazonのアクセスキーID、シークレットアクセスキー、トラッキングIDを取得して入力(Bitly関係は不要)
  3. 「楽天アフィリエイトのリンクを有効にする」にチェックを入れる。
  4. アプリID、アフィリエイトIDを取得して入力

WPアソシエイトポストR2を使うための準備は以上です。

楽天アフィリエイトのリンクは有効にしなくてもリンク作成上は問題ありません。他にもyahooショッピングなどへのリンクも作成できますが、日本でyahooショッピングを利用する人はいないので無視してください。競争力のないショッピングサイトにリンクを流してやる必要はありません。

インストールして初期設定が済んだら記事を作成する画面に移動してください。

今まで「メディアを追加」するボタンの横に「商品リンクを追加」ボタンが増えています。

Amazon商品リンクを作る方法

Amazon商品リンクを作る方法は簡単です。

商品リンクを追加したい部分にカーソルを置いて、「商品リンクを追加」ボタンをクリックします。

記事を書く画面から1発で商品リンク作成メニューを呼び出す事が出来るのでとても便利

表示されたフォームに商品名などを入力して検索ボタンをクリックすると、Amazonの関連商品が表示されます。(楽天の商品リストではない)

WPアソシエイトポストR2のAmazon商品検索結果

ここで見ておくべきは、Amazonでの紹介報酬料率です。実はAmazonでは同じ商品でも出品カテゴリによって紹介料率が異なるということがよくあります。どうせなら紹介料率が高い商品を選びたい人にはとても優れた機能でしょう。

紹介したい商品があれば選択します。

商品リンクのプレビュー画面で楽天市場用の検索キーワードを設定できる。

商品リンクの見た目は変更出来ますが、標準の形が一番無難なので、「挿入してウィンドウを閉じる」をクリックして商品リンクの作成は完了です。

きっとここまで10秒もかかっていません。

「検索キーワード設定」はAmazonの商品リンクしか設定していない場合は表示されません。
完成した商品リンクの楽天市場のボタンをクリックすると、表示されるのは楽天市場のサイトを設定したキーワードで絞り込んだ結果のページです。Amazonは商品直撃のリンク、楽天は商品検索結果へのリンクになります。楽天の検索結果が意図するものであるかは、「楽天市場で検索」ボタンであらかじめ確認しておきましょう。

Amazonで商品を厳選してからリンクを作る場合

もうすでに紹介したい商品が決まっている場合はWPアソシエイトポストR2の検索欄に、Amazonで選んだ商品のタイトルを長めに選択してコピペして検索します。

そうすることで自分が意図した商品を紹介出来ます。

Amazonでは同じ商品でも怪しいものが混ざって販売されていたりするので、そんな物を選択して紹介してしまわないためにも、まずは紹介する商品を厳選してから、商品リンクを作りましょう。

この場合も楽天市場用にはそれらしい検索キーワードを設定しますが、私は自分が良いと思わない物が紹介されてしまうかもしれないので、楽天市場へのリンクは殆ど使いません。

以上、ほんとに他には何もすることなくAmazon商品リンクが作成されましたね。

WPアソシエイトポストR2の激しく凄い部分

WPアソシエイトポストR2の激しく凄い部分はココです。

WPアソシエイトポストR2は定期的にリンク先の情報を確認して表示内容を更新してくれる。

価格とリンクが作成された日時が表示されています。

私はこれを見て「作成日時なんて入れられていると、放置してたりすると日付が古くなって誰もクリックしなくなるやん」とか、価格って毎日変えてくる販売店あるから、表示されているのも考えもんなんだよね」と思っていました。

 

がしかし!何日かすると、WPアソシエイトポストR2は新しい情報を見に行ってくれて、勝手に最新情報に書き換えてくれます!(○○時点の日付が新しくなる)

 

うおぉ!すげー!!勝手にいつも最新の商品リンク!!価格も最新!!ブラボー!!

 

ほんまにこんなすごいツールが無料で使えてよいのか?

タダほど高いものはない。

きっとそのうち、甘い汁をたっぷり吸わされてから、けつの毛までキッチリむしり取られるでしょう。おっさんの人生はいつもそうでした。

じゃなければ、WPアソシエイトポストR2は高機能過ぎてヤバいです。

WPアソシエイトポストR2の注意点など

WPアソシエイトポストR2は基本的に何もせずに簡単にきれいで見やすいAmazon商品リンクを作成してくれます。

美しさのためにCSSの知識なんて一切不要です。

もっとカッコよくしたければデザイン料を別途よこせ、なんてセコいことも言わず、誰もが納得の商品リンクを作ってくれるでしょう。

でも、私が遭遇したトラブルが一つだけあります。

プラグインのバージョンアップにご注意

それは、WPアソシエイトポストR2のプラグインをバージョンアップしたら、今までの商品リンクが表示されなくなって、全ての商品リンクを1から作り直すことになりました。

今まで、プラグインのバージョンアップは、wordpressのダッシュボードで促されるままに更新ボタンを押してきて、バージョンアップしたせいでトラブルになったプラグインは皆無だったので、WPアソシエイトポストR2のプラグインのバージョンアップの際にも何も考えずに更新ボタンをクリックしてしまったのです。

きっと多くの利用者が私と同じ失敗をします。

せっかく作った商品リンクが使えなくなる事を防ぐために、WPアソシエイトポストR2バージョンアップの際には提供元の情報を事前に確認してから行う事を強くおすすめしておきます。

他の無料ツールが優れているといわれる部分を比較

他の無料商品リンク作成ツールは、私が試した結果、使い物にならないと言いましたが、他の人にとっては神ツールと言われるかもしれない部分は、作成した商品リンクの保存機能の有無です。

他の商品リンク作成ツールには一度作った商品リンクを保存管理する機能があり、それが便利だというのですが、私にはそんなの全く便利でもない。

何ページにも、どこのページにも同じAmazonの商品リンクなんて設置します?

どんだけ推すねん。

成果報酬1万円の商材ならそうするかもしれませんが、Amazonで売っている商品を数パーセントの紹介報酬でそこまで熱心に売ろうとする人はほとんどいないでしょ?

私もたまには違うページで他のページで紹介した商品を再び紹介することもあります。

そこで商品リンク保存機能があれば良いのに、っていうこと考える前に、そのページにいってソースコードコピーするだけでいいやん。

っていうかもう一度同じ商品リンクをWPアソシエイトポストR2で10秒で作ればいい。

今の若い人たちは、そんな事まで至れり尽くせりしてもらわないと便利だと思わないのだろうか?

おっさんは逆に、保存してる商品リンク探すほうが面倒くさいんだけど。

 

それにwordpressの高機能無料テーマcocoonなら、何回も使うアフィリエイトコードをショートコード化してくれる機能があるから、それを使うほうが楽だし。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

 

ってことで、他の、有料だったけど無料になったAmazon商品リンク作成ツールを使う理由はないから、安心してWPアソシエイトポストR2を使ってください。

それが時間を最大限有効に使うということです。

WPアソシエイトポストR2最大の弱点

ここまで、完全に褒めちぎりのWPアソシエイトポストR2ですが、実は最大の弱点があります。

それは、

 

AMPページでは簡易表示しか出来ない。

 

という事です。

AMPページでは次のような表示になってしまいます。

最近はAMPページで閲覧されていることも多くなっているので、是非ともAPMページでも同じレイアウトを維持してほしいです。

しかしこの弱点をどう捉えるかは人それぞれでしょう。

無料だし、何より全く手間をかけずに簡単にamazonの商品リンクが設置出来る。

最新の商品情報に自動で更新してくれる。

これはなかなか捨てがたいメリットです。

もし今まで使っていた商品リンクと比べて、リンクのクリック率が落ちるなら、元に戻す。

変わらないなら、しばらくはWPアソシエイトポストR2を使う。

そう考えるのも一つでしょう。

ちなみに私の場合はWPアソシエイトポストR2に変えて、成果が落ちたという事はなく、むしろ商品リンクを作りやすくなったり、紹介料率の高いリンクが設置出来るようになったりで、成果は伸びています。

なのでもうしばらくはWPアソシエイトポストR2を使いながら、AMPページ対応してくれる事を願っています。

Cocoonがついにamazon商品リンクに価格表示出来るようになった!
ついに!無料なのに凄すぎるwordpressテーマのCocoonが、バージョン1.1.6で価格表示も出来てAMPページにも完全対応しているamazon商品リンクが作れる機能を用意してくれました!ただし価格情報の間隔を短く設定すると、場合によってはamazonのAPI利用制限に引っかかり、商品リンクが機能しなくなるので注意が必要です。
CocoonのAmazon商品リンク機能とWPアソシエイトポストR2を比べてみた
CocoonのAmazon商品リンクとWPアソシエイトポストR2のアマゾン商品リンクを比較しました。商品リンク自体のサイズや価格表示の有無、AMPページへの対応の有無、リンクボタンの飛び先などいろいろ違いもあるので、自分のページに合うAmazon商品リンクを選ぶ際の参考にしてください。
Amazon Link Builderでアマゾン商品リンクを作ってみた
amazon公式のwordpressプラグインAmazon Link Builderというアマゾン商品リンク作成ツールがあったので早速使ってみた。プラグインのインストールから初期設定、商品リンクのショートコード作成、そして投稿への挿入を分かりやすく解説。さらに不要な見出しを消す方法もご紹介しています。
ICT関連

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント