CocoonのAmazon商品リンク機能とWPアソシエイトポストR2を比べてみた

この記事は、私がCocoonの価格表示に感じていたデメリットをCocoon作者わいひら氏が迅速に対応してくれたおかげでほとんどの比較項目が古い情報になってしまった事をご了承願います。

Amazon商品リンクを作成するには、Amazonの標準リンクを使うか、AmazonのAPIを利用するリンク作成ツールを使うことになります。

AmazonのAPIを利用するリンク作成ツールとしては、WPアソシエイトポストR2が大変使いやすく私も利用させてもらっていますが、ただ一つのデメリットとしてAMPページではデザインがなくなってしまいます。

WPアソシエイトポストR2で美しいAmazon商品リンクが無料で作れる
スマホ表示でもすごく見やすい。神レベルのAmazon商品リンクをWPアソシエイトポストR2で誰でも一瞬で作れる方法を解説する。すごい事なので何回も言うが、完全に無料で、提供元へのリンク表示も不要だ。そしてWPアソシエイトポストR2は勝手に情報を更新して商品リンクを表示してくれる。本当に無料なのか?と疑ってしまうほど凄いツールです。

AMPページでもデザインが崩れないAmazon商品リンクは、無料のワードプレステーマで有名なCocoonに搭載されているAmazon商品リンクショートコードを利用すると簡単に作る事ができます。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

Cocoonに搭載されているAmazon商品リンクショートコードを利用するか、WPアソシエイトポストR2を利用するか、どちらも一長一短あり、悩ましくもあるので、リンクデザインや表示内容を比較しました。

CocoonのAmazon商品リンク機能について

CocoonのAmazon商品リンク作成機能は説明を読むと利用するのがなんとなく難しそうなのですが、分かってしまえばとても簡単です。

CocoonのAmazon商品リンク機能の使い方

まず最初にWPアソシエイトポストR2と同じようにAmazonのアクセスキーID 、シークレットキー、トラッキングIDを取得してCocoonのAPIメニューに入力します。

楽天のアフィリエイトIDを持っているなら、同じようにAPIメニューに入力しておきます。

次にCocoonのAmazon商品リンクショートコードをボタン一発で作成するブックマークレットを作ります。

CocoonのAmazon商品リンクショートコードをボタン一発で作成するブックマークレットを作った
CocoonのAmazon商品紹介用ショートコードを自動作成するブックマークレットを作りました。カエレバやヨメレバのかわりにCocoonの機能を使う人は便利かと思います。

これでCocoonのAmazon商品リンク機能を使う準備が完了です。

ブックマークレットとか、なんだか面倒くさいなあ、WPアソシエイトポストR2ならそんな面倒なことしなくて良いのになあ、と思っていましたが、やってみると簡単でした。

Amazonで商品を選びショートコードを貼り付ける

Amazonで良さげな商品のページを見つけたら、作っておいたブックマークレットを使ってショートコードを作成します。

作成したショートコードをCocoonの投稿の編集画面の任意の場所に記述すると、公開したページにAmazonの商品リンクが表示されています。

これだけで、アマゾン商品リンクのショートコードの挿入は完了です。

ブックマークレットで取得したショートコード一切を改変せずにCocoonの投稿の編集画面に貼り付けただけのAmazon商品リンクはこれです↓

CocoonのAmazon商品リンク(PCのブラウザでの表示)

CocoonのAmazon商品リンク(スマホのブラウザでの表示)

そしてAMPページでもスマホのブラウザでの表示ままで、さすがAMPにも造詣の深い、わいひら氏が作ったワードプレステーマCocoonの機能、ぬかりがありません。

WPアソシエイトポストR2とCocoonのAmazon商品リンクを比較

WPアソシエイトポストR2のアマゾン商品リンク(PCのブラウザでの表示)

先ほどのCocoonで作ったアマゾン商品リンク(PCのブラウザでの表示)と比べてみます。


WPアソシエイトポストR2のアマゾン商品リンク(スマホのブラウザでの表示)

先ほどのCocoonで作ったアマゾン商品リンク(スマホのブラウザでの表示)と比べてみます。

いかがでしょうか。CocoonのAmazon商品リンクの方がWPアソシエイトポストR2のAmazon商品リンクよりもPC、スマホともサイズが大きい事がお分かりでしょうか。

Cocoonもバージョン1.1.7からスマホ版ブラウザで表示した場合にリンクボタンが2つ横並びに配置されるようになりました。価格表示共々わいひら氏は私のリクエストを全て叶えてくれました。
Cocoonの商品リンクのデザインがコンパクトで見やすくなって最強になった!
無料のwordpressテーマCocoonの商品リンク機能は、AMPページでもデザインが変わらず価格表示や独自コメント表示が出来て、しかもスマホでもPCでも見やすい、最も優れた商品リンクになりました。もうカエレバなどの商品リンク作成サービスを利用する必要性は皆無となりました。
WPアソシエイトポストR2は商品リンクのデザインを選ぶ事が可能ですが、この記事で作っているリンクが標準的なデザインで、他のデザインはあまり使う機会がないデザインです。
CocoonのAmazon商品リンクは商品画像の大きさなどをSMLの3段階に変更出来ます。この記事で作ったのは標準のMサイズで、SやLはあまり使う機会がないサイズです。

情報はなんでもデカい方が見やすいとは思うんだけど、特にスマホだとCocoonのAmazon商品リンクは、画面全面に商品リンクが表示されてしまい、他の情報は一切見えない。

これは見る人の好みであったり、どういうページのどういう意図の商品紹介なのか、という、いろんな要素が絡んで一概には言えないが、個人的にはWPアソシエイトポストR2の商品リンクの方がコンパクトかつ見やすと思う。

商品リンクのデカさ以外にもいろいろ違いがある

商品リンクの大きさが違うのは一目瞭然で、どちらが良いかは、答えが出しにくい。

しかし、デカさ以外にも違いがある。

Cocoonのアマゾン商品リンクには価格表示がない

私がCocoon作者のわいひら氏にAmazon商品リンクに価格表示機能を搭載してほしいとお願いしたところ、なんと!速攻で価格表示機能を実装してもらえました!Cocoonのバージョン1.1.6からはAmazon商品リンクに価格表示されますが、経緯としてこの内容を残しておきます。
Cocoonがついにamazon商品リンクに価格表示出来るようになった!
ついに!無料なのに凄すぎるwordpressテーマのCocoonが、バージョン1.1.6で価格表示も出来てAMPページにも完全対応しているamazon商品リンクが作れる機能を用意してくれました!ただし価格情報の間隔を短く設定すると、場合によってはamazonのAPI利用制限に引っかかり、商品リンクが機能しなくなるので注意が必要です。

Amazonの商品リンクに価格を表示することの是非は、これまでも論じられてきました。

価格を表示していると、価格を見ただけで購入意欲がなくなり、アマゾンへのリンクをクリックしてもらえない。

Amazonへのリンクをクリックして、Amazonに来てくれたら、一定期間内なら紹介商品以外を購入されても紹介報酬がもらえるから、正直に価格を見せる必要なんてない。

 

だからAmazon商品リンクに価格を表示してほしくない。

 

そう考える人は多いでしょう。

よってcocoonに価格情報が表示されないのはデメリットではないかもしれません。

Cocoonが商品価格を表示しないのはAmazonのAPI利用の制約や厳しいため、安定して表示するための仕様を追究して商品リンクを提供しているためです。

価格表示されてその情報が定期的に自動更新されるけど、表示が不安定であるとか、使う上で制約があるなら、cocoonの仕様のほうが良いという判断も出来ます。

CocoonのAmazon商品リンクには価格表示がない

逆にWPアソシエイトポストR2は正々堂々と商品価格を表示して、しかも定期的に価格情報を勝手に更新して表示してくれます。

WPアソシエイトポストR2のamazon商品リンクには価格が表示されている。

WPアソシエイトポストR2の開発元は商品価格を表示することに触れ、

「商品価格を隠してリンクを踏ませたいという要望があるのは事実だが、それよりもページを読んでくれた人に、出来るだけ多くの情報を提供すること、つまり、その商品はいくらで売られているのかを、ちゃんと見てもらうことがユーザーフレンドリーにつながる。」

と明言しています。

私がユーザーとして記事を読むなら、もちろん価格情報も記載してもらいたいです。

自分が絶対に買えない価格の商品なら、いちいちAmazonのページを確認するという時間を無駄にすることは避けたいです。

この機能がいつまで使えるのか、amazonのAPIの利用規約がいつどのように変更されるのか定かではありませんが、このまま問題なく使える事を願っています。

価格表示のないCocoonか、価格を表示するWPアソシエイトポストR2か。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

Cocoonバージョン1.1.6からは価格表示できるように変更されました。

Cocoonの商品リンクで価格を表示する方法

Cocoonの商品リンクは価格を表示しないと説明しましたが、実は手間をかければ価格は表示出来ます。

Cocoonの商品リンクのショートコードにdesc(description)オプションを追記し、本来は商品説明文が挿入される部分に価格を記載するのです。

入力例:amazon asin=”B0792L2PQT” kw=”アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL” desc=”¥2,678″

これで次のような商品リンクが作れます。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL
資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)
¥ 2,440(2018/12/04 01:09時点)
¥2,678

このようにCocoonの商品リンクでも価格表示は可能ですが、ショートコードに追記する手間がかかりますし、WPアソシエイトポストR2のように自動で価格を更新してくれないので、情報が古くならないよう、常にメンテナンスする必要があるので面倒です。

Cocoonバージョン1.1.6から自動的にAmazon商品リンクに価格表示出来るようになり、価格情報も定期的に更新されるようになりました。

Amazonのリンクボタンのリンク先が異なる

CocoonのAmazon商品リンクの「Amazon」のリンクボタンをクリックすると、ショートコードに書かれたキーワードでAmazonの商品検索結果のページが開きます。

CocoonのAmazon商品リンクの「Amazon」のリンクボタンをクリックするとAmazonの類似商品検索結果のページが開きます。

WPアソシエイトポストR2の「Amazon」のリンクボタンをクリックすると、紹介している商品のページが開きます。

WPアソシエイトR2のAmazon商品リンクの「Amazon」のリンクボタンをクリックすると紹介商品のページが開きます。

CocoonもWPアソシエイトポストR2も楽天市場のリンクボタンをクリックすると、設定したキーワードで楽天市場の商品検索結果のページを開きます。

つまり、CocoonのAmazon商品リンクの「Amazon」のリンクボタンは、正確には「Amazonで類似商品を探す」リンクボタンです。

個人的には、自分が信念を持っておすすめする商品を見てほしいがために商品リンクを設置するので、楽天へ逃がすリンクボタンは不要、さらにAmazonの類似商品検索結果のページを見てもらう必要もなく、直撃で自分の紹介したい商品のページが開く方が良いと思っています。

両方のamazon商品リンクともに、楽天市場へのリンクボタンは消すことが出来ます。

個人的には商品リンクの内容はWPアソシエイトポストR2が好きだ

私は商品リンクの内容については、

  • 価格表示があること
  • アマゾンの類似商品検索結果ではなく、紹介したい商品のページに導きやすいこと
  • 商品リンクのサイズがコンパクトなのに見やすい

という3つの理由から、今は、WPアソシエイトポストR2のほうが好きです。

こんなことを言ってるから、いつまでたっても儲かるページが作れないのですが。

だけど、AMPページでの表示は圧倒的にCocoonのAmazon商品リンクの方が優れています。

今後もっともっとAMPページでしか閲覧されなくなると、CocoonのAmazon商品リンクの一択になるでしょう。

WPアソシエイトポストR2も有料ツールなら、AMP対応も視野に開発が進むのでしょうが、なんせ無料、無料なのにAMPにも対応してほしいなんて無理なことは言えませんよね。

あ、わいひら氏の作ってくれた高機能ワードプレステーマCocoonも完全無料だけど、アマゾン商品リンクをAMPにさっさと対応してくれているのは、本当にすごい偉業だと思います。

今後も両方のAmazon商品リンクの更新状況を随時お届けしていきます。

Cocoonがついにamazon商品リンクに価格表示出来るようになった!
ついに!無料なのに凄すぎるwordpressテーマのCocoonが、バージョン1.1.6で価格表示も出来てAMPページにも完全対応しているamazon商品リンクが作れる機能を用意してくれました!ただし価格情報の間隔を短く設定すると、場合によってはamazonのAPI利用制限に引っかかり、商品リンクが機能しなくなるので注意が必要です。
Amazon Link Builderでアマゾン商品リンクを作ってみた
amazon公式のwordpressプラグインAmazon Link Builderというアマゾン商品リンク作成ツールがあったので早速使ってみた。プラグインのインストールから初期設定、商品リンクのショートコード作成、そして投稿への挿入を分かりやすく解説。さらに不要な見出しを消す方法もご紹介しています。
ICT関連

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント