1食100円以下!サラリーマンの昼食代と時間を節約する時短調理グッズ

この記事は約9分で読めます。
  • 仕事の日の昼食に美味しい物を食べる余裕なんてない。
  • 1時間しか昼休みがないのに、わざわざ並んで食べる時間なんてない。
  • なにより、つまらない仕事の昼食に毎日何百円も使う気になれない。
  • っていうか、とにかく金がないから節約したい!!
  • だから昼飯を食べない時もまあまあある。

そんな私と同じあなたに、待ち時間3分で用意出来て1食100円以下、へたすりゃ60円以下で食べられる節約の昼ご飯をご紹介します。

職場に供用の電子レンジがある前提のお話です。職場に電子レンジがないなら、家で手軽に作れるネタとしてお読みください。
スポンサーリンク

即席ラーメン(袋麺)がレンジで簡単に作れるレンジ調理器

そんな食事に執着のない私が偶然に見つけた衝撃のアイテム!

それが即席ラーメン(インスタントラーメン)が電子レンジで簡単に作れるレンジ調理器です。

即席ラーメンがレンジで簡単に作れるレンジ調理器

この即席ラーメン(インスタントラーメン)がレンジで簡単に作れるレンジ調理器は100円ショップのSeria(セリア)で見つけました。

簡単で時短な調理器具が100円ショップに並んでいる

パスタや目玉焼きやご飯も炊けるレンジ調理器があるのは知っていましたが、あえて買う理由もない感じで今までスルーしてきましたが、このレンジ調理器を見つけた時にピンっときました。

  • スーパーに行けばインスタントラーメン(袋麺)は5袋入りで300円以下で売っている。ってことは一食60円以下で食べられる
  • カップ麺は平気で200円以上するし、そのくせどれもこれも同じような味で飽きる
  • ラーメンと一緒に野菜を入れたら野菜マシマシのヘルシー昼食になるし、それでも絶対に1食100円もかからない
  • 袋入りインスタントラーメンはカップ麺よりも美味しい

そんな事が頭に渦巻き、思わず買ってしまって、本当にレンジでインスタントラーメンがちゃんと作れるのかをレポートすることになりました。

まずはインスタントラーメンが電子レンジでチンして簡単に作れるレンジ調理器の外観から。

100円のレンジ調理器具とは思えない手の込んだ作り

このレンジ調理器、インスタントラーメンの作り方の通りのお湯の量を入れるのですが、その目安の500ccの目盛りがついています。

500ccの目盛りがあるので使いやすい

ちょっと見にくいですが、実物は500というラインが肉眼ではハッキリと見えます。

なので計量カップでお湯の量を計る必要がなくて、料理はレシピや説明書通りに作らないと気が済まない私にはとっても嬉しいポイントです。

そしてナベの取手には丸穴が開いています。

熱い鍋を持ち上げられる穴が開いている

これも気が利く配慮、もしもナベが熱くて持てない時はこの穴を使ってナベを吊り上げる事が出来ます。

さらにナベ蓋には蒸気抜きの穴が開いています。

あったらいいなが形になってるアイデア商品です。

レンジ調理器でインスタントラーメンを作るのは簡単です

まずはインスタントラーメンの説明書通りのお湯を入れます。

500CCの目盛りまでお湯を入れる

最初に作る時は、「普通に作ると沸騰してお湯が蒸発してるから、説明書よりも少なめがいいんじゃない?」って思って、お湯を少し減らして作りましたが、結果的には説明書通りのお湯の量で大丈夫です。

そしてインスタントラーメンを入れます。

インスタント麺を入れる

そして、蓋をしてレンジで加熱しますが、加熱時間は、これもインスタントラーメンの説明書に書かれている加熱時間のままです。

沸騰したお湯に入れて中火で3分間と書かれていれば、レンジの過熱時間も3分にセットします。

600Wの場合はそのままの加熱時間ですが、500Wのレンジの場合は説明書の時間プラス30秒が目安です。

ポットがなく水しかない場合は、レンジであらかじめ水だけを鍋にいれて、加熱して一旦沸騰させるか、水に麺をいれて、説明書の時間プラス3分程度を目安に加熱してください。

電子レンジで加熱する

電子レンジに入れて待つこと3分で完成!なのですが、ここで驚きの事実を発見!

吹きこぼれがない!

普通に鍋を火にかけてラーメンを作る時には油断すると吹きこぼれさせてたので、それを思い出してどうなるのか見守っていました。

すると蓋はボコボコと動いているのですが、全く吹きこぼれません。

これはとっても嬉しい発見でした。さすがレンジ調理器ですね。

そして3分が経過、本当にラーメンは完成しているのでしょうか。

あっという間に出来上がったラーメン

たった3分間電子レンジでチンするだけで、今まで食べていたインスタントラーメンと同じものが完成していました!

簡単すぎて、あっけなくて、職場でインスタントラーメンが食べられる。

これはかなりの衝撃です。

1食たったの60円のランチです。

5日間食べてもたったの300円です。

どこぞの美味くもないランチを並んで待って800円で食べるとか、路上販売の美味しくもない冷めた弁当を、並んで450円で買うとか、どんだけ残念なことかを痛感しました。

人間は何を食べても、同じ物が出るのです。

インスタントラーメン用レンジ調理器に野菜を入れても大丈夫なのか

インスタントラーメンと言えば野菜です。

たっぷりの野菜を入れて煮込んで食べてこそインスタントラーメンは美味しくなる。

そこでまずはキャベツで試してみました。

キャベツを手でちぎって鍋に放り込む

家からキャベツの葉を二枚ちぎって持ってきて、手でバラバラにして鍋に入れました。

そしてお湯を規定量だけいれて、キャベツの上に麺を置きます。

そして野菜を入れたことを考慮せずに規定時間加熱しました。

3分ではキャベツが柔らかくならないかも?という不安がありましたが、ダメなら次に時間を延ばそうと気軽に試した結果

キャベツINでも3分間の過熱で普通に完成

キャベツ入りインスタントラーメンが、きっちり美味しく出来上がりました!

これくらいのキャベツの量なら加熱時間を追加する必要はまったくありませんでした。

こんな贅沢な昼食がたったの60円+キャベツの葉っぱ2枚で食べられるのです。

野菜を入れても問題なくインスタントラーメンが作れてしまったことに、本当に衝撃を受けました。

革新的とはこのことです。

なんでもっと早くにこんな便利な時短調理器具に気づかなかったのか悔やまれてなりません。

職場の同僚にも大ウケのレンジ調理器

昼休みに何やらレンジでゴソゴソして、インスタントラーメンを食べている私を見て、多くの同僚が物珍しそうに声をかけてきました。

うちの職場は、超ストレス職場+働き方改悪のためか、男も女も昼ごはんに味気ない物を食べてる人を見かけます。

菓子パンやカップラーメンを昼ご飯にしている人もいます。

その人たちは、お金がないのではなく、仕事で疲れていて、昼休みにわざわざ混雑している飲食店に行く気がしないのです。

特に働き方改革が叫ばれるようになってから、昼休みになっても死んだ魚の目をしています。

私もその気持ちは良く分かります。

仕事が嫌すぎて働き方改革がウザすぎて「今日は何を食べようかなあ」なんて考える余裕がないのです。

そんな人たちが私の3分間で出来る野菜の入ったインスタントラーメンにスゴイ興味を持ったのです。

なんなら皆さんも一つどうですか?

皆で違うインスタントラーメン5袋入りを買って1袋トレードしませんか?

いろんな野菜をぶち込んでいろんな味を試しましょう!

そう提案すると、昼食に何の楽しみもなかった人達もニコニコと笑顔で話が弾みました。

私はお金がないから1食60円以下なら昼ご飯が食べられる行列に並んで昼食を食べるほど暇じゃない、というのがインスタントラーメン用レンジ調理器具を買った大きな理由でした。

でも、いろんな人のいろんな事情をカバーしてくれるのが、レンジ調理器具なんだと知りました。

レンジ調理器は100均になければドンキやネットで購入出来ます

意外だなあと思ったのですが、ダイソーやセリアといった、どこの100均でもインスタンラーメン用のレンジ調理器が売っているわけではありませんでした。

レンジ調理器は良く売れていて、売り切れになりやすいのかもしれません。

100均に無ければドンキやamazonで5-600円ほどで売っているので、探し歩くのが面倒な人はこちらをどうぞ。

どうせネットで注文するなら、一緒に、話題の札幌円山動物園白クマ塩ラーメンもゲットしてはいかがでしょうか。

そこらへんのラーメン屋はこれを出した方がいいんじゃない?と言われる話題のラーメンなら、いっそう職場が騒然とするはずです。

いろんな料理が電子レンジで簡単に短時間で作れます

今回はインスタントラーメン用レンジ調理器をご紹介しましたが、実はいろんな料理が作れるレンジ調理器が発売されているので、一例をご紹介します。

これを使うと鍋でパスタを茹でるのが嫌になります

他にもいろんな便利な時短レンジ調理器具が発売されています。

 

本当にいろんな便利な時短調理グッズが登場しているので、どれか一つ試してみると、私が革新的だと大げさに驚いている理由がきっと分かると思います!

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

マイナーな記事を書いた人
sada

元整備士で機械に強く、現在はICT業界に身を置きスマホやPC関連アイテムにも精通しています。マイナーで掘り下げられていないモノや話題、一般ユーザーが気付きにくい商品の良し悪しや、ICT業界の裏側を取り上げて、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

マイナーナビをフォロー
マイナーナビをフォロー
マイナーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました