赤外線で撮影したリモコンの透視映像

家庭にある電化製品のリモコンはほとんどが赤外線を利用しています。

しかしボタンを押しても赤外線が見えるわけではありませんね。

そこで赤外線撮影が出来るカメラでリモコンの様子を観察してみたいと思います。

リモコンを赤外線撮影するとどう見えるか

テレビ等によく使われているタイプのリモコンです。

黒いカバーの部分から赤外線が照射される構造です。

通常のカラー撮影でも、中央部が光り、わずかに赤外線が発生しているのがわかります。

CCDの赤外線カットフィルターでも完全には赤外線がカットされていないということですね。

 

カメラのCCDの赤外線カットフィルターを取り外して撮影した映像です。

黒いカバーが透けて内部の様子が見えますね。中心にあるのは赤外線発光ダイオードです。

通常のカラー撮影よりも多くの赤外線がCCDに届いていることが分かります。

 

さらに赤外線だけを通すフィルターを装着して撮影した映像です。

可視光線の影響が無くなり、さらにハッキリと内部が見れるようになりました。

赤外線フィルターを取り付け、カメラが明るさを維持しようとしている状況で赤外線が発生すると、このように目がくらむ映像になってしまいます。

赤外線

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント