借金の任意整理後でも楽天カードが作れた実話

私の知人に、過去に任意整理を行い、その後何度かクレジットカード発行の申し込みをしたが、審査に通らず、高速道路をETC料金で利用することが出来ずに困っている人がいました。

借金の任意整理でもブラックリストに掲載されてしまう

任意整理とは債務整理の一種ですが、あくまでも任意で行われる債務整理です。

過払い利息を元本から差し引き、残りの借金の金利や返済方法(返済期間)を見直してもらうもので、借金を踏み倒すわけではありません。

返すべきものはちゃんと返すので、事故でもなんでもないと思うのですが、任意整理を行うと信用情報機関にブラックリスト(事故情報)として掲載されています。

そして以後クレジットカードの審査が通らなくなってしまいます。

クレジットカードは不要でもETCカードがないと困る

クレジットカードなんてなくても、銀行口座引き落としによる支払などは可能で、日常生活においてはほとんど困ることはありません。

しかし高速道路などの通行料金だけは多大な損害を被ることになります。

つまり、クレジットカードが作れないとETCカードも作れない。

ETCカードを持たず高速道路などを現金払いで利用すると、区間によってはETCカード利用に比べ2倍近い通行料を請求されてしまう不利益を受けてしまうのです。

クレジットカードがなくてもETCカードは作れますが、その方法は全く現実的ではありません。

日本ではETCカード利用時と現金払いでの通行料金を大幅な差がつくように設定しているため、ブラックリストに掲載された人は高速道路を利用するな、と言われているのと同じです。

「信用のない人」という烙印を剥がしてやりたい

複雑な事情があり、自分が無謀な借金をしたわけでもないのに、突然借金を背負わされてしまう不幸な人がいます。

知人もその一人でした。

自分のせいでもないのに借金を背負わされ、借金を踏み倒さず必死で完済した。

にも関わらず、信用情報機関に「信用のない人」という烙印を押され、ブラックリストに掲載されて、ETCカードが作れなくて困っている人は少なくないでしょう。

知人は背負わされた借金を必死で完済し、それからも一生懸命まじめに働いています。

なのにいつまでも自分は信用がない人なんだという負い目を持たされてしまう。

私は、知人にクレジットカードを持たせてあげて、信用があるのに信用がない人という烙印をはぎ取ってあげたい、そう痛感し、どうにかしてクレジットカードを作れないかを調べることにしました。

楽天カードは適正な審査をしてくれると感じた

どこのカード会社であろうと、クレジットカードを作る事が出来れば信用を得る事が出来ます。

しかし任意整理をしたことがあれば申請却下と画一的にしか審査してくれない(過去の事故履歴しか見ない)カード会社では、今までも審査に通りませんでしたし、これからも審査に通るとは思えません。

そこでネットでいろいろとクレジットカード審査の状況について調べ、以前に任意整理をしたが、楽天カードの審査に通ったという他の人の記事を見つけました。

きっと楽天カードは、今現在信用があることをしっかりと審査してくれるのではないかと考え、楽天カードに審査を申し込むことにしました。


しかし知人の現状はかなり厳しかった

楽天カードがクレジットカード発行の審査を適切にしてくれるかもしれないといっても、必ず一線はあるはずです。

自己破産してすぐにクレジットカード発行の審査に通るなんてことはあり得ないでしょう。

もちろん知人はそんな条件ではありませんが、現状を聞けば、楽天カードでもクレジットカード発行の審査に通るのは難しいかもしれないと思えるものでした。

知人の現状

  • 任意整理をしたのは6年ほど前(現在は借入金なし)
  • 配偶者なし扶養家族あり
  • 契約社員(1年更新の2年目)
  • 年収は税込み約200万円
  • 住まいは市営住宅(居住年数3年)

任意整理をよく担当する弁護士のHPでは、任意整理後7年間はブラックリストに掲載されると書かれています。

もしそれが本当なら、たとえクレジットカード発行審査を適切にしてくれる楽天カードでも、知人は審査に通ることは無理だと思われました。

しかしWebで調べると、楽天カードなら任意整理後5年経過したらカード審査に通るという話もあり、一縷の望みをかけて楽天カードのクレジットカード発行審査に申し込むことにしたのです。

クレジットカード発行申込み時に気を付けたこと

楽天カードのクレジットカード申込み時には気を付けることが何点かあります。

もちろん「そうしたほうが良いのではないか」というレベルの話しであり、楽天カード会社が正式にコメントしているわけではありませんが、「そうしたらカード審査に通った」という話しを集積した結果が以下の内容です。

キャッシング枠は0円にする

クレジットカード発行申込みの手続きのなかで、キャッシング枠について希望を聞かれます。

キャッシング枠0円を選択すると、0円にすると不便だよ?本当に0円でいいの?みたいなメッセージが出てきますが、それを無視してキャッシング枠は0円で申請します。

当然お金を借りるつもりは全くないので、キャッシングは0円でも困ることは皆無です。

なにも考えずデフォルトのキャッシング金額で申請すると、ブラックリストに掲載された事があり、カード審査の合否の微妙なライン上にいる人は通らない可能性があるようです。

リボルビング払いにする

リボルビング払いはどんなに買い物をしても毎月の支払いを5000円など一定にするサービスです。

2万円の商品をクレジットカードで購入しても毎月の支払いは、あらかじめ定めた支払金額だけ、例えば5000円の分割払いになります。

分割払いになると、利息をカード会社に支払うことになるので、カード会社はどこもリボルビング払いを強くすすめています。

よって初めから支払いをリボルビング払いにする、としてカード審査に申込み、カード会社にとってうまみのある客と思わせ、分割払いなら事故を起こしにくいと判断してもらえる効果も狙いました。

仮に審査にパスしたら、後から簡単に、自動的にリボルビング払いにはしない、ように変更できるので安心してください。

現在の仕事の勤務年数は合計年数にした

知人は、企業と本人が契約を行う形態の契約社員ですが、以前にも同じ企業で契約社員として働いていたので、勤務年数はその合計年数としました。

勤続年数なら現在の勤続年数じゃないと嘘の申請になりますが、勤務年数なら合計年数を書いても嘘ではありません。

楽天カードは、無職の専業主婦や学生でも無事故ならクレジットカード発行審査に通ったという報告が多いので、職業や職歴、年収については全く重要視していないかもしれません。

しかしブラックリストに掲載されてしまった人は、出来るだけ信用されるようにしたほうが良いに決まっています。

結果は1発で楽天カード審査に通りました!

以上のような事に気を付けて楽天カードにクレジットカード発行申請を行いました。

楽天カードは審査時間が短いのが特徴のようで、1日経過しても合否判定結果が届かないと、ほぼカード審査には落ちているといわれるほどです。

知人の場合はおよそ30分後には楽天カード会社から、カード審査に通ったので発行手続きを進める旨のメールが届きました。

正しく生きていれば必ず報われるのです。

つらく厳しい任意整理を経験し、これまでカード審査を通らず、ダメ元での挑戦でしたが、楽天カード会社は、懸命に働き正しく生きている知人を「信用のある人」と認めてくれたのです。

審査をパスしたメールを見たときは、自分のことのように嬉しかったです。

これで知人は信用を取り戻し、高速道路でETCカードを利用することが出来るようになり、しかも5000円相当の楽天ポイントまでもらえて、本当に良かったです。


楽天カード審査時に職場や本人に電話はかかってこなかった

クレジットカード審査時には、職場や本人にカード会社から電話がかかってくるという話を聞くことがあり、また楽天カード申込み時にもその旨は表記されています。

今回の場合、電話確認はありませんでした。

かなり厳しい条件だと思われる知人の場合でも電話はかかってこなかったので、楽天カード申込みでは、ほとんど電話確認はないといっても過言ではないようです。

任意整理をしてもあきらめないで

任意整理は借金の踏み倒しではありません。

それでもブラックリストに掲載されてしまいます。

本当に悪質な人は生涯ブラックリストに掲載され続け、信用のない人という烙印を押されていればよいと思います。

でも、借金を作った本人はのうのうと呑気に生きて、それを突然背負わされて、必死に返済した人がブラックリストに掲載されてしまう。

そんなのあり得ないと思うのですが、現実はいろいろなことが身に降りかかるのです。

楽天カードでも任意整理後5年間はカード審査に通らないという噂があります。

設定されている期間をはかり知ることは出来ません。

が、正しく生きていれば、いつか必ずや正しい報いをうけることが出来ます。

任意整理を経験しても大丈夫です。

無理やり取り上げられてしまったあなたの信用を取り返しましょう!

楽天カードは誰にでもクレジットカードを発行してくれるという誤った認識を持つ人もいるかもしれません。しかしそうではなく、楽天カードは厳正な審査を行い、たとえ任意整理をしたことがあっても、今は間違いなく信用があることをしっかりと確認してクレジットカードを発行してくれるクレジット会社です。
ライフハック

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント