1万円台の安いIPL光脱毛器を買った!手足や脇のムダ毛の脱毛に使った感想

美容・健康

最近は薄着や水着の夏に関係なく「体の毛なんて、どこもいらないでしょ?」って感覚の人、男女問わずに増えてますよね。

でも除毛クリームやワックスは、何度やっても毛がモジャモジャ茂るし、脱毛エステサロンに定期的に行く時間もお金もない人もいます。

自分で出来る光脱毛器も売られていますが、有名なものは6万円くらいするので手が出ない。

そこで!マイナーナビでは、最近になって目にするようになった、1万円台の安いIPL光脱毛器に注目し、実際に買ってみたので皆様にご紹介します。

  • 安いIPL光脱毛器は本当に脱毛効果あるの?
  • 安いIPL光脱毛器ですぐに毛が抜けるの?
  • 安いIPL光脱毛器は光が熱くてヤケドしない?
  • IPL光脱毛器を使ってはいけない部分ってあるの?
  • 安いIPL光脱毛器はすぐに壊れたり使えなくなったりしない?

IPL光脱毛器をご紹介しながら、このような疑問にもお答えしていきます。

安くても自宅で脱毛出来るIPL光脱毛器

KOKOBIのIPL光脱毛器

amazonや楽天で調べると、15000円前後の光脱毛器がたくさん見つかります。

ヤーマンやブラウン、パナソニックといった有名メーカーの光脱毛器は3~6万円以上します。

もっとも安いものは6000円ほどで売られていますが、15000円クラスの価格帯に光脱毛器の多くの種類が集中しています。

その中でも購入者評価や商品説明を見比べて私が選んだのが、KOKOBIというメーカーのIPL光脱毛器です。

光脱毛器の想像以上の大きさに驚きました。

安いIPL光脱毛器は本当に脱毛効果があるの?

IPL光脱毛器を使った脱毛効果の例

5つ星のうち5.0

10年ぶりの購入

脱毛器は10年程前に一度購入したことがあります。その時は確か7〜10万弱くらいだったかな?

当時の脱毛器は値段は高いくせに痛くてなかなか使用できずお蔵入りでしたが、こちらは全然痛くなくてビックリ。しかもちゃんと効果もあります。

私自身は元々そこまで体毛は濃くは無いですが、ワキの毛なんかはもうほとんど生えてこなくなりました。10年経っているとこんなに脱毛器も進化するのかーと感心。この値段でこの効果なら価値ありますね。

amazon購入者レビューより

KOKOBIのIPL光脱毛器を購入した人の多くは、数回の照射で毛が生えにくくなる効果を体感しているようです。

テスト調査でも、96%の女性が4回の光の照射後に顕著な効果を実感しており、8週間後には肌がつるつるになり、最大92%のムダ毛が目立ちにくくなったと報告しているとされます。

光脱毛器を発光させた様子
これほど強烈な光なら毛根を痛めつける事が可能でしょう。

ただし!脱毛器の光は黒い色に反応するので、白髪を脱毛することは出来ません!

IPL光脱毛はメラニン(黒い部分)に反応する光を照射し、毛根の毛乳頭に熱を加えダメージを与えることで毛の生成を抑える脱毛方法です。ん??????

強い光で毛が生えるスピードを遅らせるってことなので…

つまり!家庭用IPL光脱毛器は、毛根を破壊して永久脱毛できるヤバい器具ではなく、脱毛というよりは「毛が生えにくくなる抑毛効果」を期待するものです。

それでもカミソリで剃ったりクリームで除毛したり、ガムテープやワックスで毛をむしり取るよりも格段に肌への負担が少なく、毛穴やムダ毛が目立たなくなり、肌の黒ずみや肌の凸も改善するので、現状ではもっとも優れた家庭用脱毛器といっても良いと思います。

なので、以降は「脱毛」と表現しますが、永久脱毛ではなく抑毛であることをご理解の上でお読みください。

安いIPL光脱毛器ですぐに毛が抜けるの?

素人でも扱える脱毛器ですから、1回照射しただけで毛がパラパラと抜ける、なんて恐ろしい事は起こりません。

まず、脱毛したい部分の毛を剃って、そこに脱毛器の光をバチバチ照射します。これを繰り返すだけで数週間後にはツルツルのお肌になれます。

  1. 最初の4週間は週に2回(毎回毛を剃ってから照射すること)
  2. 5〜8週目に週に1回または2週間に1回(毎回毛を剃ってから照射すること)
  3. 8週間後は2週間に1回または月に1回(毎回毛を剃ってから照射すること)

およそ8週間でほとんどのムダ毛が目立たなくなるようですが、以降も1か月に1回程度の照射を続けることで、醜い毛のないツルツル肌がキープ出来ます。

光脱毛を行うときは、必ず毛を剃ってから光を照射します。毛を剃っているほうが2倍の効果があると報告されています。

脱毛ではなく抑毛

毛根を完全に破壊して毛が永久に生えなくなるのではなく、毛根にダメージを与えて毛が生えるスピードを遅らせる「抑毛」というほうが正しいです。

安いIPL光脱毛器は光が熱すぎてヤケドしない?

ここでご紹介しているKOKOBIのIPL光脱毛器には8段階の強さ調整機能と、3段階の冷却機能があります。

電源ONにしてから電源ボタンをクリックして光の強さを調整します。(写真は最弱の状態)

まず最初は、上記写真のように最弱の設定で照射すれば「熱い痛いヒリヒリする」ことはほぼないでしょう。(最弱でも肌に異常が出る人は光脱毛はあきらめましょう)。

そして、使い慣れるにつれ、光の強さを上げていきましょう。

光の強さMAXの状態

適切なレベルで使用すればヤケドしたり肌トラブルを起こす可能性は低いですが、さらに冷却機能を使うことで、肌を守りながら毛根周辺の組織にだけダメージを与えることが出来ます。

冷却機能をONにした状態(扇型のマーク)

冷却機能1段目でも肌に接するヘッド部分がかなり冷たくなります。

冷却機能MAXの状態

冷却機能は3段階に調整できるので、ご自身の肌の状態に合わせて設定しましょう。

冷却にはペルチェ素子などが使われているようで、冷却スイッチを入れると瞬時にヘッドがキンキンに冷たくなります。

冷却機能をONにするとキンキンに冷えるヘッド部分

光の強さを8段階で調整できて、本当にキンキンに冷たくなる冷却機能により、光脱毛によるヤケドや肌トラブルは防ぐことが可能です。

IPL光脱毛器を使えない部位ってあるの?

IPL光脱毛を使ってはいけない部位はあります。

メーカーとしては、無茶な素人が何をやらかすか分からないので、どこでもなんでもOKとは言いません。

Vラインには使えますが、粘膜に近いIラインやO部分には照射出来ないとされています。

男性も「そういう部位」と顔全体には使用できないとされています。

メーカーは「あれダメこれダメ」と注意していないと、後でいちゃもん言われると面倒なので、「そりゃそうでしょう」って部位には「使うな」と言っています。

顔全体に照射して強い光線で目が痛む恐れは十分にあります。

こんなに強力な光をどこに照射しても良いわけがない。

脱毛器の光は黒い色に強く反応するので、「そういう部分」が「そういう色」の人は、毛だけでなく肌自体にダメージが出る恐れもあります。

でも、そんなに真っ黒じゃなくて、粘膜や目に光が当たらないように出来るなら、そして光の強さを抑えていればIラインやOライン、顔に使っても問題はないと私は考えて、自己責任で実際に使っている人もいます。(おすすめはしません)。

いろいろ心配な人は、IやOラインには絶対に使わないで下さい!顔に使うなら顎や鼻の下だけにしましょう。

必ず付属のサングラスを着用しましょう

先ほどから述べているように、IPL光脱毛器のキセノンフラッシュは大変強力で、光を直視すると目を傷めてしまいます。

あまりにお手軽に使えるので気が緩みますが、光を照射して脱毛する際は付属のサングラスを必ず着用しましょう。

IPL光脱毛器を使い際は必ずサングラスを着用して目を保護しましょう。

安いIPL光脱毛器はすぐに使えなくならない?

照射回数のカウンターは50万+αにセットされている

ここでご紹介しているKOKOBIのIPL光脱毛器は約50万回も光を照射することが出来ます。

約50万の照射回数は全身脱毛を約500回行うことができます。家族全員で脱毛しても余裕です。

50万回も照射できる気が遠くなりそうな長寿命のため、あなたや家族が使うだけなら光を発生するランプ交換の必要はありません。

液晶モニターには残り照射回数が表示されているので、「まだ使えるのかな?」と心配することもありません。

品質保証が2年間

50万回の照射が出来て、すぐに使えなくなってしまう心配はありませんし、なんと2年間も品質保証がついているので、安心して購入することが出来ます。

私が購入したのも、この2年間の品質保証がポイント高かったです。

分かりやすく詳しい取扱い説明書付き

ここでご紹介しているIPL光脱毛器には詳しい取扱い説明書が付いています。

光脱毛が初めての人にも分かりやすく脱毛方法が説明されているので、買ってからどのように使うのか理解しにくい、ということはありません。

詳しく分かりやすい取扱い説明書で誰でも安心して脱毛出来ます。

以上、よくある質問にお答えしながらKOKOBIのIPL光脱毛器を簡単にご紹介してきました。

ここからはもう少し詳しく特徴的な機能をご紹介していきます。

KOKOBIのIPL光脱毛器の特徴
  • 50万回照射できるので体全体の脱毛でも十分に使える
  • 8段階の光の強さ調整が出来て脱毛部位に応じた調整が出来る
  • 肌を冷やしながら照射出来るので肌トラブルが抑えられる
  • 自動照射機能を使えば手早く脱毛作業ができる
  • 2種類のフィルターが付属しているので、敏感な部分にも使いやすい
  • 光から目を守るサングラスも付属している
  • 脱毛だけでなくスキンケア用のフィルターが付属していてお得
KOKOBIのIPL光脱毛器を使ってみた

IPL光脱毛器でスキンケアも出来るって本当?

キセノンランプを使っているIPL光脱毛器の光によって、脇などの肌の黒ずみが薄くなり、肌の凸が消えて滑らかになることが実験で明らかになっています。

ここでご紹介しているKOKOBIのIPL光脱毛器にはスキンケア専用のフィルターが付属しています。

肌の弾力性を高め、血液循環を改善し、肌の毛穴を引き締め、しわを防ぎ、肌の質を向上させ、滑らかで若々しい肌に導いてくれます。

黄色が脱毛用、赤色がスキンケア用のフィルターです。

黄色いフィルターを取付けて脱毛しているだけでも脇やビキニラインの黒ずみは徐々に薄くなり、もとの肌色に近づき、肌の凸も滑らかになっていきます。

ムダ毛ケアしながら美肌ケアも出来る1台2役の光脱毛器です。

スキンケアだけのためなら赤い色のフィルターを使いましょう。

1台で脱毛とスキンケアが出来るので、実はとってもお得なIPL光脱毛器なのです。

広い範囲は自動モードでバチバチ脱毛できます

顔や粘膜に近い部分は1発1発慎重に照射する必要がありますが、足や腕など広範囲を脱毛する時は1っ発ずつ照射してると面倒くさくなってきます。

そのような場合に便利なのが、自動でバチバチ照射しまくってくれる自動照射モードです。

自動モードでは、脱毛ヘッドが肌に正しく密着していることを検知すると自動で光を照射してくれます。

もっとも短い間隔では0.6秒間隔で照射可能なので、短時間で楽に脱毛することが出来ます。

KOKOBIのIPL光脱毛器を自動モードで使ってみた
自動照射モードで腕を脱毛している様子

上の動画では光の強さを抑えた設定で同じ場所に複数回照射していますが、本来は最適なパワーで1発だけ照射します。

少しづつ移動させるだけで脱毛してくれるので、とっても楽ちんです。

光脱毛器による抑毛と肌質改善の研究報告

IPL光脱毛器で本当に脱毛出来るの?肌質が改善されて肌の黒ずみが消えるの?と疑問に思う人は少なくないでしょう。

こんなに効果があった!と写真を載せても、カミソリで剃った写真なのか、本当に脱毛出来た写真なのか分かりませんからね…

そんな疑問を持つ人に、国内有名メーカーであるパナソニック電工の研究報告をご用意しました。

キセノンライトを使った光脱毛について、しっかりと効果を検証している報告なので、是非ご覧ください。

https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/ptj/pdf/582_03.pdf

キセノンフラッシュ方式の効果検証結果(抜粋)

低出力キセノンフラッシュ方式の効果および安全性を確認するため,人によるモニタ試験を実施し,結果を以下に示す。

ターンオーバが一時的に加速されて肌全体の色調は明るくなった。

また毛穴の凹凸形状は小さくなり,高さ 100 μmを越える凸形状が減少した。

さらに組織学的検討の結果は,これらは毛根部の熱破壊によるものではなく,毛包のアポトーシス誘導によって毛の成長が抑制されている可能性が示唆された。

この方法は安全性も高く,新たな美容法としての展開が期待できる。

なお,効低出力キセノンフラッシュ方式の効果検証果および安全性の評価は専門家が行う必要があるため,皮膚科医師 4 名の協力を得ている。

モニタ試験実施のための倫理委員会は,協力を得た各病院で実施されている。また,眼の安全性について,眼科医師 3 名の協力を得ている。

私も脱毛効果の検証中です

左足は剃っただけ、右足は剃ってからIPL脱毛を実施

左足は剃っただけ、右足は剃ってからIPL脱毛を実施します。

毛を剃るタイミングは両足で一致させますが、右足だけ数週間IPL光脱毛を行います。

毛を剃ってから数日経過後に毛の伸びる速さに違いが出れば脱毛効果あり、どちらの足も同じだけ毛が延びていると脱毛効果はないと判断します。

結果が分かるまで少なくとも1か月程度は必要ですが、このページで進捗を随時お知らせしていきますね。