中国製の安いサイクロン掃除機は使えるのか?吸引力や使い勝手をレビュー

この記事は約17分で読めます。

長年使ってきた紙パック式掃除機がついに調子が悪くなり、安くて吸引力が強くてお手入れ簡単な掃除機を探すことにした。

新しい掃除機を選ぶ際に重視したポイントは次のとおり。

  • とにかく安くて出来れば5,000円以下の掃除機
  • 軽量でコンパクトな掃除機
  • 吸引力が強いという評価の多い掃除機
  • サイクロン式で紙パック交換不要の掃除機
  • メンテナンスやゴミ捨てが簡単な掃除機

以上の条件をもとにアマゾンで掃除機を探した。

タイミング良くアマゾンプライムデーで、いくつかの掃除機がセール特価になっていて、その中から選んで購入したのが、中国製iwolyというメーカーの安くてサクラ以外の高評価が多い、サイクロンスティッククリーナーV600というサイクロン式掃除機です。

iwolyサイクロンスティッククリーナーV600

通常は5,000円台の価格設定がされた掃除機ですが、プライムデー期間中は3,499円と大特価だったので、使えなくても記事のネタにしようと考えて気楽に購入しました。

ダイソンの掃除機は高すぎて買えないけどサイクロン式掃除機は買えました!

スポンサーリンク

iwolyサイクロン式スティック型掃除機の概要

私がアマゾンで購入したiwolyサイクロンスティッククリーナーV600とはどんな掃除機なのか、まずは概要をご覧ください。

iwolyサイクロン式スティック型掃除機の付属品

掃除機として一般的に必要なものはすべて付属している。

掃除機本体、伸縮パイプ、フロアヘッド、隙間ノズル、ブラシ付きノズル、壁掛け用のブラケットといった、一般的なスティック型掃除機に必要なものすべてが付属しており、後から必要なものをオプションとして買わされる心配はありません。

強力な吸引力の掃除機

サイクロンスティッククリーナーV600は小型でコンパクトな掃除機ですが600Wのハイパワーで強力な吸引力を発生します。

デジタルモーターを採用しているダイソンの掃除機はハイパワーなものでも300~400w程度しかありません。

600Wというのは掃除機の中でもかなり高出力です。

600Wのハイパワーで驚異の吸引力を発生

軽量なスティック型の掃除機ですが、大きな掃除機と同様に微細なゴミも大きなゴミもしっかり吸い取って、部屋の隅々までキレイに掃除できます。

軽量で使いやすい掃除機

サイクロンスティッククリーナーV600の重量は約2kgで女性でも片手で簡単に持ち運びできます。

ダイソンのコードレス掃除機の最近のモデルはどれも本体重量2kg以上です。

71cmまで伸縮可能な延長パイプが付属し、ハンディクリーナーにもスティッククリーナーにも変身可能で、部屋中、家具や家電のすき間、壁ぎわ、階段、カーテンなども簡単に掃除できます。

コード式で吸引力が低下しない掃除機

サイクロンスティッククリーナーV600はコンセントに電源コードを差して使うため、充電式コードレス掃除機のように、徐々にバッテリーが減っていき吸引力が低下して使えなくなる心配がありません。

もちろん充電待ち時間も不要です。

電源コードの長さは5メートルと十分な長さを確保し、メイン掃除機として部屋の隅々までお掃除可能です。

また、充電残量を気にせず、ゴミを見つけた時にいつでもフルパワーでサっと使える掃除機です。

ダイソンと同じサイクロン式掃除機

サイクロンスティッククリーナーV600の集じん方式はダイソンと同じくサイクロン式で「ゴミ」を遠心分離してキャッチするため、紙パックが不要なので経済的です。

ゴミを分離した後の空気は内蔵の高密度HEPAフィルターでクリーンに排気します。

ダイソンも他のサイクロン式掃除機も全て排気用フィルターは装備されています。

HEPAフィルター | 空調企業株式会社
HEPAフィルターとは High Efficiency Particulate Air Filterが略されたもので、JIS規格で『定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率を有しており、かつ初 …

お手入れ簡単な掃除機

ダストカップのロックを外すだけで簡単にゴミ捨て可能です。

ダストカップに溜まったゴミは簡単に捨てられます。

排出する空気をクリーンにするためのハニカム構造の円筒フィルターとHEPAフィルターは取り外して水洗い可能で、ともに繰り返して利用できます。

円筒フィルターとHEPAフィルターは水洗い可能

HEPAフィルターは水洗い出来ますが消耗品です

HEPAフィルターは水洗い出来ますが消耗品です。

HEPAフィルターの使用寿命を延ばすために、最初にHEPAフィルターが汚れたら水で洗わず軽く叩いてホコリを落とすだけにすることをおすすめします。

強い吸引力を保つために、数ヶ月使った後にHEPAフィルターを水で洗って、風通しがよい場所で十分に乾燥させてください。

約10回水で洗って再使用したらHEPAフィルターを交換することをおすすめします。

保証や認証

iwolyサイクロン式スティック型掃除機の保証期間は1年間です。

PSE(電気用品安全法)認証済みで安心して使うことが出来ます。

電気用品安全法とは、電気用品の安全確保について定められている日本の法律で、PSEマークは電気製品が日本で定める安全性を満たしていることを示します。

[ご家庭編] 電気用品安全法(PSEマーク)とは | 暮らしの中の電気知識 | 電気のお役立ち情報 | 関東電気保安協会

iwolyサイクロン式スティック型掃除機を使って分かったこと

iwolyサイクロン式スティック型掃除機を使ってみた感想

スイッチはON・OFFのみ!他には何もない!

掃除機本体にON・OFFのスイッチが1つ

他には何もなくて、強・弱などの吸引力切り替え機能もありません。

本体にあるのはON・OFFだけのスイッチのみ

あまりの潔さに感心しますね。

いいんです。掃除機の弱スイッチなんて一度たりとも使ったことはないんですから。

操作がシンプルで簡単なことが何よりも重要です。

掃除機の全てを手に持つから移動しやすいけど重い

いくら本体重量が2kgほどしかない軽量設計といっても、掃除機のモーター部分や集じん部分も全て手で持って動かしながら掃除するので重いです。

今まで使ってた紙パック式掃除機は本体が大きくて重いですが、手に持つのはホースやノズル、ヘッドだけなので、掃除中はそんなに重たくはない。

あちこち家中を移動しながら掃除するときは、大きくて重たい本体を引きずり持ち上げるのが大変で、そんな時は本体が軽量なスティック型掃除機の方が快適ですが、ずっと2㎏の物を持ちながら掃除するのは、お年寄りには困難だと思います。

だから2.5kgほどあるダイソンのスティック型サイクロン掃除機もお年寄りには敬遠されています。

でも、

  • 高い場所を掃除するとき掃除機のホースが届かなくて、片手で重い本体を持ち片手でホースを持って掃除する場面では明らかにスティック型クリーナーの方が楽です。
  • いろんな物が床に置いてある場所の隙間を掃除する時は大きな本体を引きずり回せないのでスティック型クリーナーの方が楽です。
  • そしてスティック型掃除機は、じゃばらのホースがなくてコンパクトなのでスマートに収納できます。

それに重いといっても、非力なお年寄りや小さな子供以外は無難に扱えるので、多くの人は気にすることはないでしょう。

「本体重量が約2kgと軽量なので掃除が楽」という誤解をなさらぬよう、あえて書いています。

吸引力はデカい紙パック式掃除機と大差ない

600Wの超強力ハイパワーな吸引力で、家中のもの全てを飲み込んでしまいそうなイメージでしたが、今まで使っていた紙パック式のデカい掃除機と大差ないと感じました。

こう書くと「がっかりした」と思う人もいるでしょう。

でもがっかりする必要はありません。

コンパクトなスティック型クリーナーなのにデカい掃除機と同じ吸引力です

今まで私が使っていたのはデカい本体に車輪が付いてて床をガラガラ引きずり回し、そこらじゅうにぶつけまくりながら使ってた紙パック式掃除機です。

そして今回私が購入したのはコンパクトなスティック型掃除機です。

この大きさも重さも形も違う2つの掃除機が同じような吸引力を発生させて、同じようにゴミを吸い込んでくれる。

ひと昔前のスティック型掃除機は本当に吸引力が弱くて使えたもんじゃなかった。

iwolyサイクロン式掃除機は軽量コンパクトなスティック型掃除機なのに、デカい紙パック式掃除機と同じように強力な吸引力の掃除機です。

ゴミ捨ては簡単だけどワンタッチじゃない

ダストカップに溜まったゴミは簡単に捨てることが出来ますが、ダイソンの一部の掃除機のようにワンタッチでクリアビンの蓋を開けてゴミ捨てできるわけではありません。

ダストカップのロックレバーを押し下げて蓋を開けてゴミを捨てる。

本体を片手で持ち、もう片方の手でダストカップのロックを解除して蓋を開けてゴミを捨てます。

iwolyの商品説明では「ワンタッチでゴミ捨て」と書いてありますが、片手で持つ本体のレバーを指で引くだけのワンタッチ操作ではありません。

ワンタッチのゴミ捨ては無理ですが、ゴミの溜まった紙パックを交換することと比べたら、めちゃくちゃ簡単にゴミを捨てることができる掃除機です。

掃除機ヘッドはモーター回転式じゃない

掃除機ヘッドはモーターで回転しないタイプ

ダイソンの掃除機などはヘッドにモーターが内臓され、ブラシを強制的に回転させてカーペットの奥のゴミまでかき出して吸い込みます。

しかしサイクロンスティッククリーナーV600はヘッドにモーターが内蔵されていなくて、ヘッドを前後に動かすことでブラシが回転する簡単な構造です。

ダイソンのコードレス掃除機は吸引力は弱いですが、ヘッドのブラシがモーターで回転してゴミを奥からかき出すことで、吸引力の弱さを補っています。

サイクロンスティッククリーナーV600は吸引力を高めたことで、ブラシがモーターで回転しなくてもゴミを奥から吸い出します。

ヘッドのブラシはカーペットの掃除以外は不要

ヘッドブラシがモーターで回転しないことに不安を持つ人もいるでしょうが、掃除機ヘッドのブラシはフローリングや毛足の短いカーペットでは不要なものです。

逆にブラシがない方が吸引力が高くなりゴミを吸い込みやすくなります。

よってブラシがモーターで強制的に回転するほうが良いのは、毛足の長いカーペットを掃除するときだけです。

サイクロンスティッククリーナーV600はヘッドのブラシが自動で回転しないことを知って、カーペットの掃除は苦手なのかと思いました。

が、カーペットを掃除した時にダストカップにどんどん溜まるゴミをみたら、吸引力が強ければブラシがモーターで回転しなくても、しっかりゴミを吸い込んでいるのが確認できて安心しました。

サイクロンスティッククリーナーV600はヘッドのブラシが自動で回転しませんが、毛足の長いカーペットのゴミもしっかり吸い込みます。

壁掛けブラケットが取り付けられなくても大丈夫

スティック型掃除機は壁にかけてオシャレに収納出来るのがウリ

サイクロンスティッククリーナーV600の壁掛けブラケットはノズルやブラシヘッドも一緒に収納出来て便利です。

ノズルやブラシヘッドも一緒に収納できる壁掛けブラケット

だけど!

賃貸などで壁にネジを打ち込めないと壁掛けブラケットは取り付けできません。

説明書を読むと「回転ヘッドを床につけて掃除機を立てておくのはNG」となっていて、壁掛け収納出来ないと面倒なことに。

なんといっても壁にぶら下げていないと、床に置いたスティック型掃除機は倒れてきます。

でも大丈夫!

逆さまにして手に持つ方を下にして置いておけばヘッドも傷まず、掃除機が倒れてくることもありません。

逆転の発想で床に置いておくことが出来ました。

いろいろ足りなくても安くて強力で使いやすい掃除機だ

iwolyサイクロン式掃除機を実際に使ってみて、10倍以上価格で販売されているダイソンのコードレスサイクロン掃除と比べたら、いろいろと足りないことがあるのが分かりました。

なんせ5000円台とかセールだと3000円台で売ってる掃除機ですから。

だけど腐ってもサイクロン式掃除機です。贅沢言わなければ、十分に使える掃除機です。

ダイソンの掃除機が買える人は、どうぞダイソンをお選びください。

私はサイクロン式のスティック型ハンディ掃除機が安く手に入って、とても喜んでいます。

  • 紙パックを交換する手間がなくなり快適です。
  • 持ち運びが楽で、コンパクトで収納場所に困りません。
  • デカくて重い掃除機と同じ吸引力で部屋の隅々までキレイに掃除出来ます。
  • 片手でエアコンやカーテンレールの上のほこりを掃除できるようになりました。
  • 紙パック式掃除機より静かで夜でも気兼ねなく掃除できます。
  • 充電残量を気にすることなくコンセントに差せばいつでもMAXパワーで安心です。

ダイソンの充電式コードレス掃除機は高くて買えないあなたでも、サイクロン式スティック型で吸引力の強い掃除機は買えるのです!

サイクロン式だから吸引力が強いと思うのは間違い

ダイソンのCMを見てきた人は、「サイクロン式だからスゴイ吸引力」「サイクロン式がもっともゴミを吸い込む」と勘違いしているはずです。

違います。

全くの誤解です。

サイクロン式とはゴミを遠心力で分離する機能

サイクロンとは、気体や液体から粉塵を遠心力で分離する方法で、ダイソンのサイクロン式掃除機は空気と一緒に吸い込んだゴミを強い遠心力で分離して、ゴミだけを集めることが出来るので紙パックが不要になりました。

サイクロンは紙パックを使わずにゴミだけを集める方法で、吸引力をアップする機能じゃないのです。

サイクロン式のゴミ分離方法は吸引力が無駄になる

サイクロン式はゴミと一緒に吸い込んだ空気を高速で回転させるために、広い入口から入れた空気を狭い出口から出します。

この時に空気の通り道が狭くなるため、吸引力自体は落ちてしまいます。

サイクロン式掃除機は吸い込んだゴミを集めるために吸引力を犠牲にするので、紙パック式の掃除機に比べると「ゴミを吸い込みにくい掃除機」です。

ダイソンのいう「吸引力の変わらない掃除機」とは「吸引力は弱いけど吸引力が変わらない掃除機」という意味です。

ダイソンの充電式コードレスサイクロン掃除機も吸引力が低いために、ヘッドブラシを工夫してゴミを吸い込みやすくしています。

iwolyサイクロン式掃除機は出力を最大限に引き上げることで、紙パック式掃除機と同様の吸引力を確保しています。

強力な吸引力を求めるなら紙パック式の大出力掃除機

ダイソンの充電式コードレスサイクロン式掃除機を使ったことがある人はよくお分かりだと思いますが、家具の裏のカーペットに薄っすら積もったホコリなどは、ほとんど吸い込んでくれません。

しかし紙パック式の高出力600Wクラスの掃除機なら、紙パックが目詰まりしていない状態で使うと、カーペットまで吸い込みそうな勢いで薄っすら積もったホコリまできっちり吸い込んでくれます。

吸引力が強力過ぎてヘッドが床に吸い付いて動かなくなるのを防ぐため、ヘッドが自分で前に進んでくれる自走式ヘッド搭載の紙パック掃除機が多くなりました。

使う紙パックの性能や、紙パックの目詰まり具合に左右されますが、強力な吸引力を求めるなら紙パック式の600Wクラスの掃除機を選ぶ以外にありません。

アマゾンで購入者の評価が高く、床の菌まで取り除く600W以上のハイパワー紙パック式掃除機をご紹介しておきます。

サイクロン式掃除機はゴミ捨て時にゴミが舞う

ダイソンなどの充電式のコードレス低出力サイクロン掃除機は吸引力が弱くて、うっすら積もったホコリなどが吸い込みにくく部屋のゴミをきれいに掃除できないというデメリットがあります。

そしてもうひとつ、ダストカップからゴミを排出する際に、小さなホコリが部屋中に飛び散ってしまうというデメリットもあります。

ダイソンのサイクロン掃除機でもゴミ捨て時には粉塵が飛び散る

その点、紙パック式はゴミ捨て時には紙パックを取り出してゴミ箱に捨てるだけなので、その時に小さなホコリが飛び散るということも少ないです。

紙パック式掃除機は紙パックを購入して用意しておき、紙パックを取り出して捨てて、再び新しい紙パックをセットするのはとても面倒くさいです。

が、ゴミ捨て時に細かなホコリが飛び散らないので、紙パック式の方が清潔にゴミ捨てできるのです。

ハウスダストアレルギー対策なら紙パック式の高出力掃除機

以上のような充電式コードレス低出力サイクロン掃除機のデメリットを考慮すると、ハウスダストアレルギーを軽減するために家の掃除を徹底的にしたいなら、ダイソンなどの充電式コードレス低出力サイクロン式掃除機は使わないほうが良いでしょう。

ハウスダストアレルギーを軽減したいのであれば、紙パック式の600Wクラスの高出力な掃除機を使い、紙パックをこまめに交換して吸引力を常に最大に保つようにする必要があります。

充電式コードレスサイクロン掃除機は、それなりに連続使用時間も重要であり、そのためにも出力を低く抑えているために吸引力が弱く、さらにサイクロンを発生させてゴミを分離するために吸引力は低下します。

なぜダイソンは低出力で吸引力が低いコードレス掃除機にこだわるのか理解できません。

微細なハウスダストを完全に除去したいのであれば、吸引力の弱いダイソンの充電式コードレスサイクロン掃除機は買ってはいけません。

サイクロン式でコード有り600W大出力掃除機はやっぱりスゴイ

サイクロン式掃除機のデメリットを正直にお伝えしてきましたが、この記事でご紹介しているサイクロン式掃除機iwolyサイクロンスティッククリーナーは、コード有りで充電が必要なく、コンセントに差せばいつでも600Wの大出力で強い吸引力を発生します。

普段使っている紙パック式と同様に強い吸引力で細かなハウスダストまで掃除してくれるのに、サイクロン式で紙パックが必要なく、使っているうちに吸引力が低下することがありません。

サイクロン式掃除機でも排気エアフィルターが目詰まりすると吸引力低下する場合があるので定期的なお手入れは必要です。

とはいえ、サイクロン式はどうしても、サイクロンを発生させるために吸引力を犠牲にするし、ゴミと空気を分離する性能が高くなればなるほど、それは強い遠心力を発生させるということで、さらに吸引力は弱くなります。

同じ出力なら新品の紙パックを装着した紙パック式掃除機の方が吸引力が強いのも事実です。

ですが、紙パック式は使っているうちに吸引力がかなり低下するので、同じ出力のサイクロン式掃除機のほうが吸引力が強い、という言い方も間違いではありません。

私も紙パックを長らく交換していなかった紙パック式掃除機からiwolyサイクロン式掃除機に換えた際、「吸引力は紙パック式と同じくらい強い」と感じました。

唯一の欠点といえるゴミ捨て時の微細な粉塵が舞い散りは、ダイソンのコードレスサイクロン掃除機と同じなので、なるべくゴミ袋の中でダストカップの蓋を開けてゴミをそっと捨てるなどの工夫は必要です。

以上のことを踏まえて、あなたに必要な掃除機は

  • 吸引力は低いけどコードレスで持ち運び簡単なダイソンのサイクロン掃除機か
  • この記事で紹介している、吸引力は普通に強くてゴミ捨て簡単なコード有りサイクロン掃除機か
  • 紙パックが目詰まりしなければ強力な吸引力でハウスダストの軽減に役立つ紙パック式高出力掃除機か

どのタイプの掃除機なのか、よく考えて購入してくださいね。

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

記事を書いている松居サダと申します。元整備士で機械に強く、現在はICT業界に身を置くので、スマホやPC関連アイテムにも精通しています。一般ユーザーが気付きにくい商品の良し悪しや、ICT業界の裏側を独自の目線で鋭くレポートしています。

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア
タイトルとURLをコピーしました