タブレットOK!磁力が強力で落ちないマグネット式スマホ車載ホルダーVANMASS

車・バイク用品

車を降りるときに「あれ?スマホどこいった?」ってなりませんか?

車でスマホをカーナビ代わりに使うとき、「いまいち安定してスマホを置いておく場所がないんだよね」って感じてません?

そんなモヤモヤを解消する便利グッズがあります。

車のエアコン吹き出し口に取り付けて、磁力でスマホを固定するマグネット式スマホ車載ホルダーです。

車載ホルダーの中でもエアコン吹き出し口に取り付けるタイプのホルダーはコンパクトなのが特徴

車内をごちゃつかせることなくスマートで、さりげなくあなたの運転をサポートしてくれる便利アイテムです。

今回ご紹介するのは、

  • iPhone XRなど6インチ以上のデカいスマホ
  • 一般的な500g以下のタブレット
  • まあまあ分厚いスマホケース

がしっかり固定出来る、VANMASSのマグネット式スマホ車載ホルダーです。

VANMASSなんてメーカー聞いたことがないかもしれませんが、実は車載スマホホルダーでは実績ある有名メーカーです。

VANMASSとは?どんなメーカー?

VANMASSは中国シンセンのメーカーで、車載スマホ、ワイヤレス充電器、USBハブを中心に扱っています。

品質の良さと使いやすさ、そして購入しやすい価格設定で日本でも人気を集めています。

VANMASS Directの取扱商品

VANMASS製品を日本で取り扱うのはVANMASS Directという会社です。

全製品保証期間を3年間、24時間365日ノンストップでサポートを行うと明言

VANMASS Directはカスタマーサポートが神対応だと評判です。

VANMASSの社屋

VANMASS Directのamazonのレビューをチェックしても、サクラが見当たりません。

信頼できる海外メーカーであり海外企業です。

そんなVANMASSの車載ホルダーの優れた特徴をご紹介してきましょう。

VANMASSマグネット式スマホ車載ホルダーの特徴

VANMASSマグネット式スマホ車載ホルダー

ぐだぐだ言う前にVANMASSマグネット式スマホ車載ホルダーの特徴をまとめました。

特徴まとめ
  • スタイリッシュでコンパクト
  • 強力なマグネットで7インチのスマホでもずり落ちない
  • エアコン吹き出し口を傷めずにがっちりと取付けられる
  • スマホはもちろん500g以下のタブレットも取付けられる
  • スマホの取付け角度の調整幅が大きい

強力なマグネットで7インチのスマホでもずり落ちないこと。

エアコン吹き出し口を傷めずにホルダーをがっちりと取付けられること。

購入者のレビューを見ると、このような書き込みが多いです。

しかし、磁力が弱くてスマホがずり落ちるとか、ホルダーがグラつくという不満は誰も書いてません。

つまり、買って後悔しない車載ホルダーだと判断出来ます。

私だけの主観やサクラが書いた評価じゃないことが皆様のお役に立つはずです。

では、主な特徴について詳しくご説明していきましょう。

スタイリッシュでコンパクト

直径約4.3cmのコンパクトな磁気ヘッド

直径約4.3cmのコンパクトな磁気ヘッドは車内で目立ちません。

同乗者に、車内がごちゃごちゃしている印象を与えません。

吸盤取付けタイプのクレーンのような車載ホルダー

吸盤取付けタイプのクレーンのような車載ホルダーに比べ、コンパクトでスタイリッシュであることが、エアコン吹き出し口タイプの車載ホルダーの特徴です。

コンパクトなのはすごく重要なことですが、それにも増して重要なのは「スマホをしっかり固定できるのか?」ということ。

次は、VANMASSのスマホホルダーの最大の特徴である、スマホを固定する力をご説明します。

強力なマグネットで7インチのスマホでもずり落ちない

N52のネオジウム磁石を6個使ってスマホを固定する。

VANMASSのエアコン吹き出し口用車載ホルダーのスマホを磁力で吸着するヘッド部分にはN52マグネットが6個内蔵されています。

N52マグネットとは、上級グレードのネオジウム磁石です。

磁力の強さについてメーカーは、

「普通のマグネットホルダーの15倍で、5.2kgのものを吊り上げる」

と説明していますが、私たちにはそれがどれほど強力なのか分かりません。

参考になるのは実際の使用者の意見です。

Amazon購入者レビューを確認しても、「スマホがずり落ちる」という不具合を訴える書き込みはありません。

よって、N52マグネットが6個内蔵されたスマホ吸着部分の磁力は相当に強いと考えて大丈夫でしょう。

エアコン吹き出し口を傷めずに確実に取付けられる

車載スマホホルダーを使うと、大事な車が傷むんじゃね?

そう思う人もいるでしょう。

なら、両面テープでダッシュボードに貼り付けるスマホホルダーは絶対に嫌じゃないですか?

でも、エアコン吹き出し口に取り付けたら、吹き出し口が傷んでしまいそうですよね?

他のメーカーから発売されているエアコン吹き出し口用車載ホルダーに多いのは、

ホルダーのクリップを吹き出し口のフィンに挟み込むだけ

です。

フィンに挟み込むだけだと吹き出し口に傷をつけてしまうものもあります。

車載ホルダーがグラつくいて車の内装に傷がつく場合があるのです。

しかし、VANMASSの車載ホルダーは違います。

取り付けクリップをネジで締めこむことで、さらに強力にフィンを挟み込みます。

車載ホルダーがグラつくことなく確実に取り付けることが可能です。

そしてクリップはシリコンでカバーされているのでフィンを傷つけません。

ネジを締め込むことで確実にフィンを挟み込む。

この、ネジでクリップを締めこむ構造により、クリップを小さく設計されています。

だから様々な形状のエアコン吹き出し口に取り付けることが出来ます。

様々なエアコン吹き出し口に取付け可能

さらに、VANMASSのエアコン吹き出し口用の車載ホルダーには、ネジ式クリップの他に3段階調整可能でステンレス内蔵の強靭なクリップが付属しています。

強靭ですが、表面はやわらかいシリコンでカバーされています。

こちらのクリップも吹き出し口のフィンを傷つけません。

吹き出し口のタイプによって最適なクリップを選択し、ホルダーとスマホを確実に車内に取り付ける事ができます。

ネジ式と3段階固定クリップの両方が付属する。

取り付けクリップが複数タイプ付属する車載ホルダーは珍しいです。

500g以下のタブレットも取付けられる

カーナビ代わりにタブレットを使うと絶対に運転しやすくなりますよね!

でもタブレットなんて無理でしょ?って私も思ってました。

でもVANMASSのエアコン吹き出し口用車載ホルダーは、重量500g以下のスマホ等をホールド可能とメーカーは説明しています。

500gまで固定可能なら、スペース次第でタブレットも車内に取り付けることが出来ます。

主なタブレットの重さは次のとおりです。

主なタブレットの重量

10~11インチクラスのタブレットをカーナビとして使いたい人

助手席でタブレットに動画を映しておきたい人

は、VANMASSのスマホホルダーを試す価値は十分あるでしょう。

スマホの取付け角度の調整幅が大きい

ボールジョイントで取付け角度を調整可能

しっかりとスマホを固定できたのは良いけど、運転中に見にくい!

なんていう残念な結果になったら嫌ですよね。

そうならないように、固定したスマホの角度が調整できるのか?は要チェックです。

VANMASSのホルダーなら大丈夫です!

360度回転するボールジョイントを採用しています。

エアコン吹き出し口やダッシュボードの形状に関係なく、ドライバーが見やすい角度でスマホを取り付けることが出来ます。

スマホとケースの間に金属プレートを取付けるだけでOK

金属プレートをケースに貼るだけ。

車載ホルダーをエアコン吹き出し口に取付けたら、あとは付属の金属プレートをスマホケースに貼り付けるだけで準備完了です。

付属の保護シートをスマホに貼り付けることで、金属プレートが当たる部分に傷が付くことを防ぐので安心です。

スマホケースを使わない人は、保護シートをスマホに貼って、その上から金属プレートを貼り付けます。

保護シートがスマホを守る。

また鉄製のスマホリングを使っているなら、そのままホルダーに固定できる場合もあるでしょう。

分厚いスマホケースだと滑り落ちる車載ホルダーもある

VANMASSのエアコン吹き出し口用車載ホルダーの磁力が強いのは疑う余地がありません。

Amazonレビューを確認しても、購入者は誰一人スマホが滑り落ちるという不具合を訴えていません。

ところが、ほかの車載ホルダーでは、一部の購入者が「磁力が弱くスマホが落下する」と述べているレビューを見かけます。

きっと、他のエアコン吹き出し口用車載ホルダーも、通常の厚みのスマホケースなら、しっかり固定できる磁力は確保しているはずです。(無理なものを大丈夫とごまかして売っているとは考えにくいです)。

が、iFACEなどの分厚くて頑丈なスマホケースの内側に金属プレートを取付けた場合、磁力が弱いと感じるのだと想像します。

分厚いスマホケースは重いので、さらに落下しやすいでしょう。

VANMASSのエアコン吹き出し口用車載ホルダーは特に磁力が強く、大きく湾曲して凸凹しているスマホケース以外はしっかり固定できるため、多くの購入者が高評価しているのです。

金属プレートはど真ん中に取り付けるのが基本

エアコン吹き出し口の位置によっては、スマホを縦向きに取り付ける際に、スマホの位置を下にさげたい、あるいは上にあげたい場合もあるでしょう。

そのため金属プレートを上や下に偏って取り付けることもあるでしょう。

スマホを縦向きにしか取付けず、落下する不安も全くないなら、それで問題はありません。

しかし、時にはスマホを横向きにも取付けるなら、金属プレートは中心位置に取り付けておかないと、スマホが傾いてしまう場合があります。

中心に金属プレートをセットしないと傾く。

VANMASSの車載ホルダーには金属プレートが4枚付属しています。

なので、縦向き用の位置と横向き用の位置にそれぞれ金属プレートを貼って対応できる場合もあります。

でも、出来るだけホルダー本体の取り付け位置を調整して、金属プレートを中心に貼り付けて縦横ともに最適な位置にスマホを取付けられるようにしましょう。

スマホ中心部分に金属プレートを取付けないと脱落のリスクも高まります。

スマホごときシンプルに取付けないとダサい

ここでご紹介したVANMASSのエアコン吹き出し口用マグネット式スマホホルダーはコンパクトでさりげなくスマホを車内に確実に取付けることが出来ます。

私は、たかがスマホやタブレットごとき、ごちゃごちゃした目立つホルダー使って大げさに車に取付ける気になれません。

両サイドと下部に爪付きのスマホホルダーはスマホを横向きに取付けることが出来ません。

アームが自動で開閉するスマホホルダーもありますが、車内の見やすい位置にスマホを固定するためだけにそんなオモチャはいりません。

ワイヤレス充電できるスマホホルダーもありますが、シガーライターソケットからスマホホルダーまでの配線が必要なのに、どこがワイヤレスなの?と思ってしまいます。

車内の見やすい場所にスマホを取り付けるだけ、が目的の私と同じ考えの人には、コンパクトで目立たず、さりげなくスマホを固定できるエアコン吹き出し口用のマグネット式スマホホルダーをオススメします。

が、数多く売られているマグネット式スマホ車載ホルダーのなかには使えないものもあります。

エアコン吹き出し口にしっかり取り付けることが出来ずガタついてしまうスマホホルダー。

スマホを固定する磁石が弱くてスマホが滑り落ちてしまうスマホホルダー。

このような残念なスマホホルダーも多いです。

下手な買い物して後悔しないよう、見た目や価格だけで選ぶことなく、評価などもしっかり見極めてください。

VANMASSの車載ホルダーなら、あなたの期待を裏切りません。