ドリパケをノーメンテ化するためのパーツ

休日は平日よりも忙しいおっさんです。この休みもさわれませんでした。当然平日も仕事で皆さんと同じく忙しいので、車をいじる時間はなく、よってブログも書くことがなく、米頂いてもしばらくお礼も言えない不躾さ全開でございます。

で、なのにアレコレ新発売のパーツやら、セッティング事例なんかをチョコっとWEBで見ようもんなら、時間がないことにイライラしてしまうので、そんなのもかれこれ6ヶ月以上見てません。見聞きするのはサーキットでのみです。何が言いたいかというと、私は6ヶ月以上メンテナンスしておりません。

私は6か月以上マシンをメンテしていない

走らす回数は減っておりますが、それでも月に2回くらいはサーキットに出撃しますし、先月末にはプチトーナメントにも参加しました。歯に物がはさまったような書き方をしていますが、ずばり!楽々何もせんでも楽しく走らす事は出来るかも?ってことです。一例をお見せいたしましょう。

6ヶ月で延べ40パックは走らせたピニオン

新品のまんま、取り付けてから一度もピニオンとのすき間は調整していません。(ギアボックスの汚さがノーメンテを物語っています)実はこのスパー、ヘキサ・スパーギアといってモリブデンが配合されているものです。

ヘキサスパーギヤはノーメンテでも歯が摩耗しにくい


たまたま見つけたので買いましたが、現行発売されているのかは知りませんし、これよりデカいヤツも当時売ってませんでした。詳細はカワダにお尋ね下さい。

スチール製ピニオンは摩耗しない

で、ピニオンは京商の48ピッチのスチール製です。

こちらもまだまだ原型をとどめています。スパーとの相性も問題ないですね。気持ちキツめに調整すると高回転で独特の音が出ます。人はそれを握りすぎだろと感じますが、私はあえて握って楽しんでます。じゃないと静かすぎて何も聞こえませんので(笑)

この組み合わせにする前はスーパータフギアと超硬ジュラピニオンを使っていました。

が駄菓子菓子、何がタフで何が硬いのか(こう書くと、お前の息子を悔やんでいるか!と、突っ込みもあるでしょうが…)1日走らすとピニオンが尖ってスパーが尖って、数日走らせると調整し、かなりこいつらに神経使っておりましたが、今じゃ、気にもしないパーツになりました。楽々ですよ奥さん!

お試しあれ、といっても売ってるかどうか知らんので(WEBも見ませんし…)なんとも言えませんが、ノーメンテ化にかなり貢献してくれてるのでご紹介いたしました。

デルリンソリッドアクスル

私はヨコモも1.5のギアを入れておりますが、皆さんご存じの通り、ギアセットについてるノーマルのソリッドアクスルはへにょへにょで、あれじゃあさすがに乗りっぱなしには出来ません。す~ぐにユニバピンが入る溝がバコバコに削れて大変です。

で、使ってるのはビクトリー VI-02 高耐久 ドリパケ用デルリンソリッドアクスル 1.5用

デルリンですからさすがに私の息子くらいに硬くてビンビンです。こいつを使ってからは、あの不快な摩耗から解き放たれ、おかげさまでノーメンテです。

このあたり、使うべきパーツはしっかり用意しとかないと、さすがにノーマルの駆動系ではノーメンテなんてとても言えなかったと思われます。なので、私の書いてる事はあたかも全てのドリパケに当てはまるかのように見えて実はそうではありません。ドリパケユーザーの皆様、ダマされたらあきませんよww

怠け者、怠ける為に努力する。とか、しないとか…(^^ゞ

話戻って、つまりソリッドアクスルを点検交換しないってことは、ギヤケースを開ける事がないので、当然1.5用の金属ギヤにグリスメンテをしてないし、バックラッシュも点検してないですが、さすが世界のヨコモギヤ、すでにかなりの期間が経過しますが、新発売当初に買ったギヤで今でもなんら問題ございません。ヨコモの傑作と言えるでしょう。

ダンパーも6か月以上ノーメンテでオイルも補充していない

さて今夜はどんなダメっぷりかとご期待の皆様!(誰もおらんけど…)皆様どこらへんを気を使ってメンテしてますか?私はそこらへんをメンテしてませんwww前置きはこのくらいにしといて、ではいきなり!

なんだか”やらせ”ちゃうんか!?ってくらい酷い状態ですが、終了時間ギリギリまで走らせて、グダグダ話して、気づいたら帰るって約束した時間に間に合わず、慌ててカバンに車を詰め込んで帰るので、たいがいこんな感じらしいw

このダンパーも6ヶ月以上メンテしてません。さむ~い時期に入れたオイルそのままで、この夏を無事乗り切りました。当然ヨコモの純正ではそんな無茶出来ないですが、さすがジャムダンパー!精度の違いは明らか、使ってるOリングはマッチモアのパーフェクトシリコンOリング40番で1個がけ。このOリングもたいしたもんで、セットした当初はジャムダンパー付属のOリングよりもジワっと漏れますが、以降漏れてるのかどうか気にならなくなりました(爆)

もしかするとオイルが無くなってるのか?と思いマジマジ車を押し引きしてみるとまだ減衰力は残ってますし、6ヶ月バラさなくても楽しく遊べてるので問題ないようです!分解して組み直したい状況が自分には分からんので、いつまでもこのままなのかなぁ(^^ゞ

誰か上手な人が「きみきみ、ダンパーメンテしてあれこれしてごらん、これがこうで…」と、教えてくれたら、速攻やるんですけどねwま、しかし、私ドリパケですし、特別ジャムさん贔屓じゃないんですが、ジャムワークスダンパーと不等長ピッチのジャムワークススプリングはエエもんですな~。苦手な3発こなせるようになったのは、このセットのおかげであることは疑う余地がありません。しかもノーマルショックの頃はあれほどやってたメンテが、こんなにも長期間必要じゃないんですからね~。

「お前ダンパー作動してないの気づいてないだけやろ!インチキ野郎!」ってご意見もあるでしょうが、私の作動してるかどうかの基準は、楽しく走れてるって他には、ほんの軽い力で車を押して1mm以内のストロークだけを見て、突っ張ったり渋くなきゃOK!なんですw

自分の基準から外れたらさすがに面倒臭がりの私もメンテしますよ。いずれこんなことしてたら、次々とんでもないことが現場で起きて、泣いて帰らないとダメなんでしょうけどね(爆)

ここだけの話、こんな調子こいた事かいてますが、一度キングピン取付ボルト緩んでるの気づかずに落としております。(ノ・・)ン。。。。。。(((●

え~ちなみに私。実車も乗りっぱなしでございますww

ドリフト

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント