ラジドリの華麗なる追走をキメるために

ラジドリで華麗な追走をキメたい私が思う事を書いてみます。

まずは前後共にスパっと切り返しできる事が大前提、車に持っていかれる時間が長いとやりにくい。スパッと切り返しできる車とはどういうセッティングの車かというと、リアの横グリップが低く、無理な挙動なく振り出せる車です。

初心者はこのことが分からずに逆にリアの横グリップを増すセッティングを行うので、より一層スパっと切り返すことが出来ない車になっています。ビタビタの追走に憧れるなら、是非一度、とことんリアグリップの少ないセッティングを試すことをオススメします。

追走の前を走る場合

そして、「追走じゃ~」と、前を走る場合は、コーナーでキンタマを隠さず「おりゃー!ガッツリ入ってこんかい!」とラインを空けて走るのが男前であり、後ろが振り始める位置(横にきてる後車が下がる)まで振り返しを待つ必要があり、しかし自分も生きないとダメですから、それなりに動かしやすい車でないと引っ張れません。

ここでも動かしやすい車とは、リアグリップの少ない、つまりズルズルとケツが出まくる車のことです。リアが出にくい車だと自分勝手に動かすことは出来ても、後ろにあわせるために待つことが出来ません。

追走の後ろを走る場合

後ろを走る場合、最大のアドバンテージとして必要なのは、アンダーステアじゃないって事でしょうか。つまりケツが出やすいということです。

コーナー入口を前車と同じラインで走ってるといつまでたっても前車の内側に入れないので、オーバーステア気味にインに食い込み、立ち上がりもインをキープしたまま、前車についていく必要があります。

この動きはリアグリップの高い前に出るだけのボロ車だと不可能で、ケツが出にくい車は前の車を突くだけしか出来ず、華麗な追走が出来る相手と見てもらうことはありません。ビタビタじゃなく突いてくる車の前なんて誰も走りたいと思いません。

他にも後ろの車は前車の角度に合わせやすいよう、適度に横に出やすい事が求められます。前方向に出る力が勝っていると、前車に角度を合わせようとアクセル入れても横に出ず、ついつい前車を突いてしまい、コツコツやってると誰もインを空けてくれなくなります。

前車についていく速度もある程度は必要ですが、そればかり気にすると、迷惑な車になってしまうので、セッティング方向としては横の速度重視で、ライン取りの差で前車に食らいつくのが理想です。

他にはブレーキですが、ケツカキは直進状態でブレーキをかける事は想定外で、横に行く角度を維持したまま滑り跳ぶくらい強く設定するのが前車に合わせやすいと思います。私は一時期軽いブレーキで前に合わせようとしてましたが、半端な事をすると、横に移動せず、絶妙なブレーキングとなって内側に入っていき墜落します。なので今はガツっと効かせて横に滑らせるブレーキを使って速度調整しています。

玉のやり取りが出来る相手か見極める

見境なく遠慮もなくとにかくどんな車でも追いかける、発情期のオス犬みたいな人も実際には多いですが、華麗な追走をかますには、呼吸の合う相手、玉のやり取りが出来る相手じゃないと無理です。

前車がいなくなるのを待ってから動かすと、華麗なるドリフト追走ではなく単なる同時走行になりやすい。「もうそこに前はいないだろう」と腹を決めて予測で先に振り出す感覚が必要ですが、誰でもしっかり前を走れるワケではなく、周回するだけで精一杯、毎周ラインが違う人もいるので、しばらく様子を見て、玉のやり取りが出来る相手なのか見定めて後ろに入る必要があります。

後ろを走るには謙虚さが大事

後ろの車が絶対に忘れてはいけない事。調子に乗りすぎて遠慮する気持ちを忘れてはいけません。前車のオーナーは、自分よりも絶対にシャーシ、ボディーを大事にしています。実は、この遠慮する気持ちこそ、後を走る巧さに直結するのです。

ドリフト追走は前を走るドライバーの腕次第

後走の話しが多くなりましたが、前走はテクニックが重要かもしれません。前車のサイレンサーと後車のフロントバンパーが振り返しでこすれるのが追走でのエロさの一つ(業界ではサオを狙うと言います)ですが、これは感覚的には後車が狙うように思いますが、私が感じるには、前車が後車のフロントバンパーめがけてケツを振る感覚です。

また後車が予想以上に膨らんでくるなら、とっさに判断して自車もラインを膨らませる必要がありますし、毎周回ラインが定まらないと後は中に入ってこれません。

あなたがビタビタに後ろから追走出切るのは、あなたよりも上手い人があなたに合わせて前をしっかり走ってくれるからです。あなたも上手くなって前をしっかり走れるようになって下さい。

前車はインを空けて男らしくキンタマ見せてなんて、大会で勝つためには全く不要ですから競技指向の方にはあまり意味のないお話ですが、たまにしか出かけられないサーキットで、いろいろな方と濃い時間を過ごすには、私にとってエロい追走は不可欠、入ってくれない、入れないままで一日終わるとスゴイ虚しくなるのです。

ま、以上は私の見解で、胡散臭い事を書いて、こりゃ~まったく失礼なお話ですが、とにかく私は前走では絶対にキンタマ隠して走りませんので、見かけたらガツっと触りにお越し下さいませ(^_-)

ドリフトラジコン

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント