どこまでやるのかラジドリ軽量化

この記事は約2分で読めます。

苦労する-10gごとに操作感が変わるので、どんどん深みにはまっていく気がします。実車同様に快適性や高級感は消え失せる一方です。けっしてオススメするつもりはありません。馬鹿っぷりをお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

次なるメニューはダンパー軽量化

タミヤの意地を見せつけてもらおうとCVAキットを導入する予定でしたが、わざわざデチューンするのに金使うのもなんだか、で、ドノーマル登場。

ストジャムの意地を見せつけてもらうことにしました。タダなのでたとえ具合悪くてもいいのです。

TRFダンパー(オイル込み)34g

OTA-R31純正(オイル込み)25g

まあ、見た目はべつに悪くはないのです。トランス効果でブラックアルマイトに見えてきますし。

しかし意外と重量差は少なく期待はずれでしたが、それでも一気に-10g近くゲットしてバッテリー込みシャシ総重量は…

さらに絞り込むためには、もうネジの数を減らすしかないと思い始めて

サーボの取り付けネジなんて2本で十分とか

ダンパーステーの取り付けだってネジ2本で十分強度はあるとか、まあ、そんなことを積み重ねて、ついに1100g台にのってきました。この辺までくると-1gが-2gほどの値打ちになってきます(いや、なってほしい)

次に目指すは1150g以下、さすがにタダでは達成出来そうにないのですが。

まずはターンバックル6本をアルミ化。そしてプーリーシャフト2本をチタン化。これでたぶん-5gはかたいと思ってます。

にしてもだ…

キットノーマル+カブースリフェのユーザーは、楽々この辺りに仕上がっているはずです。OTA-R31は素組みが最強だというのは都市伝説ではないと思います。

さらに、にしてもだ…

コイツラヲドウシタモノカ、ダレカカッテクレナイカナ

追記

OTA-R31ノーマルダンパーは、20分ほど遊んだらダダ漏れでした。あっけなく9gリセットされ、また1200g台に逆戻り。ダイエットは停滞期に入ったようです。

まだまだ続くラジドリ軽量化
さらに無駄な配線を短くしたり、ターンバックルをスチールからアルミにしたり、リアのプーリーをアルミ製からデルリン製に換装しました。 これでバッテリー込みシャシ重量は 1166g、中間目標値の1150gに近づいてきま...
ラジドリ軽量化
最近、軽量化に励んでおりまして、軽さは性能!となるのか??実験してみたのですが、走り出してスグに悶絶しました。重さに助けられていたのが実感できます。 軽さは性能であるはず とりあえず足回りを軽い車に合わすべくイロイロ変更しているうちに、...
スポンサーリンク
ドリフト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

マイナーな記事を書いた人
sada

元整備士で機械に強く、現在はICT業界に身を置きスマホやPC関連アイテムにも精通しています。マイナーで掘り下げられていないモノや話題、一般ユーザーが気付きにくい商品の良し悪しや、ICT業界の裏側を取り上げて、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

マイナーナビをフォロー
マイナーナビをフォロー
マイナーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました