はんだ付けは道具とコツが必要です

ドリフトサーキットでタキオンに何度もシュバリエを脱着してテストした為に、今付いているコンデンサのはんだがイモやらツノやら悲惨な状況になっていました。

たまにはハンダをやり直すことにした

今回AI用にもう一度シュバリエをはんだ付けしようとしたんですが、このままじゃダメかな~、と、一念発起してちょっとはマシに付けてやろうかと。

スチールウールはコテ掃除に使えない

ドリフトサーキットで慌ててハンダ付けして、汚いはんだ付けになった原因はこいつ↓

ドリフトサーキットで手軽にハンダ付けするためにスチールウールでコテ先をこすりながらやってましたが、皮膜が残りやすく、しかもコテ先の温度が下がらないので、ヤニがすぐにとんでしまい、それでも無理矢理に作業してたからです。

王道は水スポンジ一択です

王道はやはり男の海綿体が主成分の「水スポンジ」↓

この水スポンジで熱いコテ先を、さっと一拭きすると

一発でエロいコテ先に元通り(^^)

100均のミニバイスも大活躍

そして100円均一でみつけたミニバイス

ラジコン飛行機の頃から使ってるので、10年くらいでしょうか。間違いなく100円以上働いてくれています。

はんだは銀入りが使いやすい

それから肝心のはんだ

最近のシリコンコードを付けるには銀が含まれているほうが具合がよいです。

とにかく、はんだ付けはダメなようにやると絶対にダメにしか付かないし、ちゃんとやるとちゃんと付くのですが、なんせ邪魔くさいっす~

んで、ちゃんと半田付けしなおしたKEYENCE・シュバリエDASH

誇らしげに載ってます。

いや、私はKEYENCE・シュバリエDASHをタキオンとセットで買ってないので、正味6000円もしたので自慢したいのです。

お飾りにならないよう、おいしいセッティングをTAOで探したいと思います。

OTA-R31にKEYENCEが載ってるのか、KEYENCE使う為にOTA-R31乗ってるのか、値段だけ考えるとよく分かりませんが。

ドリフト

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント