アフィリエイト広告を利用しています。

ノイズキャンセリングはANCだけ!じゃPNC、ENC、CVCとは?違いは?

オーディオ

イヤホン、ヘッドフォンにとって、ノイズキャンセリング機能が重要視されています。

ただし、このノイズキャンセリングという言葉が市場では良いように解釈され、様々な誤解が生まれ、我々消費者の混乱を招く結果となっています。

また、ノイズキャンセリング、ノイズキャンセル、ノイズリダクション、ノイズコントロールなどいろいろな表現がなされ、意味する機能がどのようなものであるかも不確定にされています。

この記事ではノイズキャンセリングとあわせて記載されるANC、PNC、ENC、CVCについてわかりやすくまとめています。

ヘッドホンやイヤホンで用いられるノイズキャンセリングはANCだけ

ヘッドホンやイヤホンに必要とされる機能はノイズキャンセリング、あるいはノイズキャンセル機能です。

ノイズキャンリング機能とは、あなたの周囲の騒音を電気的に打ち消して、まるで静寂の中で音楽を聴いている状況を作り出します。

あるいはあなたの周囲の騒音を電気的に打ち消して、まるで静寂の中にいる状況を作りだします。

打ち消す=cancel(cancel)です。打ち消すには電気的な仕組みが必要で、ノイズキャンセルとはすなわち電気的に周囲の騒音を打ち消す機能を指し、一般的にはANC(アクティブノイズキャンセリング)機能と呼ばれます。

ノイズキャンセリング機能は、もとはジェット機やヘリコプターの騒音を打ち消すために開発された機能です。

ジェット機の騒音を打ち消すヘッドフォンを装着する作業員

ジェット機の騒音を打ち消すヘッドフォンを装着する作業員

空母から戦闘機が発進するシーンで作業員がヘッドホンを装着しているのは、ジェットエンジンの騒音を電気的に打ち消して耳を守るためです。

アクティブノイズキャンセリングは、ピックアップマイクの位置に応じて、フィードフォワードアクティブノイズリダクションとフィードバックアクティブノイズリダクションに分けられます。

必要に応じて、ANCをオンまたはオフにすることができます。

ON、OFFする機能がない場合、ANC機能も用意されていません。

ANCをONにすると周囲の騒音を打ち消すために電力消費が増大します。

ANCの品質は、イヤフォンまたはヘッドフォンの価格によって異なります。

PNC(パッシブノイズキャンセリング)はキャンセリングではない

ANCの対局として解説されることの多いPNC(パッシブノイズキャンセリング)とは何でしょうか?

パッシブノイズキャンセリングは、物理的な耳栓同様の機能です。

パッシブノイズキャンセリングとは、耳を手で押さえるように物理的特性を使用して周囲の騒音を小さくすることを指します。

つまりcancel(打ち消す)ではなくreductionリダクション(減少する)です。

よって厳密にいえばパッシブノイズリダクションという表現が正しいのにPNCパッシブノイズキャンセリングと呼ぶためにノイズキャンセリングに対する混乱が起こるのです。

PNCは、高周波音(人間の声など)の分離に非常に効果的であり、通常、ノイズを約15〜20dB低減します。

そう!打ち消しではなく低減なのです。

PNCはANCと異なり物理的な耳栓効果で騒音を低減するので機能のON,OFFは出来ず、消費電力に影響を受けません。

ノイズをキャンセリングするには電気的に騒音を打ち消すしかなく、ノイズをリダクションするならイヤホンやヘッドホンを耳栓替わりにして物理的に騒音を低減することができる、のが正しい解釈です。

ENCノイズリダクション

ENCノイズリダクションは通話相手に役立つ騒音低減機能です。

あなたは直接的な効果を体感できません。

ENCとは、電話相手が、あなたが静寂の中で電話かけてきたような状況を作り出すための機能です。

そのため通話用ヘッドセットなどに用いられることが多い機能です。

ENCとはあなたが聴く音楽には無関係です。

このENC機能もノイズをcancelではなく、低減(リダクション)であり、ENCノイズキャンセリングという表記は間違いです。

ENC(環境騒音低減技術)は、逆環境騒音の90%を効果的に抑制し、それによってあなたの周囲の環境騒音を最大35dB以上低減して、あなたの声を聞き取りやすくして快適に会話出来るようにします。

複数のマイク構成により、発信者の発話位置が正確に計算され、主方向のターゲット音声が保護され、環境内のさまざまな騒音が除去されます。

ENCは、通話やWeb会議などの発声時にのみ役立つ機能です。

騒がしい場所で電話をかけているとき、ENCは周囲のノイズをリダクション(低減)するのに役立ち、電話で話している相手にあなたの声がよりはっきりと届くようにします。

したがって、自分自身はENCを体験することはできませんが、電話で話している相手はあなたの声をはっきりと聞こえて、あなたの周囲の騒音が聞こえにくくなります。

ENCをオンまたはオフにすることはできません。

ANCアクティブノイズキャンセリングとENC環境ノイズキャンセリングは同じであるという説明がありますが、そうではありません。

ANCとENCは完全に異なる機能です。

CVCノイズリダクション

CVCノイズリダクションは通話相手に役立つ騒音低減機能です。

あなたは直接的な効果を体感できません。

CVCとは、電話相手が、あなたが静寂の中で電話かけてきたような状況を作り出すための機能です。

CVCもENCと同じく通話用ヘッドセットや通話用マイクのついたイヤホンに用いられる機能です。

CVCはあなたが聴く音楽には無関係です。

CVC(Clear Voice Capture)は、コンピューターが騒音と判断する音を除去するノイズリダクションテクノロジーです。

あらかじめ想定される騒音パターンに一致する場合、効果を発揮しますが多くの場合、騒音除去効果は少なく、騒音とあなたの声を間違えて、あなたの声を除去する場合もあります。

ENCと比べると機能は貧弱で、何も騒音低減機能がないよりは、せめてCVC機能でもあったほうがいくらかまし、というレベルです。

「CVCノイズキャンセルでクリアなサウンド」などとカタログに詐欺まがいのコピーを表記するメーカーも多いので注意が必要です。

CVCはANCと全く異なる機能で、あなたの聴く音楽には無関係の機能です。

ノイズキャンセリング出来るのはANCだけ

ANC、PNC、ENC、CVCについてご説明しました。

ノイズをキャンセルできるのはANC機能だけ。

あなたの周囲の騒音を打ち消す、あるいは低減して静かな状況にしてくれるのはANCとPNCだけ。

ENCとCVCはあなたには何も影響なくあなたが効果を体感できないですが、電話の相手にあなたの周囲の騒音だけを低減しあなたの声だけを明瞭に伝える機能です。

これら働きを理解して、あなたが必要なイヤホンやヘッドホン、ヘッドセットを適切に選ばれることを願っております。