TaoTronicsから待望の新型BluetoothイヤホンTT-BH035が登場AAC対応でiphoneユーザー歓喜

安いのに音質も良く高性能だと評判になり大人気となった中華イヤホンを代表するメーカー、タオトロニクスのワイヤレスBluetoothイヤホンTT-BH026のAACコーディック対応モデルがついに登場しました。

その名もTT-BH035

2000円台前半という格安な価格なのにTT-BH026にはなかった待望の機能がついに追加されるなど、今回のTaoTronics新型ワイヤレスBluetoothイヤホンTT-BH035も見逃せません。

ついにAACコーデックに対応したTT-BH035

前作のワイヤレスBluetoothイヤホンTT-BH026は標準コーデックであるSBCしか対応していませんでした。

が、TT-BH035はiphoneなどiosがサポートするAACコーデックに対応しました。

TT-BH026はSBCのみ対応しているだけで、これといった特徴のないイヤホンでしたが、3,000円台という安さと、ワイヤレスイヤホンとは思えない本気の高音質で大人気となりました。

そしてさらに高音質が得られると言われているAACコーデックに対応したことで、タオトロニクスTT-BH035はよりクリアな高音質のサウンドが楽しめるようになりました。

コーデックを知らずにスマホ用ワイヤレスBluetoothイヤホンは選べない
AACにしか対応していないiPhoneに高価なapt-XやLDAC対応のBluetoothワイヤレスイヤホンやヘッドホンを接続したり、AndroidスマホにAACにしか対応していないBluetooth接続のコードレスイヤフォンやヘッドフォンを接続したりしても、宝の持ち腐れ、期待したほどの音質が得られずにがっかりすることになります。
iPhoneで高音質なワイヤレスBluetoothイヤホン用のコーデックとして採用しているのはAACのみです。iPhoneユーザであれば、TT-BH035のようにAAC対応を明確に表示しているBluetoothワイヤレスイヤホンを選択するべきです。

これまでAAC対応ワイヤレスイヤホンはiphomeユーザの足元を見ているのか、apt-X対応イヤホンに比べて値段が高かったですが、その点もTT-BH035が安価なのに対応してくれたのは嬉しいことです。

つまりiphoneユーザなら何も考えずに2000円台の格安BluetoothイヤホンTT-BH035で安価にクリアな高音質サウンドを手に入れることが出来るのです。

TT-BH026とTT-BH035を聞き比べたユーザの評価

・聞き比べると圧倒的にTT-BH035の解像感が上がっているのが聞いて取れると思います。(まぁもちろん上には上がありますが)有線接続イヤホンと大差ないぐらいです。TT-BH026でもiPhone7 Plus付属の変換コネクタ+イヤホンよりずっと音がよかったですが、さらに良いです。低音はエッジが丸く、でもガツンと来ます。TT-BH026では再生出来なかったEDM系の極低音もバッチリ再生しました。ボーカルも男性ボーカル、女性ボーカルどちらもいけます。女性の高音のウィスパーボイスも、男性の・・・そうだなぁ、クリストファークロスのような声も綺麗に再生。TT-BH026と違ってクラシックも曲によってはイケますね。なにより装着感が良くなったのと音質がガツンと上がったのを評価したいとおもいます。これが2000円?! びっくりです。

・このヘッドホンでBluetoothは3個目ですが、AAC初購入ということでかなり期待していましたが、期待通り今までのヘッドホンとは段違いに音質が良くて凄く満足しています。

・外出時はiPhoneをプレーヤーとして使用している為、AACコーデックの物を物色していて、TT社から待望の商品が発売されたので即買いしました。結果、高音好きとしては、非常に満足行く物でした。

Amazonカスタマーレビューより抜粋

TT-BH035のおすすめポイント

TaoTronicsのワイヤレスイヤホンTT-BH035はAACコーデックに対応し、音質が向上しただけでなく、他にもバージョンアップされて、ますますコストパフォーマンスに優れたBluetoothワイヤレスイヤホンとなっています。

AAC対応以外の他の特徴的な改良部分もご紹介していきます。

Bluetooth4.2でさらに性能アップ

TT-BH035はBluetooth4.2に対応し従来より速く、より効率的、より安定な接続を実現しています。

TaoTronicsのコードレスイヤホンTT-BH026は無線接続の規格であるBluetooth4.1に対応していましたが、TT-BH035はBluetooth4.2に対応しました。

これにより従来より速く、より効率的、より安定な接続を実現しています。

ちなみに、iPhone6以降はBluetooth4.2に対応しています。またBluetooth4.1以前のバージョンにしか対応していないスマホでも接続可能です。

マルチポイント機能を搭載

マルチポイント機能で同時に複数のBluetooth対応スマホなどとペアリング出来ます。

マルチポイント機能とは、1台のワイヤレスBluetoothイヤホンが同時に複数のBluetooth対応スマホなどとペアリング出来る機能です。

TT-BH035を一台のタブレットとコードレス接続して音楽再生、さらにもう一台同時にスマホをコードレス接続して電話の待ち受け、というような便利な使い方が出来るようになりました。

リモコンでsiriの起動が出来る

リモコンは、曲の選択、音量調整、通話はもちろん、iPhone Siriの呼び出しが可能です。

TaoTronicsのワイヤレスイヤホンTT-BH035の口元にあるリモコンは、曲の選択、音量調整、通話はもちろん、なんとこの価格のBluetooth接続するワイヤレスのイヤホンには珍しくiPhone Siriの呼び出しが可能です。

イヤーピースのフィット感が向上した

TT-BH035は前作のTT-BH026に比べ、イヤーピースのフィット感がさらに良くなった。

TT-BH035は前作のTT-BH026に比べ、イヤーピースのフィット感がさらに良くなったという声が多いのも特徴です。

運動をしながら使うこともありますし、長時間装着する時もイヤーピースのフィット感はBluetoothイヤホンを選ぶ上で大変重要なファクターです。

耳へのフィット感が良いと周囲の騒音を遮るパッシブノイズキャンセル効果も高まります。

TT-BH035のフィット感に対するユーザの評価

・ハウジングがTT-BH026より大きくなりましたが重さが大きく増すわけでもなく(15gから16gですから1g)、音に直結する部分ですのでいい方向の変化だと思います。また大きく(長く)なったおかげでコードが出ている部分がより耳から遠くなり、BB-TH026の時にはそこがあたって長時間だとちょっと痛くなる時があったのが、これはないです。イヤーピースもつけた瞬間に「あ、ちがう」と感じました。TT-BH026付属のよりいい感じで耳にフィットしますね。フィット感は2ランクあがった感じです。

・イヤーピースはなくても良かったと思っていたのですが、本品のイヤーピースはしっくり収まり違和感もなくつけられていますし、これにより耳から外れにくくなり、以前使っていたイヤーピースがいかに自分の耳と合っていなかったか再認識しました。

Amazonカスタマーレビューより抜粋

TT-BH035でグレードダウンした点

タオトロニクスのコードレスイヤホンTT-BH035を前作のTT-BH026と比べて良くなった点を書いてきましたが、全てがバージョンアップしたわけではありません。

グレードを下げている部分もあるのでちゃんとお伝えしておきます。

連続稼働時間が7時間に減った

TT-BH035がワイヤレスでスマホと接続して音楽データを受信する際に遅延が発生しにくいAACコーデックに対応したことも関係していますが、連続稼働時間は7時間となりました。

TT-BH026の8時間と比べて1時間のマイナスとなっています。

それでも連続7時間も使えるので、ワイヤレスBluetoothイヤホンを使う上で不便になったと感じる人は少ないでしょう。

防水保護等級がIPX4に下がった

タオトロニクスの前作BluetoothイヤホンTT-BH026はIPX5相当の防水性能となっていましたが、TT-BH035は一段階下がってIPX4相当の防水となりました。

IPX5とはシャワーを全方向から浴びても大丈夫というレベルで、IPX4になると全方向の飛沫なら大丈夫というレベルです。

つまり汗をかいていても使える防水性能になったということです。

シャワーを浴びながらイヤホンで音楽を聴く人も少ないはずなので、この部分も大きくネガティブに捉える必要はないでしょう。

ハードトレーニングにも使える防水防汗BluetoothイヤホンSoundcore Spirit
Anker(アンカー)のSoundcore Spiritは汗などの塩分を含んだ水に浸けても壊れないワイヤレスBluetoothイヤホンです。汗がしたたり落ちるハードトレーニングに使っても壊れない防水防汗イヤホンというだけでなく、複合ドライバーを搭載してAACコーデックにも対応するなど音質にもこだわりたい人にも納得のコードレスイヤホンAnker(アンカー)のSoundcore Spiritを徹底的にご紹介します。

通話時のノイズキャンセル機能は前作同様

TT-BH035は他に市販されているBluetoothイヤホンと同じく単一マイク仕様なので、通話時に相手に騒音をカットしあなたの声だけを伝えるノイズキャンセル機能は期待出来ません。

あなたが無音の場所以外にいる際の通話にイヤホンマイクを使うと、通話相手が苦痛に感じるほどの周囲の騒音が伝わりますし、相手はあなたの話を全て聞き取ることは不可能です。

また、相手がイヤホンマイクをつかってあなたに電話をかけてきたら、あなたは相手の声とともに聞こえる騒音に多大なストレスを感じるし、相手が何を話しているか分からないことが多いでしょう。

BOSEのヘッドホンなどに搭載されるANC(アクティブノイズキャンセル機能あるいはノイキャン)のように装着するだけであなたの周囲の騒音が消えて音楽だけが聞こえる機能とは違い、電話をかけるときに、あなたの周囲の騒音が通話相手に届かないようにする機能をノイズキャンセルと表現していることに注意してください。Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンメーカーはどこも確信的に紛らわしい表現をしています。

通話時のコードレスハンズフリーを主な目的として購入を検討するなら、通話時ノイズキャンセル機能に特化したワイヤレスBluetoothヘッドセットを購入しましょう。

買って後悔しないBluetoothワイヤレスヘッドセットはこちらで紹介するVoyager 5200です。

ヘッドセットやハンズフリーで雑音や騒音のない通話を求めるならVoyager 5200が最適
ヘッドセットによるハンズフリー通話を行ううえで、あなたの周囲の騒音や風切音を相手に伝えず、あなたの声だけを明瞭に伝えるためのノイズキャンセル機能は、仕事の機会損失を防ぐためにも最重要です。ノイズキャンセリングや他のハンズフリー性能に優れたワイヤレスヘッドセットVoyager 5200をご紹介します。
イヤホンを装着すると周囲の騒音を消し去ってくれて、静寂の中で音楽を聴くことができるANCアクティブノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンをお探しなら、BOSEよりも格安なのに優れていると評判のLinner  NC50 をおすすめします。

AndroidスマホユーザはAACコーデックに対応しているか要確認

今回タオトロニクスTT-BH035に搭載されたBluetooth通信用AACコーデックはiosを搭載しているiphoneなどは標準で対応しているコーデックです。

Androidスマホユーザは、AACコーデックに対応しているのか調べておきましょう。

Android4.0以上の端末の75%はapt-Xに対応しているといわれますが、逆にAACに対応しているAndroid端末は少ないです。

ワイヤレスBluetoothイヤホンTT-BH035はAAC対応ですがapt-Xは非対応です。

AAC対応だからapt-Xにも対応していると考えるのは間違いです。

apt-XとAACは全く別物なので注意しましょう。

もし、AACコーデックに対応していないスマホをお使いなら、あえてTT-BH035を買う理由はなく、前作のTT-BH026でも十分です。

Bluetoothイヤホンの悪質なカスタマーレビューにご用心

amazonで2,000円から4,000円くらいの価格帯でBluetoothイヤホンを探していると、なかに、100~300件もの最高評価ばかり並ぶ全く知らない中華メーカーのワイヤレスイヤホンがあります。

これはすごく良さそうだと思ってカスタマーレビューを詳しく見てみると、大杉优二や楠田润、 高桥宫本など日本人が使わない漢字の名前がほとんどで、大量発生したゴキブリを見てるのと同じくらい気持ち悪くなります。

これはあきらかに人を騙して儲けようとするゴキブリにも劣る販売店がレビューを金で買っている悪質な詐欺商品で、こんな中華ワイヤレスイヤホンは使えないのは当たり前、しかも保障は未開封に限り30日間だったり悪質極まりないので、絶対に騙されないようにしてください。

amazonは正規に取得されたであろうアカウントが、たとえ悪質なステマレビューをしていても排除はしません。

有益なレビューが集まる本物も多いですが、アマゾンにはレビューを金で買っている詐欺販売店も非常に多いので、最高評価ばかりが並ぶ商品は、まずは疑いましょう。

Bluetoothワイヤレスイヤホンで安価で品質が良くアフターフォローがしっかりしていて安心して購入出来るのは、SoundPEATS(サウンドピーツ)やTaoTronics(タオトロニクス)、JPRiDE(ジェイピー・ライド)、Linne、アンカー等です。

ANCアクティブノイズキャンセリング機能搭載イヤホンも続々登場

イヤホンを耳に装着するだけで周囲の騒音を消し去ってくれて、静寂の中で音楽を楽しめる機能、ANCアクティブノイズキャンセリングを搭載したイヤホンが、格安で買えるようになりました。

ANCアクティブノイズキャンセリング機能はこれまでBOSEなど高級メーカーのイヤホンやヘッドホンだけに搭載されてきた機能ですが、TaoTronicsやLinneがANCアクティブノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤホンを安価に発売してくれました。

TT-BH026と同じくaptX・AAC:非対応のノイキャンワイヤレスイヤホンが多いですが、ANCイヤホンにありがちな、「騒音は消してくれるけど音が変で違和感がある」ということも少なくなってきました。

AACコーディックにこだわるなら、この記事でご紹介しているTT-BH035が購入候補になりますが、アクティブノイズキャンセル機能がないTT-BH026を3500円で購入するなら、7,000円以下のアクティブノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンを購入するほうが賢明な判断だと私は思います。

Bluetooth防水イヤホン TaoTronics TT-BH026は高性能で格安
Bluetooth接続イヤホンは充電やスマホとのペアリングが面倒だと思っていたけど、TaoTronicsタオトロニクス TT-BH026なら連続8時間利用可能、ペアリングも一瞬で確実に完了するのでデメリットは感じません。音質も評判通り良くて、安価ですがおすすめのBluetoothイヤホンです。
コーデックを知らずにスマホ用ワイヤレスBluetoothイヤホンは選べない
AACにしか対応していないiPhoneに高価なapt-XやLDAC対応のBluetoothワイヤレスイヤホンやヘッドホンを接続したり、AndroidスマホにAACにしか対応していないBluetooth接続のコードレスイヤフォンやヘッドフォンを接続したりしても、宝の持ち腐れ、期待したほどの音質が得られずにがっかりすることになります。
ICT周辺機器

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント