コーデックを知らずにスマホ用ワイヤレスBluetoothイヤホンは選べない

Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンを価格やデザインだけで選んでいませんか?

実は、あなたの使っているスマホがAndroidかiPhoneなのか、さらにはandroid端末によっては、Bluetoothイヤホンの音質を左右する「apt-X」「LDAC」「SBC」「AAC」などと表示されるコーデックに対応してないものがあり、使っているスマホに対応していないコーデックを使ったワイヤレスBluetoothイヤホンを買ってもお金の無駄使いになります。

コーディックをちゃんと理解して、お気に入りのBluetoothワイヤレスイヤホンを見つけましょう。

Bluetoothイヤホンの音質は対応コーデックに影響される

有線だとケーブルがいちいち邪魔だ、スマホはテーブルに置いたままコードレスのイヤホンだけを身に着けて身軽に家事をこなしたい、などの理由や、ジムでトレーニング中やランニング中に気軽に音楽を聞いていたいなど様々なシーンでニーズが高まるいっぽうのワイヤレスBluetoothイヤホン。

ですが、いざ購入しようと思った時、価格やデザイン、連続稼働時間以外に選ぶ基準は何ですか?

やはり無視できないのは音質でしょう。

Bluetooth接続するコードレスのイヤホンは有線イヤホンに比べると何となく音質に劣る気もするでしょう。

実は理論的にはその通りで、Bluetoothを使ったワイヤレスイヤホンというと、スマホの音をそのまま電波で飛ばしているように思われるかもしれません。

しかし、それだと音楽データ量にBluetooth接続の伝送量が追いつかないため、Bluetoothで音楽を伝送しようとすると、スマホ側で音楽データいったん圧縮して送り出し、イヤホン側で解凍しています。

この圧縮の方法に違いがあり、その方法をコーデックと呼んでいます。

Bluetoothを使ったワイヤレスイヤホンのカタログや商品説明には、対応コーデックが記されています。

安価なモデルにはコーデックに関する記載がないものもありますが、コーデックの記載がない製品はBluetooth接続する場合に最低限用いられている標準コーデックであるSBCが採用されていると思って間違いないです。

AndroidとiPhoneではBluetooth対応コーデックが異なる

現在、市場に流通するBluetooth接続イヤホン(ヘッドホン)とBluetooth対応スマホには、「SBC」「AAC」「apt-X」「LDAC」という4種類のコーデックが採用されています。

それぞれのコーディックの特徴は次のとおりです。

  • SBC:標準コーデックで、どのBluetooth対応製品でも利用出来ます。ただし圧縮送信時に遅延が発生しやすく、高音域が消えてしまうためサウンドが低品質に感じると言われています。
  • AAC:圧縮率はSBCと同等ですが、遅延が少なく高音域の劣化が少ないと言われています。iPhoneなどiOSで標準採用されています。
  • apt-X:イギリスのCSR社が開発した規格で、圧縮率が格段に低く、遅延も極めて少なく高音質を得られると言われています。Android4.0以上の端末の75%が採用しているというデータもあります。
  • LDAC:SONYが開発したコーデックで、最高帯域がAACやapt-Xの3倍にもなり高音質と言われる規格。現状のBluetooth規格では最高スペックとされ、XperiaなどSONY製品と、一部の他社製品だけが対応。

iPhoneなどiOS端末はSBC かAACコーデックの2択、Android端末はほぼSBC とapt-Xコーデックのみ対応ですが、一部はAACやLDACにも対応しています。

Bluetooth接続イヤホンやヘッドホンを購入する際には、自分のスマホがどのコーデックに対応しているか調べ、対応しているコーデックを使ったBluetoothイヤホンやヘッドホンを購入する必要があります。

AACにしか対応していないiPhoneに高価なapt-XやLDAC対応のBluetoothイヤホンやヘッドホンを接続したり、AndroidスマホにAACにしか対応していないBluetoothイヤホンやヘッドホンを接続したりしても、宝の持ち腐れ、期待したほどの音質が得られずにがっかりすることになります。

しかしコーデックだけで音は決まらない

ワイヤレスヘッドフォンやイヤホンの音質は、Bluetoothコーデックだけでなく、ハウジングやドライバーユニットといったアナログ的なオーディオ要素にも大きく左右されます。

SBCしか対応していない2000円の安価なワイヤレスイヤホンがapt-X対応の1万円ほどするワイヤレスイヤホンよりも高音質だったという事が平気で起こるのが面白いところで、コーデックだけ見てBluetooth接続でコードレスなイヤホンの優劣を決めつけない方がいいことも覚えておいてください。

Bluetoothイヤホンのレビューも鵜呑みは出来ない

ここまで読んでくれた人は「このワイヤレスBluetoothイヤホン、音が最高!」という評価をそのまま鵜呑み出来ないことがお分かりだと思います。

SBCしか対応していないワイヤレスBluetoothイヤホンの評価が高ければ、本体の性能が高く、どんなスマホで使っても無難に良い音を響かせてくれるでしょうが、たとえばAACにしか対応していないBluetoothイヤホンをandroidスマホで使って「たいしたことないイヤホン」という評価は正しくありません。

このように、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンの評価を参考にするなら、ワイヤレスイヤホンが対応しているBluetoothコーデックを見て、レビューしている人がコーデックに対応しているスマホを使っているのかを確認することが重要です。

標準のSBCコーデックでも遅延を感じることは少ない

コーデックが4種類あり、一番使えないのはSBCというイメージを持たれたかもしれませんが、実際に音楽を聞くのにSBCだから遅延が発生して音楽が途切れる不具合を感じることはほぼありません。

音質についてもSBCコーデックにしか対応していないワイヤレスBluetoothイヤホンのほうが低音から高音まで広がりを感じ、臨場感溢れる音が鳴ることも珍しくありません。

このようにコーデックだけでは判断出来ないため、可能なら視聴して決めたいところです。

家電量販店で視聴出来るBluetoothワイヤレスイヤホンは高価なだけで良いものは少ない

ここからは完全に私の主観なので無視してもらってもかまいません。

コーデックの違いだけで音質が決まるわけではないので、実際に店頭のサンプル品を視聴するのが一番確実です。

私はそう思って家電量販で扱っているBluetooth接続のワイヤレスイヤホンを視聴しまくりました。

しかし、どこの家電量販でも扱っているBluetooth接続イヤホンは有名メーカーの1万円から2万円、あるいは国内3流サプライメーカーの3千円前後のものがほとんど。

国内3流サプライメーカーの3千円なんてゴミのようなイヤホンですし、有名メーカーの1万円から2万円もするBluetooth接続ワイヤレスイヤホンは、「こんな程度の音でこんなに高価なのか???」とガッカリして、結局は購入せず店を出るばかりでした。

よって私は現在はAmazonでワイヤレスイヤホンを探しています。

家電量販店では扱っていない海外メーカーの商品も豊富に揃っていますし、売れ筋ベスト10に入るようなBluetooth接続のコードレスなイヤホンはレビューも多く投稿さています。

もちろんステマレビューやスマホとイヤホンの対応コーデックが一致していない利用者の意見も混ざっているにしても、良い商品を多くの人に勧めたいという善意の書き込みも多く、購入の際の参考に十分になり得ます。

最近見つけたお気に入りはタオトロニクスという海外メーカーです。

タオトロニクスは国内メーカーに比べて異常なほどに顧客を大切にする姿勢が半端なく、そして取扱う商品はどれもコスパ最高で、しばらくは目が離せません。

TaoTronicsから待望の新型BluetoothイヤホンTT-BH035が登場AAC対応でiphoneユーザー歓喜
タオトロニクスのBluetoothイヤホンTT-BH035はiphoneなどiosがサポートするAACコーデックに対応しました。TT-BH026はSBCのみ対応にもかかわらず、2000円台で販売されているとは信じられない高音質でしたが、さらに高音質が得られるAACコーデックに対応したことで、BluetoothイヤホンTT-BH035はよりクリアな高音質のサウンドが楽しめるようになりました。
cVc6.0ノイズキャンセル機能はハンズフリー機器やヘッドセットを使った通話中の騒音軽減機能
何度も言いますがイヤホン、ヘッドセット、ハンズフリー機器のCVC6.0ノイズキャンセル機能は電話をかける時に役立つ機能です。BOSEのヘッドホンやイヤホンのように、装着するだけで周囲の騒音が消えることはありえませんし、あなたの耳に届く音楽に何の関係もありません。
ワイヤレスBluetoothイヤホンの対応規格や仕様をまとめて解説
あなたのスマホ、あなたの用途にマッチしたBluetoothイヤホンを選ぶために、対応規格や仕様をまとめて解説していきます。特に対応コーデックや防水性能はよく理解しておかないと、せっかく買ったBluetoothイヤホンも宝の持ち腐れになってしまいます。
ICT周辺機器ライフハック

こんな記事も一緒に読んで欲しい!

この記事を書いた人
sada

管理人の松居サダと申します。ユーザーフレンドリー企業認定協会(架空)に所属するステマレビュー判定員(自称)です。口が悪いようで実は心優しく、下ネタのようで奥深い人生論を話してたりする、ちょっとイイ奴です(^^♪

sadaをフォローする
sadaをフォローする
サダメディア

コメント