空物

空物

ラジコン飛行機の主翼の修理方法

バルサ材で作られたラジコン飛行機の主翼は、着陸時に誤って木に当てたり、失速して傾いたまま落としたりすると簡単に壊れてしまいますが、実は主翼の修理は意外と可能です。私が行っている主翼の修理方法をご紹介します。
2018.11.23
空物

ラジコン飛行機の操縦に大切な視力回復アイテム

視力回復ピンホールアイマスクを試した感想は、単にかけているだけでは効果が分かりにくいですが、説明に従ってピンホールを順番に目で見て、目の運動をしてみると劇的に目が楽になり、モニターの文字も見やすくなり、視力回復が実感できました。
2018.11.23
空物

エアキラー CAP 232 70 Super Acroの製作

エアキラーCAP 232 70Super Acroのキットは垂直尾翼がすでに取り付けてあり、アンテナ用のノイズレスパイプや、エレベーターサーボの取付部がすでに組まれているので、これまでのキットよりも組み立てやすくなっていました。
2018.11.23
空物

Edge540 Crash!大破したラジコン飛行機の修理

ラジコン飛行Edge540を着陸させようとした時、強烈な向かい風に押し返されて機体が浮き上がり、それと同時に横風にあおられてエルロンを大きく入れて水平に戻そうとした瞬間に失速して、機首から地面に激突させてしまいました。
2018.11.28
空物

雨ざらしで放置され水に濡れたラジコン飛行機の修復作業

水分を含んだバルサ材は乾燥すると変形してしまうので、変形した箇所を全て切り離し、型を取り新たに成形した部材に交換する必要があります。エルロン、エレベーター、ラダーの全てが変形したので大変な作業となりました。
2018.11.23
空物

山中に墜落して2か月間も雨ざらしだったラジコン飛行機の損傷状況

山中に2か月放置され雨ざらしになっていた機体は、骨組みであるバルサやベニアなどの木材が黒白青など色とりどりのカビに蝕まれ、ネジ類の赤錆びも2ヶ月に及ぶサバイバルの厳しさを物語っていました。
2018.11.23
空物

山中に墜落したラジコン飛行機の発見回収回顧録

山中に墜落したラジコン飛行機を探しに行くことは大変危険です。道なき山中を捜索していると、方向感覚がなくなり自分が今どこにいるのかも分からなくなってしまいます。どうしても山中を捜索する時は複数人で行動しGPS機能のある機器を使いましょう。
2018.11.23
空物

アクロバット機EDGE540 2機目を製作開始

EDGE540のラジコン飛行機を2機製作しました。1機目を製作してフライトさせた時に気になった事をなるべく改善しながら2機目を製作していきましたので、私が対策したことが他のユーザーの機体製作の参考になればと考え、記録として残しておきます。
2018.11.23
空物

ホクセイモデル YAK54 F-AIR Pro

YAK54 F-AIR Proは主翼が他のF-AIRよりも薄い為、失速しやすく難しいかと思っていましたが、実際に飛ばしてみるとファンフライ機特有のフワフワした妙な浮きが抑えられており、スロットルや各舵に素直に応じて飛んでくれます。
2018.11.23
空物

エアキラー宝塚フライングフィールドの思い出

私がラジコン飛行機をはじめた10数年前、当時、宝塚の山中、墓苑やゴルフ場、カートコースの近所にビジターでも利用出来るラジコン飛行機専用飛行場、エアキラー宝塚フライングフィールドがありました。素晴らしいラジコン飛行機仲間たちと過ごした聖地です。
2018.11.23